ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
     News
    World Qualifying Series News

中国の海南島で開催されたHainan Classicの優勝は、グレン・ホールとなる。

中国の海南島で開催されたHainan Classicの優勝は、グレン・ホールとなる。

中国、海南島、ワニング
(2012年 1月14日日、土曜日)

コンディションこそファイナルデーは、多少サイズが減少したもの、Hainan Classicグランドファイナルは、見応え十分なシーソーゲームとなった。序盤に主導権を握ったのが、"マイクロ"で知られるグレン・ホール(アイルランド)で、中盤戦で勝利を決定的とする距離の長いライディングでエクセレントなスコアメイクに成功し、対戦したロイデン・ブライソン(南アフリカ)を破り、ASP 4-Star Men's World Tour イベントHainan Classicの初代チャンピオンに決定した。

「今回の中国は、最高です」とホールは語った。イベント全てを含めたて、今回中国に遠征する事を非常に楽しみにしていて、しかも空いたゲレンデで最高に楽しい思いをする事が出来ました。最初の数日はサイズが数フィートでしたが、ファンウェーブで、その後4フィートにまで上昇して最高のコンディションになると、サイズが更に増し最高の1週間でした。気分は最高です。自分のサーフィン人生で最高の1週間で、しかも優勝賞金$15000を獲得する事が出来て信じられません」

アイルランド出身のサーファーにとって4スターイベントでの優勝は、史上最高のランク優勝に値して快挙である。

ファイナルに進出した2人のサーファーは、共にコンテストエリア内で最も良いコンディションを探し走り回ったが、最終的により多くの練習を積んだ者に勝利の女神が微笑み、第1回Hainan Wanning Riyue Bay International Surfing Festival presented by Quiksilverのメインイベント初代チャンピオンに輝いた。

今朝、両ファイナリストは午前中に時間をモニタリングに捧げた。今日イベント会場に早朝波のチェックに一番乗りだったのも左記2名だった。

「自分は、早朝コンディションのチェックの為にビーチ入りして最も高いスコアメイクが可能となる波を把握する為に、しっかりモニタリングしました」とホールは語った。「5:30に起きましたが、フリーサーフィンは控えました。今日のコンディションは大きく変化すると判断していたので、じっくりモニタリングに力を注ぎました」

今朝、最初に開催されたセミファイナル第1ヒートでホールは、パワフルなレギュラースタンスのサーファーのディオン・アッチンソン(オーストラリア)が決定していた。最初に仕掛けたのはアッチンソンで、エクセレントな8.33ポイントに成功するも、バックアップのスコアメイクに苦しみ最終的に準優勝でイベントを終えた。

一方、たて続けにテイクオフをしたホールはファイナルで終始良い波を掴み、最後に6.9ポイントに成功して優勝を確定的とした。序盤に2つの大きなフローターに成功させてエクセレントな8.17ポイントに成功してアッチンソンにプレッシャーを与えた。最後までアッチンソンは反撃したが逆転には成らなかった。

セミファイナルの第2ヒートで、ブライソンは今回のシリーズイベントの2つのイベント通してインフォームサーファーの1人だったマルク・ラコマレ(フランス)に勝利する事に成功して、ファイナルに進出した。絶好調だったブライソンは、このヒートの良い波を独占して今日一番高いヒートハイスコアの16.87ポイントに成功しての完勝だった。

ファイナルに入ると、セミファイナルで掴んでいた最高の波をブライソンは全く掴む事から遠ざかった。リユエン・ベイ沿いにビーチまでラインアップした高い質の波を掴んでいたのは今回どんどんテイクオフを繰り返えし多くのターンとマニューバーを披露していたホールだった。ホールはファイナルのハイライトとなったダブル・グラブ・エアー・リバースの着地に運が良く大成功してコンプリートさせた。

スピードに乗り波のスムーズなセクションで、見事な演技を続けヒートスコアを16.33ポイントに伸ばしたホールに最後までブライソンは追いつく事が出来なかった。終盤逆転のチャンスは、ブライソンに訪れるが、最後まで逆転に必要なスコアメイクは成らなかった。最終的にヒートハイスコアは16.16ポイント止まりで逆転は成らなかった。

ファイナルが終了すると、ビーチに詰め掛けた熱狂的な中国メディアを書き分けて2人のオーストラリアの選手達がなんとかホールを担ぎ上げて表彰台まで担いで勝利を称えた。ホールは1年の内、約半分をトレーニングの意味もありオーストラリア国内で過す生活をしているからだ。

「大親友だから、ホールの優勝を称えたい。自分が負ける相手を決めるとしたら自分として最も気分が良いのがホールです」とブライソンは笑顔で語った。「自分は、ここに来る事が出来ただけで大満足です。最高の場所です。波のコンディションの高さにはびっくりしました。当然、将来再び来て見たい土地の1つです」

ファイナル終了後、表彰式でホールは優勝賞金$15,000 USD の目録と共に、オーネート・ジェード・ドラゴン・トロフィーが副賞として受け取った。


Hainan Classicからのビデオデマンドを含む詳細は下記公式サイトを参照願います:

http://www.hainaninternationalsurfingfestival.com/hainan-classic/live


ツアーに関して更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/

※ASP ジャパンの公式ホームページwww.aspjapantour.com は世界のプロサーフィンに関するニュースのほかに日本向けだけの新しいプロサーフィンニュースも日々更新しています!日本語の大会速報は www.surfmedia-tk.co.jp からもプロサーフィンを見る事が出来ます。
aspjapantour.com SURFMEDIA