『2014 Taiwan Open of Surfing』Day 2、スウェルアップするコンディションにおいてビッグスコアの数々が記録!

件のコメント 2014年11月15日 |

0f61cb8e2a9d0b7757c8199acfb7dd43

『2014 Taiwan Open of Surfing』
台湾台東県
(2014年 11月13日・木曜日)

『2014 Taiwan Open Of Surfing』Hosted by Taitung County Government は、きょうイベント2日目を迎え、5~6フィートまでアップするソリッドなコンディションの中、ASP Women’s Longboard Tour(LT) Round 1、Men’s Qualifying Series(QS) 1-Star、Men’s Longboard Tour(LT)それぞれのRound 2を開催。

サイズ・コンディションとも上向く中、すべてのディビジョンの選手に共通する結果は、パワフルなサーフィンに高いスコアが記録される傾向だった。

そんな中、Men’s QS ディビジョンでは、パワフルなスナップとカーヴィングを武器に、イベント第1シードにクレジットされた「松下諒大(日本)」は、素晴らしい数々の演技を魅せてトップでラウンドアップ。松下は、次のRound 2において「ニョマン・チックワ(インドネシア)」、「和光大(日本)」、「ジョーダン・ローラー(オーストラリア)」たちと対戦する。

「サイズのあるコンディションでのサーフィンは大好きなので、きょうサイズアップする台湾で勝利できて嬉しいです。」と松下は語った。「早朝から終始波のモニタリングを続けてきて、より優れた戦略通りになるよう波の選択を考えていた結果、きょうはレフトブレイクに的を絞りました。初めての台湾です。天候は最高で、しかも暖かいうえに食事も最高です!」

今回、パスポートにまつわる関係でイベント参加に苦労した「ジョーダン・ローヤー(オーストラリア)」は、台湾に着いた直後に一旦帰国するアクシデントに見舞われた。ローヤーは、きょうの朝に再び台湾へと入国したものの、その苦労の影響を感じさせない素晴らしい演技を魅せた。

「必要以上に長い遠征となってしまいましたが、きょうのヒートをトップで勝利することができて苦労は報われました。」とローヤーは語った。「トリッキーなコンディションでしたが、本当にファンウェーブでした。自分は良い波に恵まれ、ライト・レフトともに演技を楽しみながら勝利することができました。台湾は初めてです。過去日本には行ったことがありますが、日本と台湾はそっくりで、初日のすでに台湾が大好きになりました!」

Reigning Taiwan Open of Surfing champion Jun Shiiba (JPN) picking up where he left off last year.

Reigning Taiwan Open of Surfing champion Jun Shiiba (JPN) picking up where he left off last year.

先月、インドネシア・バリ島の「クラマス」にて開催された「Komune Bali Pro」の覇者である「デデ・スリヤーナ(インドネシア)」は、好調な弾みに乗ったまま「ASP QSポイント」のみならず、「Asian Surfing Championship(ASC)」のポイントゲットを目指しており、きょうのRound 2をトップで通過すると同時に、「ASCチャンピオン」のタイトルに向けて一歩近づいた。

「勝利出来て本当に嬉しいです!」とスリヤーナは語った。「台湾は4度目ですが、今回のコンディションはサイズが最も大きく、よりさまざまな方向からの広いアプローチの戦略が必要となりそうで、地元のコンディションとはまったく異なった性質もあります。先月のクラマスでは好成績で終えることができましたが、より上を目指してがんばります。このイベントにおいてクオーターファイナルへと進出できれば「2014 ASCチャンピオン」のタイトル手にできます!」

きょう多くの地元台湾の選手が登場する中、台湾人のサーファーとして唯一Round 3へと勝ち上がったのは「ユー・ハオ・ヤン(台湾)。ヤンは、台湾のサーファーのレベルアップのために、さまざまなコンディションにおいてインターナショナルサーファーたちと対戦して学び、このイベントは自分の力を試す場だけではなく、すべての台湾人にとって貴重なイベントであることの重要性を理解している。

「楽しむ事もできましたが、難しさも学びました。」とヤンは語った。「自分は、最大限に努力してがんばりました。このようなコンディションでは、我々台湾人はまだ経験が少なくて難しい面が多いのです。他のインターナショナルサーファーたちの演技を見て、自分も多くのことを学びました。次のラウンドではさらに緊張しそうですが、それと同時に楽しみでもあります。数年前まではこのような舞台はなく、台湾にとって本当に重要なイベントです。我々台湾人は、この貴重な機会で学びながらよりレベルアップに努めたいと考えます。」

The day dawned to reveal pumping peaks.

The day dawned to reveal pumping peaks.

『Taiwan Open of Surfing』Men’s QSディビジョンのディフェンディングチャンピオンである「椎葉 順(日本)」は、「タイラー・ハンセン(アメリカ合衆国)」に次いで2位でラウンドアップ。椎葉は、昨年チャンピオンとなったときのように、彼の最大の武器であるエアリアル系の演技を披露しやすいコンディションとなるよう願っている。

「自分は、単純に最大限に努力してがんばった結果、運が良くてラウンドアップすることができました。」と椎葉は語った。
「今年は、もちろんディフェンディングチャンピオンとしてのプレッシャーはあります。とくに、きょうのようなコンディションにおいてハンセン(タイラー)は強敵なので、さらにプレッシャーが増してます。今後は、自分の優位となるエアリアルに適したコンディションになることを願います。もちろんタイトル防衛を目指しますが、それと同時にイベントをより楽しみたいと考えています。」

きょう椎葉を上回り、トップでラウンドアップした「タイラー・ハンセン(アメリカ合衆国)」は、Men’s LTのRound 2において再び登場うると、エクセレントな9.00ポイントをスコアしつつバックアップもしっかりと決め、ヒートトータルスコアを15.75ポイントに伸ばして勝ち上がった。

「きょう2つのディビジョンでのヒートを勝ち上がり、本当に嬉しいです。」とハンセンは語った。「ロングボードのディビジョンでは、レフトの波で手応えのある演技ができました。World Championshipsを意識してレフトの波に的を絞りましたが、きょうは明らかにレフトにクリーンなフェイスが伸びていました。今後は、ロングボードのディビジョンではレフト、そしてショートボードのディビジョンではライトの波に的を絞りたいと考えています。それは、風の影響を考慮しつつより高いスコアメイクメイクが可能と分析しているからです。」

Two-time ASP World Longboard Champion Taylor Jensen (USA) shreds on a shortboard too.

Two-time ASP World Longboard Champion Taylor Jensen (USA) shreds on a shortboard too.

ハンセン同様に、きょうMen’s QSディビジョン、Men’s LTディビジョンのダブルエントリーに勝利したのは「ニック・ジョーンズ(オーストラリア)」。ジョーンズは、サイズアップするコンディションの中、よりパワフルな演技に冴えを魅せていた。ジョーンズのショートボードでの演技も必見だが、本人いわくロングボードに重点を置いているようだ。

「きょう2勝できて嬉しいです。」とジョーンズは語った。「2つのディビジョンでの戦いはタフですが、苦労が報われ嬉しいです。ショートボードではライトの波を意識した一方、ロングボードではレフトの波に的を絞りました。もちろんショートボードでも勝ちたいですが、ロングボードの方での勝利をより意識しています。なぜならば、優勝すれば「ASP Australasia LQSチャンピオン」のタイトルを手にすることができそうで、それと同時にFinalへと進出すれば「World Longboard Championships(WLC)」クオリファイもより確かなものになります。毎年このイベントは規模が大きくなり、すごく楽しみにしています!」

Women’s LTディビジョンのRound 1において、きょう最も高いスコアをメイクしたのは「成功したのは「チェルシア・ウィリアムズ(オーストラリア)」。ウィリアムズは、スムーズかつクラシックなターンと、自分自身が優位になる波の選択によって勝利し、クオーターファイナルへと進出。

「見た目よりもライトのフェイスはバンピーで、かなりトリッキーなコンディションでしたが、運が良く高いスコアメイクに成功できました。」とウィリアムズは語った。「まず1本良い波をつかむことに集中して、その後さらにもう1本とバックアップウェーブをしっかりとつかむこと心がけて勝利することができて嬉しいです。今回のイベントは、もちろん12月に中国・海南島において開催されるWLCを意識してのイベントです。台湾は大好きな地です。昨年に続いてのエントリーですが、素晴らしいサーフポイントだけでなく、山や大自然などすべての面において最高です!」

※『2014 Taiwan Open Of Surfing』は、11月11日~11月17日までのウェイティングピリオド(開催期間)で開催します。

※イベントについての詳細は、下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/events/2014/mqs/1026/taiwan-open-of-surfing

※ツアーに関して更に詳しい情報は下記サイトを参照願います:

http://www.aspworldtour.com/

http://www.aspjapantour.com/


Tags: , , ,

Category: All ASP News, ASP Star News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple