WSL CT『Quiksilver Pro Gold Coast』、『Roxy Pro Gold Coast』開幕!数々のビッグ・スコアが記録!

件のコメント 2015年3月1日 |

07823a8b1e24b54e978e43f494775458

World Surf League(WSL) Championship Tour(CT):
『Quiksilver Pro Gold Coast』、『Roxy Pro Gold Coast』:
オーストラリア/ゴールド・コースト/スナッパー・ロックス:

オーストラリアの名門サーフ・ゲレンデ「スナッパー・ロックス」のクリーンな3~4フィートのコンディションにおいて、2015 Samsun Galaxy WSL CT『Quiksilver Pro Gold Coast』が開幕。世界最高峰のエリート・サーファーによる素晴しい演技が披露され、初日から数々のビッグ・スコアが記録されました。

ドラマはHeat 3に起こりました。パワフルなハワイアン・レフトハンダーである「フレディ・パターチア(ハワイ)」は、11度のMen’s世界チャンピオンに君臨する「ケリー・スレ-ター(アメリカ合衆国)」、2001シーズンMen’s世界チャンピオンである「C・J・ホブグッド」を相手に、パーフェクトなバックハンド・アタックを連打して2つのエクセレント・スコアを記録し、ヒート・トータル17.06ポイントで2名の世界チャンピオンを粉砕してRound 3へと進出。

「わたしは、新しいシーズンを迎えられたことを、ただハッピーに感じています。」と、パターチアは語りました。「我々は、オフシーズンに0からスタートして何を取り組んできたことを、ジャッジとファンに示す必要があります。そして、いくつかの良い波をゲットすると、わたしが持っているものを示すことができました。それは、素晴しい感触であり、身体的にも精神的にも強くなったと感じています。まだ初戦のRound 1ですが、シーズンの素晴しいスタートを切ることができました。

もう1人の際だったサーファーは、ハワイアン・ヤング・スターの「ジョン・ジョン・フローレンス(ハワイ)」でした。Heat 4に登場したフローレンスは、ラウンド・ハウス・カットバックを含む素晴しいレール・トゥ・レールのサーフィンを披露し、シーズン最初の9ポイントレンジ(9.07ポイント)をスコアしてRound 3へと進出。

「良い感触ですね。昨シーズンの勢いをそのままにって感じです。と、フローレンスは語りました。「わたしは、昨シーズンに多くのことを学びました。ガブリエル(メディーナ)の勝利に感動してインスピレーションを受けました。それは、我々のようなヤングジェネレーション・サーファーたちを本当にプッシュしてくれました。

CTトップ・サーファーのベテランとともに、ツアー・ルーキーは素晴しいショーを披露しました。昨シーズン、ゴールド・コーストでのCT開幕戦を「ワイルド・カード(特別枠)」で出場した「マット・バンティング(オーストラリア)」は、今シーズンは見事にCTクオリファイを果たし、エリート・サーファーの1人としてRound 1にクレジットされました。バンティングは、開幕戦の初戦において3度のMen’s世界チャンピオンに君臨する「ミック・ファニング(オーストラリア)」、イベント・トライアル勝者である「ジャック・フリーストーン(オーストラリア)」と対戦し、パワフルなフォアハンド・ハックを解き放ち、3つの素晴しいエクセレント・スコアを記録。ファニングは、ラストライドにパーフェクトに近い9.73ポイントをスコアして世界王者の実力を魅せるものの、バックアップ・スコアでバンティングに届くことはできませんでした。

「わたしは、昨シーズンQualifying Series(QS)のハイ・シードを獲得してCTへクオリファイし、いきなりミックと顔を合わせることになるとは思いませんでした。」と、バンティングは語りました。「ここでの彼とフリーストーンとのマッチアップは、間違いなくタフなヒートでしたよ。わたしは、そんな厳しいヒートを迎えてナーバスになっていましたが、ツアー・デビュー最初のヒートに勝利できて最高です。わたしは、長いシーズンの道のりを迎えるために、この場所に居られることを興奮しています。そして、うまくやれれば2~3の良い結果を残せて、また来シーズンこの場所に再び帰ってくることができます。

もう1人のツアー・ルーキーである「ウィゴリー・ダンタス(ブラジル)」は、「blow for blow(やられたらやり返す)な若き世界チャンピオンである「ガブリエル・メディーナ(ブラジル)」と、才能ある元CTトップ・ランカーのワイルド・カーダーである「デーン・レイノルズ(アメリカ合衆国)」に対して、2つのエクセレントな8ポイントレンジをスコアしてリード。しかし、メディーナは長く続くグラッシー・ウェーブを見つけると、パーフェクトに近い9.50ポイントをスコアして逆転し、世界チャンピオンの実力をみせつけました。

今シーズンCTエリート・ツアーに見事カムバックを果たした「ダスティ・ペイン(ハワイ)」は、開幕戦のオープニング・ヒートの多くの時間を使ってじっくりと波を待ったあと、フルローテーション・エアリバース、フィンズ・フリー・ハック、そして素晴しいダウン・ザ・ラインを披露してパーフェクトに近い9.67ポイントをスコアしました。

「わたしは、きょうの午前中のヒートをずっと見ていました。そして、ヒートに勝ち上がっているサーファーは必ずビッグ・セットをつかんでいました。」と、ペインは語りました。「わたしは、長い間CTのツアーに居たいと思っています。ケリーがツアーに居る限り、わたしもツアーを回りたいのです。彼は、わたしに大きなインスピレーションを与えてくれる源であり、彼のように長いツアーのキャリアを作っていきたいと思っています。

a79bc2a9486117a195f0972af1476da1

また、Men’s CT初戦の『Quiksilver Pro Gold Cost』Round 1の終了後、トリッキーなコンディションとなった午後の「スナッパー・ロックス」において、Women’s CT初戦となる『Roxy Pro Gold Coast』も開幕。経験豊富なWomen’sワールド・ベスト・サーファーたちにとっても、タフな条件での戦いとなりました。

Heat 2では、「サリー・フィッツギボンズ(オーストラリア)」と「コートニー・コンローグ(アメリカ合衆国)」が、素晴しいトップ争い(Round 3進出)のバトルを繰り広げました。フィッツギボンズは、数多くの波をキャッチしながら順調にスコアを伸ばしてリードするのに対して、コンローグは慎重に波をセレクトしました。そして、ヒート後半にかけてコンローグはエクセレントな8.70ポイントをスコアすると、フィッツギボンズを抜いてトップに躍り出ました。しかし、フィッツギボンズはラストライドにヒート・ハイエストとなるエクセレントな9.23ポイントをスコアし、土壇場において再び逆転してRound 3へと勝ち上がりました。

「わたしは、自分のアプローチに自身を持ってリラックスし、シーズン開幕戦のヒートに入ることを心がけました。」と、フィッツギボンズは語りました。「2015シーズンは、わたしにとって新たなるチャプターです。ネクスト・フェーズ(次の変化や発達の段階・時期)に向けての見出しは、わたしが情熱を注ぎながら開発していくことです。」

もう一つのハイライトは、6度のWomen’s世界チャンピオンに君臨する「ステファニー・ギルモア(オーストラリア)」と、2013シーズンにケガを負ってツアーから脱落し、今シーズン見事にリクオリファイを果たした「シルバナ・リマ(ブラジル)」の戦いでした。ブラジリアンのリマは、ヒートの序盤からエクセレントな8.33ポイントを攻撃を仕掛けると、ダウン・ザ・ラインの速度をランプアップしてさらにエクセレントな9.33ポイントをスコア。リマは、最終的に世界女王をコンボ(コンビネーション・シチュエーション)に追い込む勝利によってRound 3へと進出。

「わたしは、戦うためにこの場所に居ます。そして、ベストを尽くすためにパドルアウトしています。」と、リマは語りました。「わたしは100パーセント、いや1000パーセントの素晴し自信を感じています。これは、わたしの人生においてベストのサーフィンです。

※2015 Samsung Galaxy WSL CT「Quiksilver Pro Gold Coast」、「Roxy Pro Gold Coast」、「Heritage Siriesのライブ中継、公式結果、ヒート・アナライザー、写真、ニュースなどの詳しい詳細については、以下のページからご参照願います:

http://www.worldsurfleague.com/events/2015/mct

※WSLツアーについてのさらなる詳しい詳細については、WSLインターナショナルページからご参照願います:

http://www.worldsurfleague.com/

※WSLインターナショナル日本語訳記事と、WSLジャパンツアーについてのさらなる詳しい詳細については、「WSL Japan Regional」ページからご参照願います:

http://www.wsljapantour.com/


Tags: , , , , , ,

Category: All WSL News, WSL World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple