2016年最後のQSバトル、Vans World Cupが始まる!

件のコメント 2016年12月1日 |

48d3c0b082645613437e81001121bdab

Vans World Cup

2016年最後のQSバトル、Vans World Cupが始まる!

2016年11月30日

雨とフラットが続いたノースショアだったが、この日いよいよ2016年のQS最終戦Vans World Cup of Surfingがサンセットビーチにてキックオフした。2017年 Samsung Galaxy Championship Tourの座を狙って多くのサーファーがこのQS10000というビッグイベントに一か八かの勝負をしに集まった。

頭サイズのトリッキーでウィンディーなサンセットのコンディションの中、戦術と駆け引きが目まぐるしく繰り広げられた。決してチャレンジングなコンディションとは言えない状況の中でこの日もっとも大きかった敗退はロッキーでフリーサーフィンをしている時に膝を怪我し足首を捻挫してしまっていたブラジル出身のトーマス・ヘルメスだろう。現在QSランキング11位の彼はラウンド2で姿を消し、ドリームツアー入りに大きな痛手となった。

この日特に目立っていたのはビッグウェーブツアーのピアヒで優勝したハワイ出身ビリー・ケンパーとラウンド1で4度の激しいターンを打ち込み、このラウンド最高得点8.17ポイントをマークしたコスタリカ出身のカルロス・ムニョスだった。ケンパーもまた、その気まぐれな波でスモールウェーブのスキルを得意げに披露した。「ここは自分にとって庭のようなところだからね。得意なんだよ」。2010年にサンセットで行われたHIC Proで優勝した経験を持つケンパーは語る。「たぶんここはノースショアでも慣れることが一番難しいポイントだと思う。波選びがヒートを戦う上でもっとも重要なのさ」。

レジェンドハワイアンウォーターマン、トニー・モニーツの息子である、若きハワイアン、ジョッシュ・モニーツもまた、そのローカルの知識を生かし、活躍した一人だと言える。「なかなかタフな試合だったよ。サンセットは大きい時より小さい時の方が難しいと思ったよ。でも自分が何をしたいのかはっきりしていた。ピークも二つに分かれていてトリッキーな波ではあったけどね」。ジョッシュはそう語った。

試合は引き続き行なわれる。今後の予報ではスウェルも届き、ラウンド2、3ではより強力なシード選手たちが待ち構えている。


DAY 1 HIGHLIGHTS – OPENING DAY


Tags: , , ,

Category: All ASP News, ASP Prime News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple