Rip Curl Pro Bells Beachのファイナルで、ルーキーのナット・ヤングを降し、エイドリアーノ・デスーザが優勝!!

件のコメント 2013年4月2日 |
Rip Curl Pro Bells Beachのファイナルで、ルーキーのナット・ヤングを降し、エイドリアーノ・デスーザが優勝!!

2013 RIp Curl Pro Bells Beach Championのエイドリアーノ・デスーザ(ブラジル)。

オーストラリア、ビクトリア州、ベルズ・ビーチ
(2013年 4月2日、火曜日)

Rip Curl Pro Bells Beach presented by Ford は、今日ベルズ・ビーチのクリーンな3から5フィート(1から1.5メーター)のコンディションの中、ファイナルが開催され、 ASP Dream Tour ルーキーのナット・ヤング(アメリカ合衆国)の演技を上回ったエイドリアーノ・デスーザ(ブラジル)が優勝を決めた。

メンズエリートツアー(WCT)の第2戦となったRip Curl Pro Bells Beachファイナルは、今日ドラマチックなフィナーレが実現した。今年は永いイベントの52年史の中で、史上初めての南米出身サーファーがイベントを制した。

「このイベントは自分がツアーの中で最も貴重なイベントとしてとらえています」とデスーザは語った。「過去の歴代チャンピオン達の顔ぶれは、アンディ・アイアンズ、ケリー・スレーター、そして自分のヒーローであるミック・ファニングと皆憧れのサーファーばかりです。ベルズには長い事通っています。この土地が大好きです。最近は思うような成績を収める事が出来ませんでした。2013シーズン当初久しぶりにノースポンサーの身分でスタートを切りました。自分を支えてくれる企業が必ず現れると信じてシーズンをスタートすると、その企業が名乗り上げてくれました。自分の実力を信じてくれたPena社に本当に感謝します。その他、感謝を述べるべき方々が多くいます。しかし、今の瞬間だけは自分にベルを鳴らして勝利を味わさせてください」

優勝したデスーザはASP WCTツアーがブラジルでの次戦となる第3戦を向かえ、ASP WCT世界ランキング4位の位置で次戦を迎える事となった。

「次戦の開催地はホームのブラジルです」とデスーザは語った。「当然、ホームではよりリラックス出来ます。しかし、同時に上位入賞の高い期待へのプレッシャーもあります。今日だけは勝利の美酒に酔い、明日以降再び集中力を付けて次戦でも是非上位を目指して最大限頑張りたいと思います」

カリフォルニアのサンタ・クルーズ出身の若手グーフィー・フッター、ヤングは大観衆の前での快進撃を続け、今日は生涯ベストの成績を収めた。

「自分にとっては本当に大きな意味を持つイベントとなりました」とヤングは語った。「今はエリートツアーで戦う事が出来ただけで嬉しいです。対戦しているのは皆自分が憧れてきたヒーローばかりです。イベントには本当に長い歴史があり、ここにいるだけで嬉しいのが本音です。ファイナルに進出なんて信じられません。当然ですが優勝を逃し悔しい気持ちです。誰よりもこのイベントを強く意識している気持ちは高いと思っています。是非、来年以降頂点を目指すと共に、今回の好成績で得た自信を武器に次戦以降は更に頑張りたいと思います」

今日優勝したヤングはASP WCTランキングでディフェンディングASPメンズ世界チャンピオンのジョエル・パーキンソン(オーストラリア)と並んで世界ランキングを5位の位置に付けてきた。

ASPメンズ世界チャンピオン有力候補のタジ・バロー(オーストラリア)は、ベルズビーチで今日も快進撃を続け、クオーターファイナルでカイ・オットン(オーストラリア)に勝利したが、セミファイナルではナット・ヤング(アメリカ合衆国)に敗れて同率3位入賞でイベントを終えた。

「受け入れる事が悔しい現実ですが、今のツアーに参戦するサーファーは誰1人油断出来る選手は存在しません」とバローは語った。「ナット・ヤングはイベントを通して本当に最高のサーフィンを披露していました。彼はルーキーですが、既に自分の形を確立した実力者で、本当の強豪です。自分は今回の3位入賞の成績を受け入れて、ブラジルに向けて再び集中力を増したいと思います」

「イベントを通してハイスコアに成功し、今年ベルズビーチでインフォーム・サーファーの1人だったのがジョディ・スミス(南アフリカ)だった。そのな絶好調のスミスもセミファイナルでデスーザに敗れる運命となった。

「最後に後一歩勝利に届かない、悔しい敗退となりました」とスミスは語った。「当然、優勝を意識していました。更に自分のサーフィンに手応えを感じていました。デスーザ選手おめでとうございます。彼のサーフィンは凄過ぎました。全選手今回最上の演技を披露していて結果の方も波乱も記録され今シーズンのこの先の動向がより面白くなりました。今の良い弾みにのり次戦のブラジルで更に頑張りたいと思います。

2013 Rip Curl Pro Bells Beachからのハイライトは、下記公式サイトでお楽しみ下さい:

http://www.live.ripcurl.com/

2013 ASP World Championship Tour (WCT) 次戦は2013年5月8日から5月19日まで開催される Billabong Rio Pro となる。

ツアーに関して更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/
http://www.aspjapantour.com/

RIP CURL PRO BELLS BEACH ファイナル公式結果:

1 – Adriano de Souza (BRA) 16.26
2 – Nat Young (USA) 15.83

RIP CURL PRO BELLS BEACH セミファイナル公式結果:

SF 1: Nat Young (USA) 15.10 def. Taj Burrow (AUS) 13.43
SF 2: Adriano de Souza (BRA) 18.44 def. Jordy Smith (ZAF) 18.40

RIP CURL PRO BELLS BEACH クオーターファイナル公式結果:

QF 1: Taj Burrow (AUS) 15.50 def. Kai Otton (AUS) 14.50
QF 2: Nat Young (USA) 17.27 def. Willian Cardoso (BRA) 14.83
QF 3: Adriano de Souza (BRA) 14.33 def. Mick Fanning (AUS) 13.76
QF 4: Jordy Smith (ZAF) 16.77 def. Filipe Toledo (BRA) 13.20

Rip Curl Pro Bells Beachを終えてのASP WCT TOP 5 :

1. Kelly Slater (USA) 11,750 pts
2. Mick Fanning (AUS) 11,700 pts
2. Taj Burrow (AUS) 11,700 pts
4. Adriano de Souza (BRA) 10,500 pts
5. Joel Parkinson (AUS) 9,750 pts
5. Nat Young (USA) 9,750 pts

Rip Curl Pro is presented by FORDは下記スポンサー各位に感謝すると共に提供されました:

・Victorian Government
・Momentum Energy
・mophie
・Tooheys Extra Dry
・Jim Beam
・Skullcandy
・Red Bull
・Telstra
・Surf Coast Shire
・Surfing Life Magazine
・Fuel TV
・Ozmosis
・Nova
・CO2 Australia
・Coastalwatch Plus
・Surfing Victoria


Tags: , , , , , ,

Category: All ASP News, ASP World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple