2013 ASP World Junior Championshipsに出場するサーファーを選抜。

2013 ASP World Junior Championshipsに出場するサーファーを選抜。

2013年のWJC日本代表に選ばれた選手、及びSRJのジュニア選手他

神奈川、日本
(2013年 9月 5日、木曜日)

2013メンズ、そしてウィメンズの世界プロジュニアチャンピオンシップとなるFloripa / SC ASP World Junior Championshipsが10月末から開催される。

ASP世界7地域とは、オセアニア、アフリカ、ハワイ、ヨーロッパ、日本、北米、そして南米によって構成されており、それぞれの地域はリージョン・シリーズを行い今期も1戦だけとなるためにASP世界チャンピオンシップが開催されるブラジルに向けて戦う代表サーファー達を選抜している。

ASP Japanでは、今シーズン1戦となった選抜戦の「Go Pro Junior Games」でベスト4に勝ち上がった選手から優先的に選抜選手が決定しこの時点で、1.仲村拓久未、2.大原洋人、新井洋人の3名が決定している。残りの2名を選別するためにASPとSRJ(サーファーズ・レプレゼンティブ・ジャパン)との協議によって2013年のワールドカレントランキングの上位からカウントダウンした20歳以下の選手を優先して選抜する事を決定している。

この決定では9月2日現在でのワールドツアーランキングが仕切りの期限とし、その気になる順位は、132位大原洋人、161位加藤嵐、171位新井洋人、172位村上舜、181位仲村拓久未、212位稲葉玲王、227位渡辺寛という順番になる。順当に上位から2名を選ぶと、加藤嵐と村上舜となる。

しかし9月2日時点で村上舜が11月のワールドジュニアと同じスケジュールにハワイ・サンセットビーチで開催される4スターイベントを選択し、2014年の1月に同じくハワイのパイプラインで開催される5スターへの出場権を得るための選択をした。結果この時点で村上がWJCへの出場権を辞退したので次の候補選手となる、稲葉玲王に選択権が回ってきたという事になる。16歳の村上の選択は将来を見据えた自己啓発ともいえる思い切った目標で2年後3年後がとても楽しみなジュニアでもある。

WJCウィメンズの方は2名の枠があり先日行われた「Go Pro Junior Games」の勝者1名とワールドツアーランキング最上位1名がこの選抜に選ばれる権利があり、「Go pro Junior Games」の勝者となった高橋みなと、そして9月2日現在のウィメンズワールドランキング56位で20歳以下トップの野呂玲花が最有力なポジションとなる。

ちなみにウィメンズのその他のランキングは61位に武知美波、62位に北澤りな、と続く。海外のWQSに参戦をこころみ各々のレベルの向上に励む日本のジュニアの今後の活躍に十分な期待と誇りを持ち10月末から11月にかけてブラジルで行われるワールド・ジュニア・チャンピオンシップを応援したいと思います。

メンズワールドランキングは、下記URLをクリック。
http://www.aspworldtour.com/rankings/asp-mens-world-ranking/

ウィメンズワールドランキングは下記URLをクリック。
http://www.aspworldtour.com/rankings/asp-womens-world-ranking/

右下の「Search」に「JPN」を入力すると日本人選手の総合ランキングが一覧する事が出来ます。

2013 Floripa / SC ASP World Junior
Joaquina Beach, Florianopolis, Brazil
Men’s Oct 29 – Nov 5, 2013 Prize $100,000
Women’s Oct 27 – Nov 3, 2013 Prize $30,000


Tags: , , , , , , , , , , ,

Category: All WSL News, WSL Japan GM News, WSL Junior News

About General Manager: View author profile.

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple