Roxy ASP WWLC でサドンデスラウンドを勝ち抜いた人気選手達

件のコメント 2007年7月13日 |

フランス、ビアリッツ
(2007年 7月12日 木曜日)

Roxy ASP WWLC が開催されているビアリッツで今日ファンウェーブのコンディションの中、大物選手達が本来の実力を取り戻し勝ち進む。

イベント初日では、昨年のセミファイナリストでありローカルのクレール・カルバトスがリラックスした姿を見せ、メインイベントへ最初のサドンデスラウンドで、最初のマンオンマンの戦いを勝ち進んだ。

「緊張はありませんでしたよ。単純に今のひと時を楽しんでいただけでした。」とカルバトスが語った。「私のホームグラウンドは、ビアリッツ、グランデプレージュで、すぐ隣のポイントなのでこのポイントに来てサーフィンする機会は多いです。大好きですよ、ここは。素晴らしい波、そして山を背景にした全景と全てが。そんな理由から朝早く起きて単純にサーフィンするという簡単なライフスタイルが最高なのです。」

カラバトスは、素直であり一本筋な姿勢でサーフィンに取り組み、たとえそれがコンペティションの最中でも同じ姿勢で取り組むのである。それは更に Roxy ASP WWLC のように一年の内で最も大きなイベントだったとしても姿勢は同じである。

「見ての通りリラックスしてますよ、単純ですよ」とカラバトスが語った。「試合開始のホーンを待って鳴ったら波に乗り、再度そのホーンが鳴ったら波に乗るのを止める。簡単に言えばコンテストはそんなものね。」

スタイルの差となるが、メアドールのレイバックのスタイルがトーリー・ギルカーソン(アメリカ合衆国)を上回る事に有効に働きラウンド3に進出した。完全にスタイルの差が勝敗を分け、もう1人の人気者のカシア・メアドールがラウンド3へ進出となった。

「当然緊張はしていました。」とメアドールが語った。「特に対戦相手がケリー・スローン(アメリカ合衆国)と言う事もあり緊張しました。彼女は地元でも良く知っている存在であり、これまでコンテストでは何度も彼女に敗退していますのでね。」

「私は慌てないで、過去の彼女との対戦の事は考えないようにしていました。と言うのは自分はかなり考え込む方で一旦考え出すと気になってはまり易いのです。昨夜はあまりその事実を心配しないように努力をして、気晴らしのライブで音楽を見に行って遊んでいました。そしてヒートが朝早く済み一日悩まずに済んで非常に良かったです。」

そんなストレスがあったというメアドールだが、サーフィンは非常にスタイリッシュで今までの中でも最高にコントロールされていて圧勝でヒート勝利を収めた。

「勝ち上がれて非常に嬉しいです。」とメアドールが語った。「そして明日以降をとても楽しみにしています。」

もう一人自分のサーフィンにものを言わせ人気者となったのが、チェルシア・ウィリアムズ(オーストラリア)である。小柄なレギュラーフッターの彼女は、最近のコンテストでめざましい活躍をしていて、最近はオーストラリアでエントリーした4つのコンテスト全てにおいて優勝を収めている。そして今日もその快進撃が続き、最も高いヒートハイスコアの20点満点中、15.75点のスコアメイクに成功を収めた。

「確かに、最近エントリーした殆どのイベントに全勝に近い勝率です。」とウィリアムズが語った。「しかし、今回のこのイベントでレベルそのものに大きな違いがあるので、というのはここでは世界最高峰ですから。その為ここではヒート毎に戦って行きます。」

ウィリアムズの地元ローカルポイントの波は、ゴールドコーストのスーパーバンクに準ずるような速いバレルの波で、ここビアリッツと違うはコンディションで調整が必要だ。「確かにこの地の波は厚く遅い波でした。少なくてもクリーンで綺麗な波でしたよ。」

この土地のコンディションに大きな調整を余儀なくされたのが、ミク・ウエムラ(ハワイ)であり、トータルヒートスコアが13.00点となりクリスティアナ・ペレス(ブラジル)が追いつけるスコアでは無かった。

「実を言うと私は凄く緊張をしていました。」とウエムラが語った。ウエムラはハワイの名門サーフ一家の出身であるが、同時に二重国籍で日本の国籍も保有する。

「私は、このところ日本のショートボードシリーズに参戦していましたので、しばらくロングボードには乗っていませんでした。」とウエムラが語った。「それでもあのファンウェーブを掴み手応えがありました。イベントの勝ち残りを決めて非常に嬉しく思っています。」

午後から夕方に掛けて、中間の時間帯が満潮の時間帯と重なり主催者はイベントの順延を余儀なくされた。ラウンド2の最終3つの未消化ヒートは、今日の夕方18:00前後に試合再開され消化される見込みである。

ウィメンズプレミアロングボードイベントをここで敗退となった選手達は、今夜行われるお祭りイベントを楽しみにする事でしょう。ブラジルジリアンパンクポッププランクスターズのCSSは今夜演奏する予定。それは Roxy Jam と同時開催される多くアートショーやお祭りのほんの1つのイベントである。

その他、勝ち残り組はお祭りまでもう少々辛抱する必要がある。まだ Roxy ASP WWLC が続き波のコンディションの向上も予想され、注目選手の多くが勝ち残りを決めている中、プレッシャーとサーフィンのレベルの急上昇と成る事は皆承知である。


Roxy ASP WWLCラウンド2の未消化分ヒート及び公式対戦表:1位はラウンド3へ、2位は敗退

Heat 14: Kirsty Webster (AUS) vs. Myriam Imaz (SPN)
Heat 15: Summer Romero (USA) vs. Gaelle Szymkowiak (FRA)
Heat 16: Angela Bauer (BRA) vs. Helene Chabeaud (FRA)


Roxy ASP WWLCラウンド2公式結果:1位はラウンド3へ、2位は敗退

Heat 1: Claire Karabatsos (FRA) 10.90 def. Tory Gilkerson (USA) 7.75
Heat 2: Kassia Meador (USA) 12.75 def. Kelly Sloan (USA) 7.20
Heat 3: Janna Irons (HAW) 13.50 def. Malia Fuertes (USA) 6.05
Heat 4: Chelsea Williams (AUS) 15.75 def. Kelly Coward (USA) 7.25
Heat 5: Ashley Lloyd (USA) 11.00 def. Jenni Flanigan (USA) 9.00
Heat 6: Selby Riddle (AUS) 10.15 def. Caroline Angibeaud (FRA) 5.30
Heat 7: Coline Menard (FRA) 13.25 def. Rosie Locke (AUS) 4.75
Heat 8: Melanie Fosse (FRA) 13.50 def. Lindsay Steiniede (USA) 9.75
Heat 9: Claire Dereux (FRA) 14.75 def. Clemence Godinaud (FRA) 8.35.
Heat 10: Cristiana Pires (BRA) 10.35 def. Hanalei Reponty (TAH) 5.20
Heat 11: Julie Cox (USA) def. Marie Vigne (FRA) inj
Heat 12: Miku Uemura 13.00 (HAW) def. Candice O’Donnell (GBR) 7.25
Heat 13: Karina Abras (BRA) 9.10 def. Nathalie Destandau (FRA) 4.90

※ASP ジャパンの公式ホームページwww.aspjapantour.com は世界のプロサーフィンに関するニュースのほかに日本向けだけの新しいプロサーフィンニュースも日々更新しています!日本語の大会速報は www.surfmedia-tk.co.jp からもプロサーフィンを見る事が出来ます。
aspjapantour.com SURFMEDIA


Category: All WSL News, WSL Longboard News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple