Oops!

It looks like you don't have flash player 6 installed. Click here to go to Macromedia download page.

News
ASP World Tour News

2010年の最新改正版、ASP Judging Criteria(審査基準) がノース・ナラビーンの大会で出初めて採用される。

オーストラリア、クイーンズランド、クーランガッタ
(2010年 1月12日 火曜日)

ASP世界ツアーは、今シーズン大きな変革が数多く既に発表されたが、その代表がASP Judging Criteria(審査基準)が2010年の最新改正版に含まれ、サーフィンの著しい未来への進歩を象徴するものである。

「サーフィンが未来に向けて常に著しく成長を遂げる中、サーフィンの最高位に対して審査をするべく為に、今回もASP Judging Criteriaが2010年に最新版として改正されました」とASPヘッド・ジャッジ、ペリー・ハチェットが語った。「2010年度のクライテリア(基準)の改正された箇所は、全て最高水準のジャッジ達と世界最高峰のサーファー達と協議した上で改正されました。」


2010年シーズン以降のASP Judging Criteria(ジャッジ基準)は以下となる:

ASP Judging Key Conceptsに沿い最もポテンシアル的に高いスコアを得る為に演技するサーファーからは以下の項目が必須となる。

★ジャッジ達は1つのライディングにスコアをつける際は、以下主要項目を考慮して纏めて1つのスコアをつける。

・コミットメント、及び難易度の高さ
・マニューバーの革新性、 創造性及び漸進性
・メジャーマニューバーのコンビネーションの豊富さ
・マニューバーのバラエティーの豊かさ
・スピード、パワー、そして流れの美しさ

★開催地により日々の変化によって、その日のコンディションの変化に従い、常にコンセプトを元に順応力が大事になる。

公式なスケール:

[ 0.0 から 1.9: Poor(プアー) ]  
[ 2.0 から 3.9: Fair(フェアー) ]  
[ 4.0 から 5.9: Average(アベレージ) ]  
[ 6.0 から 7.9: Good(グッド) ]  
[ 8.0 から 10.0: Excellent(エクセレント) ]

「改正されたASP Judging Criteria の最終項目の部分が最も重要な部分となる」とハチェットは語った。「サーフイベントは他のスポーツと異なり独得な要素となるが、開催により異なる事、及び異なったコンディションによりサーフィンのスコアは大きく左右される事実をサーファー達及びサポーターの皆さんに更に理解して頂かなくてはならない。例えば、クラシックなトラッセルズのコンディションとクラシックなパイプラインのコンディションでは全く別世界であり、同じサーフスタイルを仮に見せたとしても全くスコアの結果は異なるでしょう。クラシックなトラッセルズでは革新的、かつ未来的なマニューバーに高いスコアが付く確立が高いが、一方のクラシックなパイプラインで最も重要な要素はずばり、コミットメント及び難易度の高さが評価を高くする。」

上記で述べた要素はASPメンズ世界ツアー、ASPウィメンズ世界ツアー、ASP WQSシリーズ、そしてASPプロジュニアシリーズのイベントが対象となる。

 


上記はショートボードサーキット全般が対象となる、以下のようにASP世界ロングボードツアーでも改正が施される:


ASP Judging Key Conceptsに沿い最もポテンシアル的に高いスコアを得る為に演技するサーファーからは以下の項目が必須となる:

★ジャッジ達は1つのライディングにスコアをつける際は以下主要項目を考慮して纏めて1つのスコアをつける。

・コミットメント、及び難易度の高さ
・クラシック系に加えてのモダンマニューバーとのコンビネーションの完成度
・マニューバーの革新性、 創造性及び漸進性
・メジャーマニューバーのコンビネーションの豊富さ
・マニューバーのバラエティーの豊かさ
・スピード、パワー、そして流れの美しさ

ジャッジは75-25% の割合でスコアを纏める。それは仮にクラシック又はモダンのいずれの一側面のみの技を披露した場合、
最高で75% (7.5pts) となる。両面の要素をコンビネーションとして纏めた場合のみ残りの25% (2.5pts) が加算可能となり満点(パーフェクト)が可能となる。インコンプリート・マニューバーはスコアの対象外となり基本的に0点加算となる。

★開催地により、日々の変化によって、その日のコンディションの変化に沿って常にコンセプトを元に順応力が大事と成る事は変わりない。

公式なスケール:

[ 0.0 から 1.9: Poor(プアー) ]  
[ 2.0 から 3.9: Fair(フェアー) ]  
[ 4.0 から 5.9: Average(アベレージ) ]  
[ 6.0 から 7.9: Good(グッド) ]  
[ 8.0 から 10.0: Excellent(エクセレント) ]


上記で述べた改正版、ASP Longboard Judging Criteria は2010年含めそれ以降のASP世界ロングボードツアーイベント、並びにASP Longboard Qualifying Series (LQS)全イベントで採用される。

更に詳しい事は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/

 

2010 ASP WORLD TOUR SCHEDULE:
Quiksilver Pro Gold Coast, February 27 - March 10, 2010
Rip Curl Pro Bells Beach, March 30 - April 10, 2010
Hang Loose Santa Catarina Pro, April 21 - April 30, 2010
Billabong Pro Jeffreys Bay, July 15 - 25, 2010
Billabong Pro Teahupoo, August 23 - September 3, 2010
Hurley Pro Trestles, September 12 - 21, 2010
Quiksilver Pro France, September 25 - October 5, 2010
Rip Curl Pro Portugal, October 7 - 18, 2010
Rip Curl Pro Search, October 30 - November 10, 2010
Billabong Pipe Masters, December 8 - 20, 2010

2010 ASP WOMEN'S WORLD TOUR SCHEDULE:
Roxy Pro Gold Coast, February 27 - March 10, 2010
Rip Curl Women's Pro Bells Beach, March 30 - April 5, 2010
Taranaki Women's Surf Festival, April 11 - 16, 2010
Commonwealth Bank Beachley Classic, April 21 - 26, 2010
Movistar Peru Classic pres. by Rip Curl, TBA
Rip Curl Pro Portugal, October 7 - 11, 2010
Rip Curl Pro Search, October 30 - November 4, 2010
Gidget Pro Sunset Beach, November 24 - December 6, 2010
Billabong Pro Maui (Tentative), December 8 - 20, 2010

2010 ASP WORLD JUNIOR TOUR SCHEDULE:
2009 Billabong ASP World Junior Championships, January 9 - 17, 2010
Oakley ASP World Junior Bali, October 2 - 13, 2010
2010 Billabong ASP World Junior Championships, January 8 - 16, 2011

2010 ASP WORLD LONGBOARD SCHEDULE:

・全3戦のシリーズ全てのイベントの詳細は後日公式決定予定(全てOxbow ASP World Longboard Eventsとなる)
・Roxy ASP Women's World Championships, July 10 - 14, 2010

※ASP ジャパンの公式ホームページwww.aspjapantour.com は世界のプロサーフィンに関するニュースのほかに日本向けだけの新しいプロサーフィンニュースも日々更新しています!日本語の大会速報は www.surfmedia-tk.co.jp からもプロサーフィンを見る事が出来ます。
aspjapantour.com SURFMEDIA

© Copyright 2006-2009 Association of Surfing Professionals (ASP) International Japan Branch Limited