Hurley Pro at Trestlesで、ケリー・スレーターがASP WCTの通産50勝目を挙げる。

件のコメント 2012年9月24日 |

アメリカ合衆国、カリフォルニア州、ローワー・トラッセルズ
(2012年 9月20日、木曜日)

ローワー・トラッセルズのクリーンな3から5フィート(1から1.5メーター)のコンディションの中で開催されたHurley Pro at Trestles のファイナルでジョエル・パーキンソン(オーストラリア)の演技を上回ったケリー・スレーター(アメリカ合衆国)がASP WCT通産50勝目を優勝で決定した。

2012 ASP World Championship Tour第6戦、Hurley Pro at Trestlesは、南カリフォルニアの最高なコンディションの中、ドラマチックなフィナーレとなった。

パーキンソンとのファイナルで、序盤から積極的にインサイドの小ぶりな波に攻めの姿勢に出たのがスレーターだった。クアッド・フィンのサーフボードを選択したスレーターは、ヒートが進むにつれてどんどん弾みに乗り付け、対戦相手のパーキンソンを苦しめながら、ローワー・トラッセルズで3年連続、通産6回目の優勝を決めた。

「今回のイベントでは、インフォームなサーファーはパーキンソンであり、その彼との対戦だったので、開き直って戦う事が出来ました」とスレーターは語った。「今回のイベント通して殆どのヒートで彼は圧勝してました。昨日はガブリエル・メディーナへの勝利を始め、殆どの対戦相手をコンボの状態に落としての圧勝でした。自分が彼に勝利するには単純に最も良い波を掴み普段の自分の力以上の演技が要求されると覚悟しました。しかし、コンディションの方は、海が完全に静まりました。自分のプライオリティーがジャッジ達の判断により剥奪されて、今回自分の思うような展開に進まないと覚悟しました。しかし、公式アナウンスが流れた瞬間にパーキンソンは良い波を掴む事に失敗し、その瞬間に自分が優位な方向へターニングポイントしたと思います。これまで優勝したイベント全てにおいて、その大事なターニングポイントを逃しませんでした」

今回優勝したスレーターはASP WCTランキングでも3位に上げ、2012シーズンを通してのターニングポイントにもなり、弾みに乗って次回のヨーロッパシリーズに向う。

「このヒートが自分の今シーズンを決める大事なヒートになる事は承知していました」とスレーターは語った。「もし、パーキンソンが優勝し、更に2000ポイントを上乗せしていたら、ランキングは全く異なっていたでしょう。ヨーロッパに向けてやる気が出ました。ローワーズでは確かに好成績ばかりで毎年それがプレッシャーにもなっています。ツアーではデビュー以来、それを感じています。通産50勝目も、ここでと言うのも嬉しいです。初勝利もここだったので本当に嬉しいです」

全てのヒートでハイスコアをメイクし、Hurley Pro at Trestles通して圧倒的な存在を披露していたのはジョエル・パーキンソン(オーストラリア)で、ファイナルまでの好調ぶりをファイナルで見出す事が出来なかったパーキンソンだったが、今回は準優勝をしてASP WCTランキング2位の座でヨーロッパに向かう事になった。

「ファイナルに進出で満足です」とパーキンソンは語った。「タヒチでの負けほど落ち込んでいません。今週は好調でした。ヒートの全て良い波に恵まれた一方、スレーターは良い波を得るのに苦しんでいましたが、それでも勝利していました。ファイナルだけはスローヒートでした。一週間絶好調でいきなりファイナルで神様に見捨てられたようでした」

過去2度ASPメンズ世界チャンピオンに輝き現在ASP WCTランキング首位のミック・ファニング(オーストラリア)も、今週のローワー・トラッセルズで安定した高いパフォーマンスを終始披露し、大活躍をした。そんなファニングもスレーターとのセミファイナルでは本来の調子を見出す事無くイベントを同率3位で終えた。

「最初の2本の波をスレーターに奪われた後でも、波さえ来れば逆転する自信はありました」とファニングは語った。「突然、波が止まりました。自然が相手なので仕方がありません。全く反撃する機会がありませんでした。少し悔いが残る結果になりました」

タヒチで優勝してHurley Pro at Trestlesに乗り込んだファニングは、今回スレーターを上回る成績を残せば、2012年ASPメンズ世界チャンピオン争いで優位になる事を十分承知していた。それでも今回3位の成績を残し最低の仕事をしたと言う。

「スレーターと自分は共に今回自分が勝利したらタイトル争いで自分が大きく有利な展開となる事は承知していた」とファニングは語った。「スレーターは、さすがに利口な戦略で落ち着いていました。自分には運が無かっただけです。コンディションが見方してくれませんでしたが、3位はキーパーの成績です。最低の仕事は出来ました。今回は大きく勉強になったイベントです」

ASP WCTランキング5位のエイドリアーノ・デスーザ(ブラジル)は、ラウンド5でガブリエル・メディーナ(ブラジル)、そしてクオーターファイナルでジョン・フローレンス(ハワイ)に勝利したが、セミファイナルではパーキンソンに敗れてイベントを同率3位で終えた。

「数ヶ月前US Open で、ガブリエル・メディーナ(ブラジル)と素晴らしい戦いをしながら勝負では負けました」とデスーザは語った。「メディーナは本当に素晴らしい人間であると共に素晴らしいコンペティターです。近い将来、彼は間違いなく世界チャンピオンの有力候補です。今回、自分は運が良かっただけです。ヒートの序盤でどんどん仕掛け、彼にプレッシャーを与えるようにしました」

Hurley Pro at Trestlesについての詳細は下記公式サイトを参照願います:

http://www.hurley.com/hurleypro/

2012 ASP World Championship Tour 次戦は、9月28日から10月8日まで開催される Quiksilver Pro France となる

HURLEY PRO AT TRESTLES ファイナル公式結果:

1 – Kelly Slater (USA) 16.50
2 – Joel Parkinson (AUS) 14.00

HURLEY PRO AT TRESTLES セミファイナル公式結果:

SF 1: Kelly Slater (USA) 17.27 def. Mick Fanning (AUS) 9.34
SF 2: Joel Parkinson (AUS) 18.26 def. Adriano de Souza (BRA) 13.43

HURLEY PRO AT TRESTLES クオーターファイナル公式結果:

QF 1: Mick Fanning (AUS) 17.60 def. Taj Burrow (AUS) 16.50
QF 2: Kelly Slater (USA) 15.17 def. Adrian Buchan (AUS) 11.93
QF 3: Joel Parkinson (AUS) 17.16 def. Jordy Smith (ZAF) 17.04
QF 4: Adriano de Souza (BRA) 12.60 def. John John Florence (HAW) 11.60

HURLEY PRO AT TRESTLES ラウンド5公式結果:

Heat 1: Mick Fanning (AUS) 12.90 def. Julian Wilson (AUS) 12.76
Heat 2: Kelly Slater (USA) 15.94 def. Jeremy Flores (FRA) 15.44
Heat 3: Jordy Smith (ZAF) 15.93 def. Josh Kerr (AUS) 9.57
Heat 4: Adriano de Souza (BRA) 18.30 def. Gabriel Medina (BRA) 9.57

Hurley Pro at Trestlesを終えてのASP WCT ベスト5:

1. Mick Fanning (AUS) 41,250 pts
2. Joel Parkinson (AUS)
3. Kelly Slater (USA)
4. John John Florence (HAW)
5. Adriano de Souza (BRA)

ツアーに関して更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/


Tags: , , , , , , ,

Category: All ASP News, ASP World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple