2013 ASP World Championship Tour開幕戦、Quiksilver and Roxy Pro Gold Coast に出場する世界最高峰のサーファー達が一同にゴールドコーストの会場入りを済ませた。

件のコメント 2013年3月1日 |
2013 ASP World Championship Tour開幕戦、Quiksilver and Roxy Pro Gold Coast に出場する世界最高峰のサーファー達が一同にゴールドコーストの会場入りを済ませた。

2013年の今年も世界の頂点を目指す過去通産5度ASPウィメンズ世界チャンピオン、そしてディフェンディングRoxy Pro Gold Coastチャンピオンのステファニー・ギルモア(オーストラリア)。

オーストラリア、クイーンズランド州、スナッパー・ロックス
(2013年 2月28日、木曜日)

オーストラリア、ゴールド・コーストに世界最高峰のメンズ、そしてウィメンズ・サーファー達が一同に来る土曜日から開幕する2013 ASP World Championship Tour (WCT)開幕戦のQuiksilver and Roxy Pro Gold Coast presented by Land Roverに出場する為に会場入りを済ませた。

ディフェンディングASPメンズ世界チャンピオン、そして元Quiksilver Pro Gold Coastイベントチャンピオンのジョエル・パーキンソン(オーストラリア)はかつてなくリラックスした姿が印象的である。取材には冗談を交える余裕もあり、昨年の快進撃の再来も今年も狙うとずばり語った。

「長期に渡って背負って来た大きなプレッシャーからようやく解放されました」とパーキンソンは語った。「昨年の自分の姿勢は極力全てを楽しみ事でした。今年は特にこの先のシーズンを楽しみにしていますが、その中でも最も楽しみにしているのが今回のイベントです。世界チャンピオンに成ってからは、サーフィン以外の多忙な予定が多く組み込まれ、ある意味今回のイベント中はサーフィンにのみ集中出来る貴重な時になります。自分自身が最愛するサーフィンとコンペにのみ集中出来る今回の時間を本当に楽しみしています」

スナッパー・ロックスの今現在のサンドバーの地形についてパーキンソンはここ最近数年との変化の面も含めて多少語り、その変化が協議へもたらす変化についも語った。

「ここだけの話ですが、今年のイベントでは特にローカルの地元の利が優位な材料に働くと思います」とパーキンソンは語った。「スナッパー・ロックスは特に豊富な練習量と知識からローカルに有利なゲレンデと考えられています。自分の予想では今年はスナッパーで多くのヒートが開催されないと予想します。多くのヒートがレインボーとキラの間のバンクでの開催となる可能性が強いと思います」

Quiksilver Pro Gold Coastラウンド1でパーキンソンはマット・ウィルキンソン(オーストラリア)とイベント・ワイルドカードのサーファーと対戦する。

元エリートツアー・サーファーで今回のQuiksilver Pro Gold Coastで1枚目のワイルドカードで出場が決まったデーン・レイノルズ(アメリカ合衆国)は既にフルタイム・コンペティターの座から一歩引いたが、今も世界で最もエキサイティングなサーファーとして未だに世界から注目される超人気者である。

「今でも家で又は手元にパソコンさえあれば、必ず全てのイベントをチェックして観戦しています」とレイノルズは語った。「今でもコンペは好きです。出場の機会が減っただけで、それがある意味実際出場した時には上位を狙う良い意味でのプレッシャーになっています。今は今回駄目でも来週ベルズがあると言う訳にはいかないのです。地元では最近多くの時間をサーフボードのチューニングに注ぎました。1つ地元とここのポイント・ブレイクの波質が大きく違う点を忘れてはいけません。昨日スナッパーで練習してある程度手応えを感じました。ラウンド1ではケリー・スレーター又はジョエル・パーキンソンとの対戦カードが決まっているので、本当に楽しみです。

ラウンド1でレイノルズはトップ・シードの1人との対戦カードが組み込まれる。

ASPメンズ世界チャンピオンの有力候補の常連そしてディフェンディングQuiksilver Pro Gold Coastイベントチャンピオンのタジ・バロー(オーストラリア)は今回も優勝候補の有力サーファーの1人であるが自身も認めているのは今年のエリートツアーメンバーは史上最強で在る事だ。

「全員凄いサーファーです」とバローは語った。「今朝サーファーのミーティングがあったのですが、どのヒートも全て激戦が予想されるハイレベルなヒートばかりでした。今回のイベントは楽しみですよ。自分は最近このイベントで相性がいいのでそれを好材料にしたいと思います。当然最大の強敵はジョエル・パーキンソンです。パーキンソンは待望の世界タイトルを奪取して特に弾みに乗っています。しかし自分の最大の力を出し切ればパーキンソンに勝つ自信はあります。本当に今回のイベントの開幕が楽しみです」

メンズイベントラウンド1第1ヒートにはビード・ダービッジ(オーストラリア)、ラオニ・モンテイロ(ブラジル)とのヒートにタジ・バローは出場する。

ミグエル・プポ(ブラジル)そしてフレドリック・パターチア(ハワイ)の2名は怪我によりイベントをキャンセルした。繰上げで出場が決定したのは、パトリック・グダスカス(アメリカ合衆国)とウィリアン・コルドソ(ブラジル)となった。

Quiksilver Pro Gold Coast と同時開催されるのはウィメンズエリートツアー開幕戦の Roxy Pro Gold Coastとなる。

過去通産5度ASPウィメンズ世界チャンピオン、そしてディフェンディングRoxy Pro Gold Coastチャンピオンのステファニー・ギルモア(オーストラリア)は今年も力が健在で当然今年もスナッパーで好成績を収めて再び世界の頂点を目指す。

「地元開催と言う理由からWCTで今回のイベントが最も楽しみにしているイベントです」とギルモアは語った。「シーズン開幕戦と言う事から更に楽しみです。エリートツアーのメンバー全員好調ですから今回のイベント特に楽しみにしてください」

Minister for Tourism, Small Business, Commonwealth Games and Sunshine のジャン・スタッキーは今日の記者会見に出席して以下のように語った:

「先住民を含む地元の人々にまずイベントの開催を前にして大きく感謝したいと思います」とスタッキーは語った。「自分が持つ数々のタイトルの中でも最も誇りに思っているのがMinister for Currumbinです。今週はQuiksilver and Roxy Pro に世界最高峰のサーファー達が最高の演技を魅せてくれます。地元の方々又他の地方からの観光客の皆様問わずに必ずお楽しみ頂けるイベントになることを約束します」

Quiksilver and Roxy Pro Gold Coast presented by Land Rover公式ウェイティング期間は2013年3月2日から3月13日まで設けられている。

Quiksilver and Roxy Pro Gold Coast presented by Land Roverは下記公式サイトでイベントを通してライブ中継されます:

http://quiksilverlive.com/

QUIKSILVER PRO GOLD COAST ラウンド1公式対戦表:

Heat 1: Taj Burrow (AUS), Bede Durbidge (AUS), Raoni Monteiro (BRA)
Heat 2: Adriano de Souza (BRA), Travis Logie (ZAF), Dusty Payne (HAW)
Heat 3: John John Florence (HAW), Kai Otton (AUS), Patrick Gudauskas (USA)
Heat 4: Mick Fanning (AUS), Sebastian Zietz (HAW), Willian Cardoso (BRA)
Heat 5: Kelly Slater (USA), Kolohe Andino (USA), TBD
Heat 6: Joel Parkinson (AUS), Matt Wilkinson (AUS), TBD
Heat 7: Gabriel Medina (BRA), Kieren Perrow (AUS), Tiago Pires (PRT)
Heat 8: Josh Kerr (AUS), Alejo Muniz (BRA), Nat Young (USA)
Heat 9: Julian Wilson (AUS), Damien Hobgood (USA), Adam Melling (AUS)
Heat 10: Owen Wright (AUS), Michel Bourez (PYF), Filipe Toledo (BRA)
Heat 11: Jeremy Flores (FRA), Adrian Buchan (AUS), Brett Simpson (USA)
Heat 12: Jordy Smith (ZAF), C.J. Hobgood (USA), Glenn Hall (IRL)

ROXY PRO GOLD COAST ラウンド1公式対戦表:

Heat 1: Courtney Conlogue (USA), Laura Enever (AUS), Pauline Ado (FRA)
Heat 2: Tyler Wright (AUS), Coco Ho (HAW), Rebecca Woods (AUS)
Heat 3: Stephanie Gilmore (AUS), Sage Erickson (USA), TBD
Heat 4: Sally Fitzgibbons (AUS), Silvana Lima (BRA), Sofia Mulanovich (PER)
Heat 5: Carissa Moore (HAW), Paige Hareb (NZL), Alana Blanchard (HAW)
Heat 6: Malia Manuel (HAW), Lakey Peterson (USA), Bianca Buitendag (ZAF)

ツアーに関して更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/

http://www.aspjapantour.com/


Tags: , , , , , , , ,

Category: All WSL News, WSL World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple