ジョーディ・スミスがJ-Bayをリードか!?

件のコメント 2017年7月19日 |

20170719-00

Corona Open J-Bay

ジョーディ・スミスがJ-Bayをリードか!?

2017年7月18日

The Corona Open J-Bayはこの日も完璧な波の中、ラウンド3とラウンド4の2ヒートが行われた。サーファーたちはこの日も究極のパフォーマンスでレベルを押し上げた。ジョーディ・スミスは自らのホームタウンでWSLの歴史上、7度目となる完全試合を成し遂げた。


Post Show Report: Can We Talk About Perfection?

ラウンド3、ジョーディが対戦したのはルーキー、レオナルド・フィオラヴァンティだった。嵐は起こった。立ち上がりはスローだった。最初のパーフェクト10をスコアしたのは6点と8点台の直後だった。それに満足するでもなく、その南アフリカ出身のジョーディはさらに大きなセットを狙い、パワーカーヴを交えて再び10ポイントを叩き出したのだった。記憶を辿るに、ここJ-Bayにおいて完全試合は史上初のことだ。

ジョーディ「とても特別な気分さ。ここJ-Bayという場所、しかも波はパーフェクト。それは信じられない可能性を秘めているよ。最初の2ヒートはスローだったからこういう結果が出て驚いてる。まだまだ波はつづくと思うから楽しみだね」。


Jordy Smith Delivers Perfect 20 Performance at J-Bay

「沖へ出れば、誰もが素晴らしい波に乗ることができる。だからレオから何かを勝ち取ろうとは思わなかった。彼は素晴らしいサーファーさ。だから僕も自分のベストを尽くしただけ。その結果大きな波を掴むことができた。信じられないよ。運が良かったのさ。20ポイントの完全試合なんて、夢にも思ったことはなかった。それをここJ-Bayで成し遂げたなんて、特別な気分さ」。

ラウンド4に入り、ジョーディはフィリペ・トレドとジュリアン・ウィルソンと対戦だったが、ラインナップに二度にわたりサメが出現。試合はオンホールドとなった。


Medina’s Heating Up at Jeffreys Bay

遡ってラウンド4のヒート1。グーフィーフッターの戦いを制したのはガブリエル・メディーナだった。この結果、ガブリエルはクオーターファイナルへと駒を進め、対するジョアン・ドゥルとオーウェン・ライトはラウンド5へと送られた。

この元世界王者はダブルバレルを掴み、9.07をスコア。さらに大きく、ヴァーティカルなバックハンドターンで、9.67ポイントを叩き出した。

ガブリエル「最近、自分のボードを色々試していたんだ。少しトリッキーなんだけど、調子は良かった。オーウェンとジョアンを相手にするのはタフだろうとはわかっていた。だから勝つことができて良かった。辛抱強くいい波を待つのは結構しんどい事でした。どの波も良かったからなおさらだね。それをメイクできたのは良かったよ」。


Rookie Frederico Morias on the Best Day of his Life

ルーキー、フレデリコ・モライスはラウンド4で驚異的なパフォーマンスを見せた。多彩なレイルカーヴィングで9.60をポスト。ジョンジョン・フローレンスとミック・ファニングを追い込んだ。それに対してジョンジョンはこの日最もクリーンで大きなバレルをカジュアルに決めて見せ、10ポイントを叩き出すもフレデリコからリードを奪うことは最後までできなかった。


John John’s Perfect 10

フレデリコ「ジョンとミックを相手に戦うなんて多分、人生ベストなヒートだと思います。ジョンのような10ポイントのライディングはできなかったけど、僕も二本の9ポイント台をスコアすることができました。ミックもかなりいいサーフィンをしてました。この2ヒートでは自分のベストを出すことが難しかったので。このラウンドでは全てを出し切ろうと思っていました。それができたことが本当に嬉しいです」。


Joan Duru Finds His CT Form

コナー・オネアリーはゴールドコーストではクオーターへ、そしてフィジーで行われた先の大会で、決勝まで駒を進め、ルーキーオブザイヤーをほぼ手中に収めている。しかし、フレデリコ・モライスの壁にコナーはあえなく敗退。コナーはヒートのハイエストスコア7.33を持っていたが、及ばなかった。


Conner Coffin Upsets Two Time Winner Joel Parkinson

一方、ツアー二年目のコナー・コフィンはこの日素晴らしいパフィオーマンスでジョエル・パーキンソンを撃破。試合開始10分で二本のほぼパーフェクトなスコアを叩き出しトータル18.67ポイントを稼いだ。ワールドランキング6位のパーキンソンだったが、13位のコナーの壁を破ることはできなかった。


Day 4 Highlights – Corona Open J-Bay 2017


Tags: , , , ,

Category: All ASP News, ASP World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple