Volcom Pipe Proはケリー・スレーターの優勝で幕を閉じる

件のコメント 2014年2月8日 |

Volcom Pipe Proはケリー・スレーターの優勝で幕を閉じるハワイ、オアフ島、バンザイ・パイプライン
(2014年 2月5日、水曜日)

エピックなトリプル・オーバーヘッドのバレル・コンディションの中で開催されたVolcom Pipe Proのファイナルヒートで一本目のライディングから圧倒的なパフォーマンスを披露した過去11度のASPメンズ世界チャンピオンに輝いたケリー・スレーター(アメリカ合衆国)がイベント優勝を果たした。スレーターにとって今回の優勝はAssociation of Surfing Professionals (ASP) tour通算66勝目となり、更に Banzai PipelineでのASPイベント8勝目となった。来週の火曜日満42歳となる、スレーターは今シーズンがASPツアーに参戦して24年目の年となった。

Volcom Pipe Proは、賞金総額$130,000を誇る、Association of Surfing Professionals (ASP) 5-Star Qualifying Series (QS)イベントです。

ファイナルの終盤、猛チャージを仕掛けて準優勝したウィゴリー・ダンタス(ブラジル)。更に3位にはメイソン・ホー(ハワイ)、そして4位がエイドリアーノ・デスーザ(ブラジル)とった。

優勝したスレーターはパーフェクト10を含む(10, 9.83, 9.77, 9.73 そして9.53)と、イベント通してのトップ10のスコアの内5本を独占している。更に今朝開催されたラウンドオブ32では、イベント通して最も高いヒートハイスコアとなる19.77ポイントに成功している。帝王スレーターはパイプラインを30分間の間、数名で独占出来るコンペティターならではの特典を十分にエンジョイして最上の演技を披露した。

12月からステップアップさせたスレーターの演技は、複数のハンズ・フリー・レイト・ドロップそして最上のボトム・ターンをしながらバレルを次々とメイクした。スレーターは常に進化を続けている。

「生涯でベストのパイプラインの1つでした」とスレーターは語った。「今朝は怖い程、凄いコンディションでした。ダブル・アップする新しいウネリで本当に最高でした」

「ぎりぎりでメイクした波も幾つかありました。しかし、十分高い演技を引き出す事は可能でした。重要なのは、高いコミットメントです。それを出来るかが鍵でした」

パイプラインでの過去の経験について更にスレーターは語った:「12歳の時の事を思い出します。1984年にジョイー・ブランがパイプラインで優勝した次の朝会いました。当時を振り返ると……. 最初に見た波が完璧なバレルで凄い印象に残っています。これでパイプラインのとりこになり、今も同じです。チャレンジは終わりません。今日も凄いコンディションの中で十分勉強をさせてもらいました」

今朝スレーターに次いで2位が目標だと語っていたメイソン・ホー(ハワイ)は、一時逆転の可能性もあったが、スレーターのバックドアでの一本目の演技がエクセレントな9.53ポイントの演技に対して、ホーも7.7で反撃した。更に終盤逆転に必要な良質の波を待っていたが、今日のバックドアは彼の味方をしてくれなかった。

一方、終盤の5分で難易度の高い2本のバレルをメイクしたウィゴリー・ダンタスは逆転で2位に浮上した。今日好調だったダンタスはファイナルでエクセレントな8.27ポイントに成功している。

今日の序盤は絶好調だったエイドリアーノ・デスーザは、ファイナルでその調子を維持する事は出来ないまま、スコアも10.7ポイント止まりでイベントを4位で終えた。終盤ようやく2本のライディングをしたが、最後まで本調子は出なかった。

好調だった2人のオーストラリア人のミッチェル・コレボーン(オーストラリア)が7位、そしてブレント・ドリントン(オーストラリア)が9位となった。

もし特別賞の設定があったら、ドリントンが対象者となっていたはずで、最もエキサイティングな演技と共に凄いワイプアウトも印象的となった。

今年こそ、ASP World Championship Tour (WCT) へのクオリファイを目指すコレボーンはVolcom Pipe Proでのパイプラインでの貴重な実践練習をこなしたが、セミファイナルでスレーターに敗れた。

「間違いなくパイプラインでの貴重な経験でした」とコレボーンは語った。「当然いつかはPipe Mastersに出場するのが目標です。今年はWCTのinjury replacementの身分からその可能性もあるので、常に備えています」

「ケリー・スレーターにセミファイナルで対戦して彼の作戦にはまりました。間違いは間違いです。後はバレルライドの完成度です」

2年連続で Volcom Pipe Proファイナル進出を狙ったオロマナ・エレオグラム(ハワイ)はラウンドオブ32で、今日一番高いスコアメイクに成功していた。クオーターファイナルで悲劇が起こり、バレルのリップに完璧にやられた。サーフボードに足が当たり、足を骨折したしまった。Hawaiian Water Patrolに救出され、病院に搬送された。

ハワイ出身のコンペティター達にとってVolcom Pipe Pro特別な意味を持つ。それはこのイベントが公式なPipe Masters Qualifierイベントであるからだ。ハワイ・ブランチ所属のVolcom Pipe Pro でトップ8名のサーファーが12月に開催される、2014 Pipe Mastersにローカル・シード・ワイルドカードとして出場出来る。2014 Pipe Mastersは毎年12月にTriple Crown seriesそしてASP World Tourの最終戦として開催される。

2014 Volcom Pipe Pro に関しての詳細は下記公式サイトを参照願います:

http://www.volcompipepro.com/

2014 Volcom Pipe Proは公式ウェブサイトではHDのライブ動画を始め結果のアップデート、選手のプロフィール、ニュース、静止画を含む豊富なコンテンツが盛りだくさんである。

Volcomは New Future commitmentとSustainable Coastlines Hawaiiとのパートナーシップにより Deep Blue Surf Event ? guidelinesに沿って開催される。左記ガイドラインはSustainable Surf そしてASP North Americaが作成したサーフィン・イベントでのより環境にやさしい取り組みである。詳しくは Volcom Pipe Pro websiteのNew Future tab を参照ください。

ツアーに関して更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/

http://www.aspjapantour.com/


Tags: , , ,

Category: All ASP News, ASP Star News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple