WSL Women’s QS 6,000『Samsung Galaxy Hainan Pro』は、ベスト8が決定!

件のコメント 2015年1月19日 |

9615271767794036e2b033279218839d

World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS) 6,000『Samsung Galaxy Hainan Pro』Presented by Wanning:
2015年1月18日(日曜日):

72名に及ぶ世界最高峰のWomen’sアスリートサーファーによってスタートしたハイグレード・イベントWSL Women’s QS 6,000『Samsung Galaxy Hainan Pro』Presented by Wanningは、きょうベスト8にまで絞られてQuarterfinalistsが決定。今シーズン最初のイベントである貴重なQS 6,000世界ランキングポイントを争うために、アスリートたちはパンピングする「リユー・ベイ」のロング・レフトブレイクに素晴しいレール・トラックを刻んだ。

Bronte Macaulay (AUS) scored the first 10-point-ride of the Samsung Galaxy Hainan Pro

Bronte Macaulay (AUS) scored the first 10-point-ride of the Samsung Galaxy Hainan Pro

「ブロンテ・マコーレイ(オーストラリア)」は、洗練された素晴しいスタイル溢れる演技を魅せると、イベント最初のパーフェクト10ポイントをスコア。彼女の父は、世界第2位にまで登り詰めたレジェンド・レフトハンダーである「デイブ・マコーレイ」。父デイブは、自身の長いツアーの中においてもパーフェクト10ポイントを記録したことがなく、きょう娘であるブロンテが記録したイベント初のパーフェクトスコアについて、「とても誇りに思っている。」とコメント。

「わたしたちは、コンテストのためにこんな素晴しい波を待っていななんて信じられません!」と、マコーレイは語った。「あまりの波の良さに、コンペティションを忘れて楽しみました。10ポイントをスコアできたことは最高に嬉しいですし、あすのファイナルデーに進めて興奮しています。」

Ellie-Jean Coffey sldin

Ellie-Jean Coffey sldin

「エリー・ジーン・コフィ(オーストラリア)」は、スピードあるフォアハンド・サーフィンで激しく攻めてパーフェクトに近いスコアを記録すると、彼女の意志を今シーズンの『Samsung Galaxy Hainan Pro』において明確にアピール。今シーズンの彼女の焦点は、2016シーズンの「Championship Tour(CT)」クオリファイである。

「ここまでの結果は、今シーズンの素晴しいスタートです!」と、コフィーは語った。「ここのレフトブレイクは本当に理想的で、レフトハンダーであるわたしにとって最高に合っていると感じます。わたしの焦点は、来シーズンのCTクオリファイであり、ここまでの結果でも素晴しいスタートです。わたしは中国が大好きで、あまりの最高の波で驚いています。」

Justine Dupont eyeing the next section.

Justine Dupont eyeing the next section.

「ジャスティン・デュポン(フランス)」は、このイベントのトリップ中に大きな災難にあった。彼女の荷物と大切なサーフボードは中国へと届かず、借り物のサーフボードによってヒートを戦うことになった。しかし、そんな厳しい状況を見事に乗り越えてQuarter-finalsへと進出。

「わたしは本当にハッピーです。荷物とサーフボードが届かない災難に見舞われましたが、友人たちがサーフボードとウェットスーツを貸してくれて、そしてQuarter-finalsの席に座れた。わたしはいま本当に感謝しています。

Tatiana Weston-Webb (HAW) will be one to watch one Finals day

Tatiana Weston-Webb (HAW) will be one to watch one Finals day

「タティアナ・ウェストン・ウェッブ(ハワイ)」は、いま世界で最もエキサイティングなヤングジェネレーション・サーファーであり、彼女の初めてとなるCTルーキーイヤーの準備のためにQuarter-finalsを戦います。

「わたしは、あすのファイナルデーを楽しみにしています。きょうの波は最高で、あすも素晴しいコンディションで戦えることに興奮しています。」と、ウェストン・ウェッブは語った。「わたしは、ここまでヒートを戦うごとにパフォーマンスを向上させてきて、あすもキープさせてイベントの勝利を目指してがんばります!」

昨シーズンの「World Junior Championship(WJC)」チャンピオンである「前田マヒナ(ハワイ)」は、ポルトガルでの世界Juniorタイトルの勝利から、その勢いを保ったまま素晴しいサーフィンを魅せてベスト8進出を決めた。

また、日本から参戦した6名のWomen’sサーファーたちは、あすのファイナルデーを前に全員がイベントから姿を消した。日本人最高位は「大村奈央」と「野呂玲花」のRound 4進出・17位タイとなり、「武知実波」が25位タイ、「須田那月」が37位タイ、「田代凪沙」が49位タイでフィニッシュとなった。

※WSL Women’s QS 6,000『Samsung Galaxy Hainan Pro』Presented by Wanningについての詳しい詳細は、下記ホームページよりご参照願います:

http://www.worldsurfleague.com/events/2015/wqs/1187/samsung-galaxy-hainan-pro-presented-by-wanning

※WSLツアーについてのさらなる詳しい詳細については、WSLインターナショナルページからご参照願います:

http://www.worldsurfleague.com/

※WSLインターナショナル日本語訳記事と、WSLジャパンツアーについてのさらなる詳しい詳細については、「WSL Japan Regional」ページからご参照願います:

http://www.wsljapantour.com/


Tags: , , , , ,

Category: All WSL News, WSL Prime News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple