ブラジリアン・トップ・サーファー『リカルド・ドス・サントス(1990-2015)』が逝去。

件のコメント 2015年1月21日 |

News:
2015年1月19 日(月曜日):

ブラジルの「ローカル・ニュース・アウトレット」は、ブラジルの「World Surf League(WSL) Qualifying Series(QS)」トップ・サーファーである「リカルド・ドス・サントス」が、死亡したと伝えた。サントスは、現地時間の1月19日(月曜日)に3発の銃弾に倒れ、地元の「セント・ジョセフ病院」に運ばれて緊急手術を受けたものの、残念ながら24歳の若さで帰らぬ人となった。

はっきりとした事実はまだ不明ですが、サントスの同郷である「World Surf League(WSL) Championship Tour(CT)」サーファーの「フィリーペ・トリード(ブラジル)」は、「サントスが口論の後に撃たれた。」と、「Instagram」に書き込みました。

サントスは、これまでにいくつかの「CTイベント」に出場している。近年では、2013シーズン「Billabong Rio Pro」に出場し、2012シーズン「Billabong Pro Teahupo’o」の出場では、「Andy Irons Most Committed Award」を受賞している。

サントスの同郷の友人であるCTサーファーの「エイドリアーノ・デ・ソウザ(ブラジル)」と、「ミゲール・プーポ(ブラジル)」を含む数人のブラジリアン・サーファーたちは、社会的チャンネル上の事件についてのコメントを投稿しました。

WSLでは、この事件の状況について最新の情報を監視していきます。

※最新の情報(1月21日・水曜日未明):

「Surfline」の調査によると、地元の警察は2人の容疑者を逮捕。25歳になる非番の警官と、その弟となる17歳の兄弟。口論の末に、警官である兄が3発の銃弾をサントスに向けて発砲して射殺した。

※『リカルド・ドス・サントス』と彼のご遺族に対して、心からご冥福をお祈りいたします。

※WSLツアーについてのさらなる詳しい詳細については、WSLインターナショナルページからご参照願います:

http://www.worldsurfleague.com/

※WSLインターナショナル日本語訳記事と、WSLジャパンツアーについてのさらなる詳しい詳細については、「WSL Japan Regional」ページからご参照願います:

http://www.wsljapantour.com/


Tags: , , ,

Category: All WSL News, WSL World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple