Quiksilver Pro Gold Coast のラウンド3で大活躍したのはバローとスミス

件のコメント 2008年3月2日 |

オーストラリア、クーランガッタ
(2008年 3月 2日 日曜日)

Quiksilver Pro Gold Coast pres. by LGのラウンド3は、今日スナッパーロックスで10ヒートが開催され、その中で多くのハイスコアヒートが続いたが、世界ランキング2位のタジ・バロー(オーストラリア)とASP世界ツアールーキー、ジョディ・スミス(南アフリカ)の2人が今日の午後、Quiksilver Pro Gold Coast pres by LGを異次元のレベルへ持ち上げた。

バローは最初に乗った2本の波でいきなり、これまでイベントを通しての最も高いヒートハイスコアであるパーフェクトに近い20点満点中、19.20ポイントを記録した。ヒート時間7割以上残して最初の2本のスコアが9.87と9.33ポイントで、そのままスコアボードに残った異例の展開となった。

「潮の上げこみが激しい時間帯だった事は承知していたので、早い時間帯に2本の波を掴むように心掛けました。」とバローが語った。「波を必要以上に選ぶ事は避け、壁がありどんな波にでも勝負しようとし、後はその波に全力で賭ける事にしました。」

対戦したフランスのミッキー・ピーコンは、バローに比べて全く良い波を掴む事が出来なかった。

「ヒートの後半、全くまともな波が来なかったので序盤で2本の高いスコアに成功して良かったです。」とバローが語った。「作戦に成功し、ピーコンの反撃を交わし、彼は高いスコアに成功する事を阻みました。」

バローより数ヒート前に20点満点中、19.03ポイントに成功した、スミスの記録をバローは更新する事となった。またこのヒートではバローは非常に意義を感じて戦った。

「自分より、前に出場し、活躍した選手の事を意識せずにサーフィンする事は困難です。」とバローは語った。「次第に考えてしまいます、自分はより高いパフォーマンスが必要だと。しかし、実際は意識しすぎのケースがあります。実際、本当にそれが要求されるのは直接対決の時だけです。我々全員がかなり勝気があるので、常に自分が一番を意識するのですが、実際の勝負はその対戦相手に集中して戦う事が大事ですね。」

スミスは、トップ10サーファーのボビー・マルチネス(アメリカ合衆国)に勝利した。マルチネスのスコア6.77と8.97ポイントに対して、スミスは9.33と9.70ポイントに成功した。マルチネスは、エリートツアーに参戦して僅かに丸2年だが既にイベント優勝を3度も記録している強豪で、どんなルーキーにとっても手強い存在であるのは間違えない。

「ボビーのような相手が対戦相手となると、さすがにプレッシャーを感じます。彼は手強い存在で全員が驚異に感じる存在です。」とスミスは語った。「自分としては、自分の試合に集中し、今回はそれが成功しました。」

スミスは、次のラウンド4で、2003年のQuicksilver Proチャンピオン、ディーン・モリソン(オーストラリア)に挑戦をする。

「ディーンは、素晴らしいサーファーです。」とスミスが語った。「過去に、このイベントのチャンピオン経験があり、ローカルであるという事からも簡単には勝てない相手です。」

モリソンは、スミスのヒート前に、アメリカ合衆国の最も新しいスーパースター、デイン・レイノルズの挑戦を退けた。2人の期待のルーキーが共に勝ち残りを決め、ラウンド4での直接対決を期待していたサポーター達も多かったが、それは実現せずに喜んだのはモリソンを応援する地元サポーター達だった。

「今日は、最低3,000人の大観衆サポーター達が、僅かに100メーターしか離れていない場所に集っている事から意識せずにはいられませんよ。」とモリソンが語った。「デイン・レイノルズは、余りにも凄く、決して負けても恥では無かったと思うぐらいでした。それでも自分は、自分の試合に全力で望み、自分の作戦に集中しました。すると必要な波が掴めました。」

5年前にこのイベントで優勝をして以来、モリソンは上位の成績から遠ざかっている。2004年は9位、その後3年連続で17位といいところが無い。

「最近、地元ではラウンド3の壁に当たっています。」とモリソンが語った。「2004年以来のラウンド4に進出なので特に嬉しいです。」

過去のイベント優勝経験者である地元代表のモリソン、ASP世界チャンピオン、ミック・ファニング(オーストラリア)、ジョエル・パーキンソン(オーストラリア)達と並び、同じ地元代表のビード・ダービッジ(オーストラリア)がこの中で最も高いスコアを記録し、先の3名と共にラウンドアップを果たした。ダービッジは、エリートツアーにカムバックを果たしたキーレン・ペロー(オーストラリア)を今日行われた最初のヒートで、トータルスコアを17.63ポイントに伸ばして勝利した。

「僕達のヒートは激戦となり、キーレンが1本だけの良い波を掴んだのに対して、自分は幸運にも2本の良い波を掴み、それが勝負を分けました。」とダービッジが語った。「9.67ポイントに成功した波のサイズは小さかったのですが、インサイドでは結構波が張り、お陰で良いターンをする事が出来て高いスコアに結びつきました。」

昨年のQuiksilver Pro Gold Coast ファイナルで、ミック・ファニングに敗れたダービッジは、この前の2007年末にハワイで開催されたASP世界ツアーイベントで優勝した時の調子良さを維持している様子だ。

「まだ先は長いです。とにかく昨年を1つでも上回る成績を目指したいと思います。」とダービッジが語った。「優勝する事は常に目指しています。この地元で優勝を果たす事が出来れば本当に素晴らしい事ですね。」

ラウンド3は残り6ヒートがまだ行われていないので、明朝7:00にファーストコールが掛かります。

Quiksilver Pro pres. by LG は下記の公式サイトでライブで中継されます:
http://www.aspworldtour.com/quikpro/


更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:
http://www.aspworldtour.com/

Quiksilver Pro Gold Coast pres. by LG ラウンドの3公式結果:

Heat 1: Bede Durbidge (AUS) 17.63 def. Kieren Perrow (AUS) 12.44
Heat 2: Ben Dunn (AUS) 15.33 def. Tom Whitaker (AUS) 10.83
Heat 3: Taylor Knox (USA) 12.56 def. Dayyan Neve (AUS) 12.43
Heat 4: Joel Parkinson (AUS) 17.00 def. Roy Powers (HAW) 8.84
Heat 5: Dean Morrison (AUS) 16.10 def. Dane Reynolds (AUS) 13.27
Heat 6: Jordy Smith (ZAF) 19.03 def. Bobby Martinez (USA) 15.74
Heat 7: Leonardo Neves (BRA) 14.00 def. Neco Padaratz (BRA) 8.66
Heat 8: Mick Fanning (AUS) 17.57 def. Julian Wilson (AUS) 7.33
Heat 9: Taj Burrow (AUS) 19.20 def. Mikael Picon (FRA) 7.77
Heat 10: Adrian Buchan (AUS) 14.17 def. Bruce Irons (HAW) 6.44

Quiksilver Pro Gold Coast pres. by LG ラウンドの3残りの公式対戦表:

Heat 11: Jeremy Flores (AUS) vs. Jay Thompson (AUS)
Heat 12: C.J. Hobgood (USA) vs. Tim Reyes (USA)
Heat 13: Kelly Slater (USA) vs. Heitor Alves (BRA)
Heat 14: Luke Stedman (AUS) vs. Adriano de Souza (BRA)
Heat 15: Andy Irons (HAW) vs. Ben Bourgeois (USA)
Heat 16: Kai Otton (AUS) vs. Luke Munro (AUS)

Quiksilver Pro Gold Coast pres. by LG ラウンド4の公式対戦表:

Heat 1: Bede Durbidge (AUS) vs. Ben Dunn (AUS)
Heat 2: Taylor Knox (USA) vs. Joel Parkinson (AUS)
Heat 3: Dean Morison (AUS) vs. Jordy Smith (ZAF)
Heat 4: Leonardo Neves (BRA) vs. Mick Fanning (AUS)
Heat 5: Taj Burrow (AUS) vs. Adrian Buchan (AUS)
Heat 6: TBA vs. TBA
Heat 7: TBA vs. TBA
Heat 8: TBA vs. TBA

※ASP ジャパンの公式ホームページwww.aspjapantour.com は世界のプロサーフィンに関するニュースのほかに日本向けだけの新しいプロサーフィンニュースも日々更新しています!日本語の大会速報は www.surfmedia-tk.co.jp からもプロサーフィンを見る事が出来ます。
aspjapantour.com SURFMEDIA


Category: All WSL News, WSL World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple