ヤゴ・ドラとジョアンナ・デフェイがニューカッスルを制する!

件のコメント 2017年2月28日 |

20170228-00

Maitland and Port Stephens Toyota Pro

ヤゴ・ドラとジョアンナ・デフェイがニューカッスルを制する!

2017年2月26日

Dora was throwing heat all event but saved his best for last, posting the highest heat total of the contest. - WSL / Gary Luke

Dora was throwing heat all event but saved his best for last, posting the highest heat total of the contest. – WSL / Gary Luke

WSLクオリファイシリーズ6000イベントがこの日、3~4ftの波のメレウェザーポイントで終了した。

若きブラジリアン、ヤゴ・ドラが今大会を終始リードし、決勝では同胞、ジェシー・メンデスを相手に、バトルを繰り広げた。ドラはトレードマークとも言えるエアリアルを駆使し、優勝をその手にした。

With the performance Dora put on at Merewether, this could become a familiar sight. - WSL / Tom Bennett

With the performance Dora put on at Merewether, this could become a familiar sight. – WSL / Tom Bennett

この日の立ち上がり、ドラは若干スロースタートだった。しかし、一度リズムを掴むと、解き放たれたかのように目を覚ました。決勝も例外ではなかった。ビッグセクションで驚異のエアリアルでエクセレントな8.83ポイントを手にすると、次にフルローテーションのエアリヴァースで文句なしのパーフェクト10ポイントを稼いだ。

ドラ「まだピンとこないよ。ジェシーとの決勝は不思議な縁だった。前回対戦した時には僕は負けたからね。もう一度戦えるなんて最高です。彼は親友なんです。これまでの大会の中でも、とても光栄なことです」。

It was an international affair on the podium at the 2017 Surfest. - WSL / Tom Bennett

It was an international affair on the podium at the 2017 Surfest. – WSL / Tom Bennett

これまでドラはコンペシーンではそれほど名を残してはこなかった。どちらかというと彼の醍醐味はフリーサーフィンであり、サーフムービーなどで信じられないパフォーマンスを魅せていた。ここへ来て、CT入りにシフトチェンジしてきたドラに注目が集まっている。

ドラ「試合のために早寝し、よく食べ、シリアスな生活を送っているから、その結果がこうして出たことは素晴らしいことです。ここ数日、波のコンディションは僕にとって完璧でした。今は堂々とこのまま進みたいと思っています」。

Although he didn't get the waves he wanted in the Final, Mendes was still going big all day. - WSL / Tom Bennett

Although he didn’t get the waves he wanted in the Final, Mendes was still going big all day. – WSL / Tom Bennett

一方、今イベントを綱渡りしていたのがメンデスだった。ソリッドなパフォーマンスも大きなスコアもなしに、淡々と勝ち続けていた。しかし決勝では、ドラが次々とハイスコアを叩き出す中、ついに、勝利に必要なスコアを見つけ出すことが出来なかった。けれど、親友ドラにとってキャリアで最高の勝利にストークしていた。

Australia's Mitch Coleborn finished with a solid 3rd place result at the QS6000 event. - WSL / Tom Bennett

Australia’s Mitch Coleborn finished with a solid 3rd place result at the QS6000 event. – WSL / Tom Bennett

メンデス「幼馴染との決勝は楽しかったよ。過去にも何度か対戦していて、最後のは僕が勝ったんだけど、今度はやられたね。自分のサーフィンの調子は悪くなかったんだけど、決勝ではヤゴに流れがあったように思う。僕はそれを引き寄せる事が出来なかった。でもやるべきことはやったし、この結果をポジティブに捉えているよ」。

The Anditi Women’s Proを見てみよう。フランス出身のジョアンナ・デフェイとニュージーランド出身のキーウィ・ペイジ・ハレブが決勝で目を見張る死闘を繰り広げた。

その戦いは若干、デフェイのワンサイドではあった。彼女は早々に7.50ポイントを稼ぐと、それをバックアップスコアにしてしまう、9.23ポイントをメイク。トータルスコアを16.23ポイントとした。そのパワフルなフォアハンドのターンは、彼女がなぜ昨シーズン世界5位という成績を残しているのか、はたまた、Fiji Proでは優勝したのか、その答えを示すのに十分であった。このQSでの勝利は彼女にとって、キャリア初だった。

Believe it or not, the 2017 Anditi Women's Pro was Defay's first QS win. - WSL / Grant Sproule

Believe it or not, the 2017 Anditi Women’s Pro was Defay’s first QS win. – WSL / Grant Sproule

デフェイ「この勝利は本当に嬉しいです。今日の波はかなりトリッキーであっちこっち動き回らなければなりませんでした。今まで一度もQSで優勝したことがなくて、だからこの勝利が信じられません。クオリファイへのポイントを考えると、この結果で少しリラックス出来そうです。ニューカッスルはとても快適で楽しんでいます。今日こうして優勝出来た今、この場所がもっと好きになったわ」。

決勝戦では早々にコンビネーションに追い込まれたハレブ。最後まで諦めることなく挑むも、勝利には及ばず。しかし、今大会に対してとてもポジティブだった。

Hareb has her 2017 QS campaign off to a good start. - WSL / Tom Bennett

Hareb has her 2017 QS campaign off to a good start. – WSL / Tom Bennett

ハレブ「プラン通りにはいかなかったけれど、彼女のようなサーファーと戦えて、スコアすることが出来たのは良かったです。来週からまたマンリービーチで試合が始まるし、この経験を活かせるといいわ」。

Loyal Merewether surf fans battled the elements on finals day. - WSL / Grant Sproule

Loyal Merewether surf fans battled the elements on finals day. – WSL / Grant Sproule


Tags: , , ,

Category: All WSL News, WSL Star News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple