ASP PRIME Cascais Billabong Proの優勝はジャドソン・アンドレ。

件のコメント 2013年10月28日 |
ASP PRIME Cascais Billabong Proの優勝はジャドソン・アンドレ。

Cascais Billabong Pro優勝して ASP World Ranking15位につけたジャドソン・アンドレ(ブラジル)。

ポルトガル、カスカイス、プライア・デ・カルカベロス
(2013年 10月26日、土曜日)

プライア・デ・カルカベロスのクリーンな3から4フィート(1から1.5メーター)のコンディションの中で開催されたASP Prime Cascais Billabong Proのファイナルにて対戦相手のコナー・コフィン(アメリカ合衆国)に圧勝して優勝したのがジャドソン・アンドレ(ブラジル)となった。

今日はモッチェ・シリーズ最終戦のフィナーレとなり、Cascais Trophy の勝者となったアダム・メイリング(オーストラリア)は副賞の賞金US$50,000を受け取った。そしてヨーロッパ・シリーズの最終戦となり、2013 ASP European Championに輝いたのはジェレミー・フローレス(フランス)となった。

ファイナル開始直後から猛スパートを切ったジャドソン・アンドレ(ブラジル)は、最後に勝利を決定的としたのは、超距離の長いフロントサイドのバレル・ライドを決め、スコアもパーフェクト10を獲得した。

「ポルトガルは、自分にとって特別な場所なので、特に嬉しいです」とアンドレは語った。「過去2009年にここでエリートツアーにクオリファイを決めた時は、ISA の世界チャンピオンでした。その時もアゾレス終了後にクオリファイをほぼ確定した時と似ていて今回もイベント前は上位入賞が必須でした。今回の優勝は特に意味の高い優勝です。多くのトレーニングを積みました、多くのサーフボードのテストを繰り返しました。その努力の結果が今回の優勝です」

過去3シーズンWCT で戦った経験を持つアンドレは再び今日の優勝の結果来年のエリートツアーに再びカムバックをほぼ優位な状況とした。クオリファイを確定する為には、ハワイ・シリーズでの上位入賞が鍵となる。

「言葉以上に本心で喜んでいます」とアンドレは語った。「まだハワイで2戦を残します。かなり優位な状況となった事は確ですが、まだ安心は出来ません。ハワイに行っても精一杯頑張ります。今シーズンの序盤にたてた目標はハワイ前にある程度優位な状況を作る事でした」

多くの強豪を次々と破り、後一歩でCascais Billabong Proでパーフェクト・ランを逃したのは、コナー・コフィン(アメリカ合衆国)である。豪富な革新的な技のバラエティーとバレルの高いテクニックを終始披露して多くの高いスコアメイクに成功していた。

「最高の気分です、クオーターファイナルに進出した時点で喜びが一杯でした」とコフィンは語った。「セミファイナルで高いスコアメイクにしてファイナルに進出した時はまるで優勝したかのように信じられませんでした。アンドレ選手優勝おめでとうございます。当然、優勝を逃して悔しいです。ダークホースでもありました。今回で大きな自信が付きました。キャリア通してベストの成績です」

現在ASP Internationalジュニアシリーズのトップ・サーファーの1人のコフィンは今回ASPメジャーイベントで初のファイナルに進出が実現して貴重な経験を積んだ。コフィンは今シーズンプライム・シリーズを2戦残してASP世界ランキングも36位につけている。

「正直に今年の結果は目標を上回る想像以上です。まだ世界ランキングの事は必要以上に意識していません」とコフィンは語った。「とはいえ、シーズン最後まで自分のサーフィン向上の為に最大限頑張ります。仮にもう1つ上位入賞が実現してWCTにクオリファイしたら夢のようです」

凄いエアリアル系のマニューバーに成功を含めてイベント通して高いスコアメイクに成功していたのが、カルロス・ムニオス(コスタリカ)である。セミファイナル進出したムニオスは、コラプト・フリップに成功してエクセレントな9.57ポイントに成功してミッチ・クルーズ(オーストラリア)に勝利した。

「風が変わるを確認しました。自分は多くのエアリアルのトレーニングを積みました」とムニオスは語った。「大物に勝利するには自分の最高のパフォーマンスが要求されます。悔いを残したくはありませんでした。エアリアルが成功して本当に嬉しいです。信じられません!」

ムニオスは、終盤コフィンに逆転を許してASP Prime Cascais Billabong Proを同率3位入賞で終えた。これは生涯ベストの成績で世界ランキングも45位につけている。

「あれほどのクロースヒートで敗れると悔しいですが、最高の成績です」とムニオスは語った。「サーフィンもコンペも大好きです。その事が一番大事です。生涯ベストの成績です。世界最高峰のサーファー達と戦った結果です。コスタリカには沢山のサーファー達がいて、朝早く起きてウェブキャストを見て自分を応援してくれます。地元のサーフィンの発展の為に地元の存在をもっと紹介する事にもっと努力したいです」

ヒート毎に弾みをつけて、今日クリーンなバレルをメイクしてエクセレントな9.10ポイントに成功してアダム・メイリング(オーストラリア)に勝利したのは現在世界ランキング18位のジェレミー・フローレス(フランス)だ。

「運が良く良い波を掴む事が出来ました」とフローレスは語った。「あの凄いグーフィーの波が来ると単純に良いターンをするように努力して極力高いスコアを狙いました。自分の目ではメイリングが今回のイベントで最もインフォームでした。簡単に8点、9点にに成功していたので、今回はマークする必要が強かったのです」

そんな好調フローレスもセミファイナルではアンドレに敗れた。同率3位入賞したフローレスは2013 ASP European Titleにライバルだった、ジョナサン・ゴンザレス(スペイン)がクオーターファイナルで敗れた時点で確定した。

「タイトル争いの為に今回のイベントに参戦した訳ではありません。ヨーロッパのサーファーは全員が今シーズンは最高に頑張りました」とフローレスは語った。「もっと多くのヨーロッパ出身のサーファーがエリートツアーに居てもおかしくありません。皆のレベルは凄いです!今回の優勝はつい最近他界した自分の祖父に捧げます」

アゾレスで今年の夏開催されたASP Primeイベントで準優勝したアダム・メイリング(オーストラリア)がモッチェ・シリーズの総合チャンピオンに決定した。左記シリーズはトリプル・クラウンに似た形式でポルトガル・シリーズチャンピオンはUS$50,000の副賞を獲得する。

「最高の気分です」とメイリングは語った。「来年結婚しますので今回の結果に婚約者は喜んでくれると思います。過去からポルトガルでは良い結果が残り今回のトロフィーは嬉しいです。波も最高でした。常に結構パワフルなコンディションが続きました」

ポルトガルのパーフェクトな波を味わったメイリングは今日イベント最初のパーフェクト10に成功している。

「朝一番の緊張した中で特に期待していました」とメイリングは語った。「あの良い波を見た瞬間凄いと確信しました。間違いなくチューブとなる事は分かっていました。更に結果もパーフェクト10で言う事がありません」

ASP Prime Cascais Billabong Proについての詳細は下記公式サイトを参照願います:

http://aspeurope.com/cascais

Cascais Billabong Proは下記主要スポンサーを含むスポンサー各位に感謝すると共に提供されました:

・Cascais City Council
・Billabong
・Turismo de Portugal
・Moche
・EDP
・Buondi
・Allianz
・Jogos
・Mini
・Brisa
・Hertz
・Comboios de Portugal
・TakeOFF
・RTP
・Surf Portugal
・Cidade FM
・FuelTV
・Go-S.TV
・Jornal i
・Surf Onfire
・ Magicseaweed
・Surf Europe
・BeachCam

CASCAIS BILLABONG PRO FINAL RESULTS:
1 – Jadson Andre (BRA) 16.50
2 – Conner Coffin (USA) 7.10

CASCAIS BILLABONG PRO SEMI-FINAL RESULTS:
SF 1: Conner Coffin (USA) 13.34 def. Carlos Munoz (CRI) 13.20
SF 2: Jadson Andre (BRA) 14.14 def. Jeremy Flores (FRA) 9.44

CASCAIS BILLABONG PRO QUARTER-FINAL RESULTS:
QF 1: Carlos Munoz (CRI) 16.57 def. Mitch Crews (AUS) 8.23
QF 2: Conner Coffin (USA) 14.43 def. Jonathan Gonzalez (CNY) 13.66
QF 3: Jadson Andre (BRA) 13.67 def. Granger Larsen (HAW) 8.44
QF 4: Jeremy Flores (FRA) 16.43 def. Adam Melling (AUS) 11.50

CASCAIS BILLABONG PRO ROUND OF 16 RESULTS:
Heat 1: Carlos Munoz (CRI) 15.17 def. Bede Durbidge (AUS) 6.00
Heat 2: Mitch Crews (AUS) 12.76 def. Gabriel Medina (BRA) 12.20
Heat 3: Jonathan Gonzalez (CNY) 10.67 def. Maxime Huscenot (FRA) 9.10
Heat 4: Conner Coffin (USA) 16.40 def. C.J Hobgood (USA) 14.94
Heat 5: Jadson Andre (BRA) 12.57 def. Wade Carmichael (AUS) 9.70
Heat 6: Granger Larsen (HAW) 14.17 def. Kiron Jabour (HAW) 9.83
Heat 7: Adam Melling (AUS) 16.67 def. Krystian Kymerson (BRA) 9.26
Heat 8: Jeremy Flores (FRA) 14.30 def. Travis Logie (ZAF) 12.24

ツアーに関して更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/

http://www.aspjapantour.com/


Tags: , , , , , , , , ,

Category: All ASP News, ASP Prime News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple