Arrive Alive Central Coast Pro で完全カムバックが感じられる、サム・ページ

件のコメント 2008年3月14日 |

オーストラリア、ソルジャーズビーチ
(2008年 3月13日 木曜日)

Arrive Alive Central Coast Proは、今日いよいよイベントが折り返し地点を回り、ラウンド3が開催され、ソルジャーズビーチでは今まで以上に素晴らしいサーフィンとびっくりするようなハイスコアが多く記録された。

ラウンド4に進出を見据えての勝ち残りを決めるサーファー達は、頂点の優勝賞金US $80,000及び貴重なランキングポイント取得への、野望もいよいよ本番モードを迎えた様子となった。

2007年の序盤、ゴールドコーストで頭部を負傷しての重体から12ヶ月ぶりのカムバックにサム・ページが手応えを感じていたようである。

ラウンド3の戦いを勝ち進んだサムが語った。「再びサーフィンシーンへカムバック出来て本当に嬉しいです。かなりプレッシャーもありましたが、本当に癒されました。今は結構手応えも感じて更に勝ち進めるように頑張りたいと思います。本当にカムバック出来て最高です!」

明日のラウンド4でサムは、同じノースビーチローカルサーファー、トビー・マーチンとランキング上位のサンシャインコースト出身、ミッチ・コレボーン、更にビクトリアのジャック・ペリーと対戦する。

2日連続でイベントを通して最も大活躍したのが、このイベント第1シードまた現役エリートツアーサーファーのミック・キャンベル(ポートマッククアリー)だった。彼は持ち前のリラックスしたサーフィンを披露して次のラウンドに勝ち進んだ。

「イベントのこの段階では、余り余計な事を考えずに単純に全力で全ての波に望む姿勢です。」とキャンベルが語った。

「戦略が全てではありません、大事な事は自分が乗る全ての波に最大限集中する事です。波が今日は結構いい波ですよ。明らかに多くの他のWQSシリーズイベントよりもはるかにいい波です。」と更にキャンベルは語った。

今日一番高いパフォーマンスを披露したのがWQSシリーズルーキーのブレイク・ウィルソン(クィーンズランド、サンシャインコースト)だった。彼は強敵達を敗り、ラウンド4に進出した。

ウィルソンは現在、彼より格上のWCTサーファーのロイ・パワーズ(ハワイ)、そしてプロジュニアシリーズで大活躍中のスチュワート・ケネディー(レノックスヘッド)を今朝の2番目に開催されたヒートで上回る活躍を見せた。

「今の自分の調子には手応えを感じています。自分なりに良いリズムに乗っていると感じます。この弾みがイベント終盤まで維持出来る事を願っています。」とウィルソンが語った。

「今は対戦表を気にしないようにしています。自分との戦いに集中しているだけです。」と更にウィルソンは語った。


多くのトップシード選手達がイベントから次々と敗退した。その敗退したトップシード達は;カーク・フリントフ(クロヌラ)、マット・ウィルキンソン(コパカバーナ)、ショーン・キャンズデル(ムラウェイ)、ドルー・コートニー(ウミナ)、ダーレン・オラファティー(ボニーヒルズ)更にカイ・バーハン達だった。バーハンは3年間のプロ活動休止期間からカムバックを果たし、絶好調ぶりを見せた。

「自分にとって3年ぶりのWQSシリーズイベント出場です。自分には全てのコンテストから一旦離れ無ければ成らなかったのからです。」とバーハンは語った。

「間違いなく、今日の方が波は良かったです。自分はコンテストでの成績を上げるように努力をし、更に自信もつけたいと思います。今年は良い一年となるように願っています。」と更にバーハンは語った。

唯一、ニュージーランド出身者で勝ち残りを決めているのがボビー・ハンセンである。彼は忍耐力に強いところを見せ、ラウンドオブ24に進出を果たした。

これまで2ヒートをハンセンは逆転で勝利して来た。彼のじっくりと良い波を待つ戦略が成功した。

「待ってでも、良い波はその待つ価値が十分にあります。ひっちゃきに小さい波に数多く乗っても高いスコアは出ません。」とハンセンは語った。

Arrive Alive Women’s ラウンド1及びラウンド2が午後開催された。イベント主催者達は、明日の良い波の予報に手応えを感じており、更にファイナル開催が予定されている週末に向けて更なるコンディションに期待をしている。


Arrive alive Central Coast Proに出場するのは、総勢でメンズが144名とウィメンズ64名です。賞金総額はメンズ、ウィメンズそれぞれUS $80,000 とUS $25,000と合わせて貴重なWQSポイントの取得が可能となる。

このイベントは、下記のサイトで全ヒートをインターネットライブで中継しています。合わせてスコア、ヒート毎の結果、最新ニュース、静止画、動画等が毎日更新されます。

http://www.arrivealivepro.com/

Arrive alive Central Coast Proは、下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されます:

・NSW Motor Accidents Authority
・Wyong Shire Council
・The Beachcomber Hotel
・Ocean & Earth
・ASP Australasia
・Surfing NSW
・NBN Television
・Central Coast Sun Weekly
・Star FM
・Australia’s Surfing Life
・Greater Toukley Vision

※ASP ジャパンの公式ホームページwww.aspjapantour.com は世界のプロサーフィンに関するニュースのほかに日本向けだけの新しいプロサーフィンニュースも日々更新しています!日本語の大会速報は www.surfmedia-tk.co.jp からもプロサーフィンを見る事が出来ます。
aspjapantour.com SURFMEDIA


Category: All WSL News, WSL Star News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple