世界最高峰のウィメンズロングボーダー達が Roxy ASP WWLC の開催地ビアリッツに向う

件のコメント 2007年7月6日 |

フランス、ビアリッツ
(2007年 7月 5日 木曜日)

Roxy ASP Women’s World Longboard Championship (WWLC)の開幕まで一週間を切り、世界最高峰のウィメンズロングボーダー達が一同にフランスの美しい町、ビアリッツに向かった。

2007年 7月11日 水曜日に開幕を迎える事となり、48名のサーファー達はウィメンズロングボード界で最も高い賞金と名誉高い、ASP Women’s World Longboard タイトルを目指しての戦いとなる。海外からの選手は遠く日本、タヒチ、アメリカ合衆国、オーストラリア、ブラジル、そしてハワイからそれぞれの代表が参戦する事となり、更にヨーロッパ諸国からはスペイン、イギリス、そして当然地元フランスからも代表が一同に集結となる。

ローカル達が最も高く期待するのが、ビアリッツローカル、4度ヨーロッパロングボードウィメンズチャンピオンに輝いたクレール・カラバトス(フランス)である。昨年のイベントではカラバトスの快進撃がセミファイナルまで続き、後のイベントチャンピオンに輝いたスクーイルラー・マックファーレン(アメリカ合衆国)に敗退で続いた。カラバトスは昨年の経験を活かし、更に上を目指す戦いに望む。

「昨年は単純に、多くの女の子達がそれぞれ違うスタイルを持って戦う姿を自分の目で確かめるだけで本当に嬉しく思いました。」とカラバトスは語った。「本当に想像が付かない高いレベルのサーフィンに刺激を受けました。今年は更に良い成績を目指して頑張れば更に素晴らしい将来と成る事を願っています。」

生まれも育ちもビアリッツのカラバトスは同時に素早くRoxy イベントのこの開催地の美しい自然美と素晴らしい波についても述べた。

「世界チャンピオンシップの開催地として相応しく素晴らしい土地です。」とカラバトスは語った。「自然美、青い海、緑濃いカントリー、素晴らしい波、美しい山々、フランス、スペイン…..いつまでもこの美しさが続く事を願っていておそらく皆さん同感してくれると思います!」

必ず同感するであろう1人は、ASPウィメンズ世界ロングボードディフェンディングチャンピオンのマックファーレンだ。昨年のこのイベントでの優勝は予想外で、当時19歳の彼女はいくつものバリエーション豊富なノーズライディングとスムーズかつラジカルなターンを見せて強豪を次々に倒して行った。当然最も来週の開幕が待ち遠しい1人である。

「Roxy WWLCの開幕が待ち切れません。」とマックファーレンがフランスを目指してカリフォルニアの自宅を発つ直前に語った。「昨年は自分にとって最高のひと時でした! Roxy社が開催するイベントそのものが本当に楽しいのです。とても良く運営されていてRoxy社の行う全ての事が私達の特別な存在と思えるよう実感出来るのです。ビーチに設置されたジャクジー、ライブビデオの大型スクリーン、ケータリング、アートイベント…..全てが驚きに満ちています。更に波は極上で楽しいのです。それにあの美味しいアイスクリームが毎日食べられて。あのイベントに近いコンテスト等見た事ありません。」

当然ジャクジーとアイスクリームだけではない事をマックファーレンは十分承知していて、ディフェンディングチャンピオンとして追われる者のプレッシャーも承知している。特に昨年のファイナリストのジェニー・スミス(アメリカ合衆国)、ベテランのスタイル溢れるベレン・コネリー(ハワイ)、永遠のコンペティターのカリッサ・メドール(アメリカ合衆国)そしてバスク期待のエスティットズー・エストレモ(スペイン)達は特に目の色を変えて追って来ることだろう。

イベントディフェンディングチャンピオン、世界チャンピオン両タイトル保持する事の大きさを十分承知のマックファーレンではあるが、これまでの自分の経験によって、余計な事から自分のサーフィンに影響は無い事を付け加えた。

「ある程度のプレッシャーはサーフィンに影響する事は承知で感じていますが、多くの敵は自分自身に潜むものですので。」とマックファーレンは語った。「自分自身の戦いに集中する事として、自身が可能なベストを尽くして余計な影響を受けないようにします。全ての選手、女の子達全員のサーフィンは本当に素晴らしく侮れる存在等1人も居ません。全てのヒートで全力尽くすつもりです。」

世界タイトルチャンピオンシップと同時に開催されるのがヨーロッパにサーフィンが紹介されて50周年記念の記念イベントとなる。最初にサーフィンが行われた地としてのコートデバスクは現在高い名誉を持って毎年 Roxy Jam Biarritz の開催地として現在君臨している。

Roxy ASP WWLCは、同時開催として様々な無料でだれでも参加自由のイベントを数々行う。コンサート、アートイベント、将来構想イベント、更にワークショップと様々なヨーロッパの地に力強く根付いたサーフ文化を祝うこととなる。

7月11日から18日まで一週間に及んで開催される素晴らしいサーフフェスティバルは魅力満載だ。同時自然美のビアリッツと極上の波で演技する世界いたる場所からの最高峰また飛び切り美しいウィメンズロングボーダー達が演技して魅せるでしょう。

※ASP ジャパンの公式ホームページwww.aspjapantour.com は世界のプロサーフィンに関するニュースのほかに日本向けだけの新しいプロサーフィンニュースも日々更新しています!日本語の大会速報は www.surfmedia-tk.co.jp からもプロサーフィンを見る事が出来ます。
aspjapantour.com SURFMEDIA


Category: All WSL News, WSL Longboard News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple