WSL Women’sスター・ルーキー・インタビュー:『ジョアンナ・デフェイ(フランス)』

件のコメント 2015年1月14日 |

ヨーロッパ(カップブルトン・フランス):

「レユニオン島」出身のヤングジュニアサーファーである『ジョアンナ・デフェイ(フランス)』は、2013シーズンにおけるリージョナルの「Junior Series」と、世界ツアーでの「Qualification Series(QS)」を支配し、その1年後に見事「Women’s World Championship Tour」にクオリファイを果たしてヨーロッパ中を驚かせた。

そして2014シーズン、WCTエリートサーファーのルーキーとして登場した21歳のフレンチリッパーであるデフェイは、世界中において最もエキゾチックな場所のいくつかにおいて世界最高のサーファーたちと肩を並べて戦い、素晴らしい活躍を魅せて世界8位の成績でシーズンを終えると、エリートツアーのファーストシーズンにおいて「ルーキーオブザイヤー」を獲得。

d64491043db602b14f7fd94a79f7510b

2014シーズン最終戦となったハワイ・オアフ島での「Target Maui Pro」を終えた数日後、デフェイは自身のファーストシーズンについてと、彼女の印象的なシーズンについて語った。

「World Surf League(WSL)」:
ジョアンナ(デフェイ)、WCTトップ17での素晴らしいルーキーイヤーをおめでとう! それでは見事にエリートツアーへクオリファイを果たした2014シーズンの最初に戻ってみましょうか。

「ジョアンナ・デフェイ(以下JD)
ハイ! それはとても予想外の出来事でした! わたしは、U-20(20歳以下のJunior Series)の最後のシーズンに向けて、ヨーロッパでのJunior Seriesだけに焦点を当てていました。もちろん常にChampionship Tour(CT)へのクオリファイは念頭にありますが、それはもっと長期的な目標でした。しかし、昨シーズンの夏、ヨーロッパタイトルとともにその長期的に考えていた目標は目の前まで来ました。2013シーズンには多くのイベントがなかったのですが、CTへクオリファイするための2つの大きなアドバンテージ(結果)がありました。

WSL:
最初のいくつかのイベントではタフな状況が続きましたが、メジャーリーグツアーへの適応をどのように考えていましたか?

JD:
わたしは、世界最高峰のガールズたちの中に自分自身を見つけて、例えばステファニー・ギルモアの次にわたしのロッカーがあるのを見て、ジュニアサーファーとしてただ感動し、そして圧倒されました。CTで戦って行くには、すべてにおいて急速にスキルアップする必要がありました。それは、本当にタフなネクストレベルの次元であり、わたしは苦労しながら実現することができました。最も重要なことは、他のガールズサーファーたちがやっていることが必ずしも自分に当てはまることではなく、自分自身にとって良い方法を見つけ出す必要が大切だと感じます。そして、わたしは明らかにまだ学んでいる途中です。

WSL:
それから、フィジーでの出来事が起こり、あなたはQuarter-Finalsをメイクしました。

JD:
わたしは、自分のサーフィンを信じてイベントを楽しみました。フィジーの波は素晴らしく、島でのボートに乗ってポイントまで行くサーフィンは信じられないほどクールな出来事でした。

WSL:
あなたは本当にステップアップしながら一貫性を発見しましたね。あなたはそれらの素晴らしい結果を生むために、どのような調整をしてきたのですか?

JD:
わたしは自分にとって良いリズムを見つけました。わたしのコーチである「ジョエル・ハウス」、「サイモン・パイラード」、「ニコラス・コラーディ」、そして「ヤン・マーティン」は、わたしをサポートしながらプッシュし続けてくれて、本当に助けてくれました。確信の持てないとき、サポートなくしては何もできません。わたしの周りには、そのようなときにサポートしてくれる素晴らしい人々がいます。いま、その結果が報われ始めました。

WSL:
あなたにとって、最初のシーズンで最も感謝する(良い)思い出は何ですか?

JD:
良い思い出には良い結果がついてきますね! わたしは、自分のホーム(フランス)でのサーフィンが大好きです。ワールドツアーは本当にタフで厳しく、その環境の中においてアップとダウンの浮き沈みを共有することはすごく怖い。だけど、それと同時にすごく興奮できた素晴らしいシーズンでした。そして、長いツアーを終えて久しぶりに家に帰ることも、本当に素晴らしいことだと感じています。

WSL:
2015シーズンは、残念なことにツアー唯一のヨーロッパ人サーファーとなります。あなたは同じヨーロッパ人サーファーのクオリファイキャンペーンに向けてどのようなことを示し、またはどのようなことをアドバイスしたいですか?

JD:
わたしはアドバイスできるような立場ではありませんよ。みなそれぞれ異なった考え方ややり方で目標へ向けて進むと思います。わたしは、自分自身の多くの困難に立ち向かい、回りからのサポートを受けながら自分の道に沿って進みました。

WSL:
あなたはメインスポンサーなしでシーズンを乗切りました。あなたの今シーズンの結果は、新たなメインスポンサーを引きつけるアピールになりますか?

JD:
そうなることを願っています!

WSL:
新たな2015シーズンの初戦まで、あなたはどのような時間を過ごしますか?

JD:
クリスマスから新年のお正月まで、レユニオン島の実家で過ごします。そして、来年早々サーフトリップに出かけられることを願っています。1月はできるだけサーフィンしたいですね!

※WSLツアーについてのさらなる詳しい詳細については、WSLインターナショナルページからご参照願います。

http://www.worldsurfleague.com/

※WSLインターナショナル日本語訳記事と、WSLジャパンツアーについてのさらなる詳しい詳細については、「WSL Japan Regional」ページからご参照願います。

http://www.wsljapantour.com/


Tags: , , , , ,

Category: All WSL News, WSL World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple