ASP 6-Star ONeill Coldwater Classic Scotland、優勝は、ブレント・ドリントン。

件のコメント 2011年4月18日 |
2011 O’Neill Cold Water Classic Scotland Championのブレット・ドリントン(オーストラリア)

サーソ・イースト、スコットランド
(2011年 4月17日、日曜日)

サーソ・イースト・リーフの不安定な2から3フィート(1メーター)のコンディションで開催されたO’Neill Coldwater Classic Scotlandのファイナルで、ジェイ・クイン(ニュージーランド)を破りASPスターシリーズで初勝利を収めたのがブレント・ドリントン(オーストラリア)だった。

干潮時間に向かって潮の変化に伴いイベントは日中一旦、ホールドの状態した後に再び再開した中で集中力を切らさずにドリントンは、今日の午後戦ったスコットランドにて賜杯を勝ち取った。今日優勝したドリントンは、優勝者に贈られる副賞の名物のO’Neill Coldwater Classic Scotland Swordを取得すると共に同時にO’Neill Coldwater Classic Series総合ランキングを首位の座に立った。

ファイナルデーで終始素晴らしいサーフィンを披露したドリントンは、セミファイナルでこのイベントを通して最も高い18.50ポイントのヒートハイスコアに纏め上げ、ラチャード・クリスティー(ニュージーランド)を破った。そして、ここ3日間サーソ・イーストにヒットした素晴らしい最後の残りの波を得たドリントンが最終的に頂点を極めた。

「生涯初の優勝です。それに加えてファイナル進出も始めての経験です。更にO’Neill Coldwater Classic Seriesのランキング首位に立ったなんて信じられません」とドリントンは語った。「当然、シリーズ終了後のボーナスは狙っています。今回のイベントで獲得したポイントは本当に大きな意味を持ちます。今週は終始素晴らしい波でした。自分が生涯のコンペでサーフィンしたコンディションの中では最高の物でした」

「セミファイナルは出来過ぎでした」とドリントンは更に語った。ドリントンは、セミファイナルでパーフェクトに近いエクセレントな9.50ポイントにスコアに成功している。「最初の10分で素晴らしい波を2本得ました。共に高い完成度のファーストターンに成功すると、その後にバレルライドを決める事が出来ました。その前にもその後にもバレルウェーブは来ませんでした。運が良く自分が独占する事が出来ました」

恐ろしく冷たい水温で知られるサーソを今回初めて経験したドリントンは、親友のロマイン・コロートル(フランス)の薦から今年のイベントにエントリーをして遂にO’Neill Coldwater Classic Scotlandを制する結果を得た。

「自分は当初、出場予定では無かったのですが、親友のロマイン・コロートル(フランス)から薦められたので、当然彼に借りが出来ました。あの副賞の刀は当然誇らしげに自分のビリヤードルームに飾りますよ。当然、壁にはぴったりです。アダム・メイリングそしてロイデン・ブライソンは、共に自分の親友ですから彼らの仲間入りが出来て名誉です」

ファイナル最初の10分波が来なくリスタートする展開となった中で、ジェイ・クイン(ニュージーランド)は調子に乗る事が出来なかった。最後まで全く波を掴む事の出来無かったクインは、悔しい敗退となった。

「自分の思うように事が進まなかった。波数も無く自分は調子に乗れませんでした。最後は多少焦り余計展開が悪くなった。クオーターは調子が良くセミファイナルでも多少運が残っていたのでファイナルも狙ったのですが全く思うように事が進みませんでした」

常にプライオリティーを握ったクインだったが良い波にテイクオフする事なく、イベントを準優勝で終えた。彼は、昨シーズンニューキーでの小差の準優勝に引き続き再び頂点まで後一歩だった。

「最後にセットが入ったが、テイクオフのポジションを間違えた良い波だっただけに、あれが敗因ですね」

「2度ファイナルに進み、2度も準優勝はさすがに悔しいです」とクインは語った。「来週カリフォルニアでプライムイベントがあるので当然これまでの悔しい気持ちを纏めて是非優勝を狙います」

セミファイナルでクインに敗れて同率3位で終わったのは、アライン・リオ(タヒチ)だった。クインとの最初の攻防でリオは、破れてその後最終的に逆転は成らなかった。

「セミファイナル進出が出来て満足ですよ」とリオは語った。「ここ一年の中では最高の成績です。ファイナル進出に失敗して悔しいのですが、余り波数が無い中、最初の攻防で致命的な負けでした。そのままクインは調子に乗り2本目も良いライディングをしました。良い波を得たクインに自分は負けました」

一時は3点台のスコアで小差のリードに立ったリオだったが、その後心理戦で負けなかったクインがこの勝負を制した。

「常に自分はリードを握った方が戦いやすいです。クインがプライオリティーを握ると自分もある戦略に出たのですが、旨く行きませんでした」リオは語った。「一時自分が逆転したのですが、又セットが入る事は承知していました。セットの良い波を得たのがクインでした。彼はイベントを通して最高の調子でした」

ドリントンの脅威的なヒートトータルスコアの18.50ポイントを追ったリチャード・クリスティー(ニュージーランド)は逆転が成らずでイベントを同率3位入賞で終え、ASPワンワールドランキングポイント2080ポイントを取得した。

「全く自分の思うように行きませんでした。ドリントンには脱帽です」とクリスティー語った。

最初の波の戦いでクリスティーの闘争本能に火が付いたが、結果的に良い波を得たのがドリントンと言う結果となった。

日本人最高位は、同率9位入賞した辻 裕次郎(日本)である。辻は、賞金$ 2,300 を獲得すると共にASPワンワールドランキングポイント920ポイント取得した。この結果、辻は計3394ポイントにてASPワンワールドランキングを161位に引き上げた。

O’Neill Coldwater Classic Scotlandは、全4戦で構成されるO’Neill Coldwater Classic Series 第2戦でした。同シリーズの次イベントは2011年10月15日から10月21日カナダ、トフィーノで開催される。


O’Neill Cold Water Classic Scotlandに関しての詳細情報は下記公式サイトを参照願います:

http://www.oneill.com/cwc/Scotland.html

or

http://www.aspeurope.com/


O’NEILL CWC SCOTLAND ファイナル公式結果:

Brent Dorrington (AUS) 9.00 Def Jay Quinn (NZL) 7.66

O’NEILL CWC SCOTLAND セミファイナル公式結果:

Heat 1: Jay Quinn (NZL) 11.17 Def. Alain Riou (PYF) 7.17
Heat 2: Brent Dorrington (AUS) 18.50 Def. Richard Christie (NZL) 12.50

O’NEILL CWC SCOTLAND クオーターファイナル公式結果:

Heat 1: Jay Quinn (NZL) 12.70 Def. Joan Duru (FRA) 12.67
Heat 2: Alain Riou (PYF) 14.67 Def. Hodei Collazo (EUK) 10.60
Heat 3: Richard Christie (NZL) 16.96 Def. Leonardo Neves (BRA) 14.33
Heat 4: Brent Dorrington (AUS) 13.40 Def. Vincent Duvignac (FRA) 10.93


ツアーに関して更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/

※ASP ジャパンの公式ホームページwww.aspjapantour.com は世界のプロサーフィンに関するニュースのほかに日本向けだけの新しいプロサーフィンニュースも日々更新しています!日本語の大会速報は www.surfmedia-tk.co.jp からもプロサーフィンを見る事が出来ます。
aspjapantour.com SURFMEDIA


Category: All WSL News, WSL Star News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple