• キラ・ピンカートンが2018年のワールド・ジュニア・チャンピオンシップ制する!

    キラ・ピンカートンが2018年のワールド・ジュニア・チャンピオンシップ制する!

    キラ・ピーカートンが、ケアラ・トモダ・バナートを倒して2018年の『Taiwan Open World Junior Championships』のチャンピョンとなった。キラ・ピンカートンは16歳とは思えない落ち着きのあるサーフィンを見せ、ファイナルデイでは、ギリギリの局面で何度も勝負強さを見せた。ファイナルの序盤にスコアを揃え、ヒートを有利に進めた。しかし、トモダ・バナートが4発のビックアクションを含むレフトのライディングを見せ、エクセレントスコアとなる8.20ポイントを出すと状況は一変した。残り2分、エクセレントに近いスコアが必要な状況でピンカートンは形の良いレフトの波を掴む。持ち前の落ち着いたサーフィンで7.77ポイントをスコアし、見事にトモダ・バナートからリードを奪い返した。ヒート終了直前にトモダ・バナートが追い上げを見せるが、わずかに及ばず、ピンカートンがWJCで初優勝を飾った。ピンカートンは勝利インタビューに「優勝したことがまだ信じられません。優勝を目指していたので本当に嬉しく思います。今日は接戦が多かったので非常に濃い1日となりました。この一週間、台湾で素晴らしい時間を過ごすことができました。台湾では、素晴らしい景色が海岸広がり、私のホームポイントがあるサン・クレメンテに似ているのでとても落ち着きました。」と喜びをこめて答えた。

  • Coming soon!ビラボン・パイプマスターズ日本語放送!! - Backstage

    Coming soon!ビラボン・パイプマスターズ日本語放送!! – Backstage

    ハワイ・オアフ島・バンザイパイプラインでは、WSL CTツアー最終戦、ビラボンパイプマスターズが、日本時間12月9日からのウエイティングと迫ってきた。2018パイプマスターズ日本語放送メインコメンテーターには、日本人唯一のエディアイカウ招待選手であり、パイプスペシャリスト脇田貴之。日本人史上初!!『2018APB World Champion』に輝いた、鈴木彩加。

  • ソレイル・ヱリコが2018年のワールド・ロングボードチャンピオンとなる!

    ソレイル・ヱリコが2018年のワールド・ロングボードチャンピオンとなる!

    台湾で開催されたウィメンズのワールド・ロングボード・チャンピョンシップは、カリフォルニア出身のソレイル・エリコが弱冠17歳にして優勝を勝ち取った。ファイナルでは、同じカリフォルニア出身で、2015年のチャンピョンのレイチェル・ティリーを相手に劇的な勝利をおさめた。35分間のファイナルは、世界の舞台に慣れているティリーが序盤から圧倒的な強さを見せつけた。開始10分も経たないうちにトータル14.27ポイントを揃え、エリコをコンビネーションのシチュエーションに追いこんだ。誰もがティリーの勝利を確信していたが、エリコは最後まで諦めない勝利への執着心を見せた。ヒート中盤から立て続けに2本のセットを掴み、パワーと美しさを兼ね備えた、最高のライディングを披露した。そしてなんと、ティリーのポイントを上回る、7.73と、8.23ポイントをマークし、見事逆転に成功した。エリコにとって2018年シーズンで初めての国際試合で、元ワールド・チャンピョンを下すという大金星をあげた。

  • パーフェクト10をスコアしたカリッサ・ム―アがマウイの覇者に!!

    パーフェクト10をスコアしたカリッサ・ム―アがマウイの覇者に!!

    今年の『Beachwaver Maui Pro』は、常に最高のパフォーマンスを発揮していたカリッサ・ムーアがマリア・マニュエルを抑えこみ、2018年の最終戦で見事な勝利をおさめた。

    最終日の前にすでにワールドチャンピョンがギルモアに決定していたたが、そのドラマとは別に世界最高峰の激しい戦いが繰り広げられた。ファイナルでは、マニュエルのオープニングライドによって戦いの火蓋が切られた。マニュエルはオープニングライドで果敢にチューブライドに挑むも、波をうまく操ることができずにワイプアウト。そのワイプアウトの衝撃で彼女のサーフボードがなんと真二つに折れてしまった。激動の幕開けとなったが、開始10分にムーアが長いバレルライディングを成功させた。エンドセクションを成功させることができなかったものの、高いバレルスキルが評価され、8.67ポイントを獲得する。

  • ギルモアが再び女王の座へ返り咲き新しい歴史を創る!

    ギルモアが再び女王の座へ返り咲き新しい歴史を創る!

    ウィメンズの女王、ステファニー・ギルモアが今季最終戦の『Beachwaver Maui Pro』で、レイン・ビーチリーと並び、ウィメンズの歴代最多タイとなる7度目のCT年間チャンピョンの座へ返り咲いた。今回のタイトル獲得により、全世界のサーフィンファンにギルモアがこの世代のウィメンズサーファーでは最強選手であることを証明し、歴史に名を刻んだ。ギルモアは彼女にとってのルーキーイヤーとなった、2007年のCTで初制覇を皮切りに、2008、09、10年と連続で年間チャンピオンを果たし、今ではケリースレイターに次ぐ29回のCTイベント優勝を成し遂げている。

  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
  • Open Event Site
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple