2008年メンズBillabong ASP世界プロジュニアチャンピオンはカイ・バーガーとなる!

件のコメント 2009年1月7日 |

オーストラリア、ノースナラビーン
(2009年 1月 7日 水曜日)

Billabong ASP World Junior Championshipsメンズのファイナルで対戦した、ジャドソン・アンドレ(ブラジル、20歳)を敗り、ASP世界プロジュニアチャンピオンに輝いたのはカイ・バーガー(ハワイ、19歳)だった。

「まるで空高く舞い上がった凧のように最高の気分です!」とバーガーは語った。「ダスティ・ペイン、グランジャー・ラーセン、そしてジュリアン・ウィルソン達を含む、このイベントに出場した世界最高峰のサーファー達の中で、最も自信が無かったサーファーが自分だったと思います。時には今日のような事もあります。今日ばかりは主役は自分です!」

ジャドソンは、ファイナルの序盤から立て続けに2本の高いスコアに成功し、一方バーガーはそれを追う展開となった。しかし、その後バーガーは反撃に成功し、6.67ポイントに成功すると次はフロントサイドの凄い連続技に成功し、8.67ポイントによって同時に逆転にも成功した。するとハワイ出身のバーガーはトータルスコアが15.34ポイントとなり、その後ジャドソンの再逆転はなく、バーガーが2008年メンズBillabong ASP世界プロジュニアチャンピオンに輝いた。

「あれ程、多くのマスコミ等に注目されて正直ファイナルでの出来事は殆ど覚えていません。」とバーガーは語った。「本当に名誉です。しかも本当に楽しい時間を過ごす事が出来ました。今は大分興奮しています。まさか自分が世界チャンピオンになるとは夢にも見ませんでした。」

バーガーは、凄い選手ばかりで構成される権威の高い歴代ASP世界プロジュニアチャンピオン達の仲間入りを果たした。過去の歴代世界チャンピオンで現在ASPメンズ世界ツアーに参戦するサーファー達は、以下を含みます。

ジョエル・パーキンソン(オーストラリア)、ジョディ・スミス(南アフリカ)、エイドリアーノ・デスーザ(ブラジル)、同じハワイ出身のケコア・バカルソ(ハワイ)、そして過去3度ASPメンズ世界チャンピオンに輝いたアンディ・アイアンズ(ハワイ)達である。

「凄いメンバー達の仲間入りが出来て名誉に思います。」とバーガーは語った。「気持ちを言葉に言い表す事は出来ません。本当に嬉しいです。それに加えて現時的には来年WQSでのシード権をもらえるのは本当に助かります。」

ASP世界プロジュニアチャンピオンに輝いたカイ・バーガーには、2009年ASP WQSシリーズの全戦で上位のシード権が与えられる。これは翌年のASPメンズ世界ツアーのクオリファイに向けて非常に優位な要素となることは間違いない。

今年のBillabong ASP World Junior Championshipsに、第1シードで出場したアンドレはイベントを通して唯一のパーフェクトを記録するなど、ノースナラビーンで素晴らしいパフォーマンスを披露したが、ファイナルではバーガーに後一歩及ばなかった。

「自分としては結果には大満足です。」とアンドレは語った。「2位入賞は快挙ですが当然優勝は狙っていました。10分ぐらい波が入らないで、高いスコアに成功できませんでした。今年はASP WQSシリーズに全力で戦いASPメンズ世界ツアークオリファイを目指します。」

同率3位入賞したタナー・グダスカス(アメリカ合衆国、20歳)は、今日フロントサイドの凄いサーフィンを披露し、アレホ・ムニーズ(ブラジル、18歳)、そして赤丸急上昇のタマロア・マックコム(タヒチ、16歳)を次々に倒すが、セミファイナルではパーフェクト10に成功したアンドレに敗退した。昨年と同じ3位入賞を果たしたグダスカスは今回のイベントでプロジュニア卒業となる。今後はASP WQSシリーズを兄弟で周り、兄弟の野望であるASPメンズ世界ツアークオリファイを目指す。

「今年も兄弟全員でASP WQSシリーズに参戦します。」とグダスカスは語った。「昨年の成績を上回る目標には成らなかったものシーズン最初としては良い結果を出す事が出来ました。今シーズンはプロジュニアとして最後の年だったので後は上を目指すのみです。」

同率3位で、ASPヨーロッパ勢のなか最も上位の成績を収めたのが、マルク・ラクロマレ(フランス、18歳)だった。ラクロマレはジェーク・シャープ(オーストラリア、20歳)そしてマクシーム・フスセノット(リユニオン島)を倒したがセミファイナルではバーガーに敗レファイナル進出派成ら無かった。3位入賞した事により、2009年ASP WQS一部のイベントで上位のシード権が与えられる。

「オーストラリアには後1ヶ月ぐらい滞在するつもりで、クイーンズランドでのプロジュニアシリーズ数戦、そして可能であればASP WQSシリーズイベントに出場するつもりです。」とラクロマレは語った。「アンドレとグダスカスがワイルドカードを必要としない場合は自分が繰り上げで取得できるケースも考えられます。今の時点では今年具体的にどのシリーズを本命に出場するかはまだ未確定です。」

バーガー、そして昨日2008年度ウィメンズASP世界プロジュニアチャンピオンを獲得したポーリン・アド(フランス、16歳)は、共に来月の2月に開催されるASPの年間表彰式で過去9度ASPメンズ世界チャンピオンに輝いたケリー・スレーター(アメリカ合衆国)、そして過去2度のウィメンズASPメンズ世界チャンピオン、ステファニー・ギルモア(オーストラリア)達と並んで世界チャンピオンの名誉が称えられる。

今日のBillabong ASP World Junior Championships からのハイライトビデオ等は下記公式サイトにご用意しました:

http://www.billabongpro.com/


BILLABONG ASP WORLD JUNIORS (メンズ) ファイナルの公式結果:

1 – Kai Barger (HAW) 15.34
2 – Jadson Andre (BRA) 13.67

BILLABONG ASP WORLD JUNIORS  (メンズ) セミファイナルの公式結果:

SF 1: Jadson Andre (BRA) 18.00 def. Tanner Gudauskas (USA) 14.34
SF 2: Kai Barger (HAW) 16.73 def. Marc Lacomare (FRA) 8.84

BILLABONG ASP WORLD JUNIORS (メンズ) クオーターファイナルの公式結果:

QF 1: Tanner Gudauskas (USA) 17.23 def. Tamaroa McComb (PYF) 14.50
QF 2: Jadson Andre (BRA) 18.30 def. Kiron Jabour (HAW) 12.60
QF 3: Marc Lacomare (FRA) 14.00 def. Maxime Huscenot (REU) 13.77
QF 4: Kai Barger (HAW) 17.60 def. Matt Wilkinson (AUS) 13.16

BILLABONG ASP WORLD JUNIORS (メンズ) ラウンド4の公式結果:

Heat 1: Tamaroa McComb (PYF) 13.17 def. Julian Wilson (AUS) 8.57
Heat 2: Tanner Gudauskas (USA) 14.60 def. Alejo Muniz (BRA) 11.33
Heat 3: Kiron Jabour (HAW) 13.16 def. Lincoln Taylor (AUS) 12.16
Heat 4: Jadson Andre (BRA) 16.50 def. Granger Larsen (HAW) 14.17
Heat 5: Maxime Huscenot (REU) 13.00 def. Alex Ribeiro (BRA) 9.53
Heat 6: Marc Lacomare (FRA) 12.83 def. Jayke Sharp (AUS) 10.50
Heat 7: Matt Wilkinson (AUS) 17.83 def. Nat Young (USA) 10.17
Heat 8: Kai Barger (HAW) 14.46 def. Stuart Kennedy (AUS) 14.00

ASP各地域別のランキングポイント:

1 – Hawaii 2,752 points
2 – Australasia 2,664 points
3 – South America 2,642 points
4 – Europe 2,428 points
5†North America 2,296 points
6 – Africa 1,455 points
7 – Japan 900 points

 

Billabong ASP World Junior Championshipsは下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されました:

・Sony
・Virgin Blue
・Warringah Council
・Waves
・VonZipper
・Kustom
・Nixon
・ASP International

※ASP ジャパンの公式ホームページwww.aspjapantour.com は世界のプロサーフィンに関するニュースのほかに日本向けだけの新しいプロサーフィンニュースも日々更新しています!日本語の大会速報は www.surfmedia-tk.co.jp からもプロサーフィンを見る事が出来ます。
aspjapantour.com SURFMEDIA


Category: All ASP News, ASP Junior News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple