WSLファウンダーズカップサーフィンにてスタジアムスタイルのサーフィン大会が素晴らしいデビューを果たした。

件のコメント 2018年5月6日 |
ブラジルチームのフィリッペ・トレドがサーフランチ史上初となるパーフェクト10をこのファウンダーズカップで打ち立てた。クレジット:WSLMorris

ブラジルチームのフィリッペ・トレドがサーフランチ史上初となるパーフェクト10をこのファウンダーズカップで打ち立てた。クレジット:WSLMorris

カリフォルニア州レモー/米国(2018年5月5日土曜日) –

ワールドサーフリーグのファウンダーズカップオブサーフィン プレゼンテッドミクロブ・ウルトラ・ピュア・ゴールドが今日、WSLサーフランチで初となる公開イベントで素晴らしいパフォーマンスを見せた米国、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、ワールドチームとともに新しい歴史を作った。

今日、5つのチームが最初の2試合を披露した。各チームの5人のメンバー全員が、4本の波(2本の左右レギュラー、グーフィーの権利)で最高得点を獲得する戦いとなった。今日の試合の後に、アメリカチームが1位ポジションを獲得し、続いてオーストラリア、ワールド、ブラジル、そしてヨーロッパチームとが続く結果となった。明日、各選手は、自らのチームが望むとおりの決勝に向けて勝ち上がるために2本の波に乗る1ラウンドのチャンスが与えられる(右左レギュラーとグーフィーに1本ずつ)。各選手のグーフィーのスコアとレギュラーの最も良いスコアがチームトータルに貢献する。10本の波(5人のチームメンバーのそれぞれがグーフィーとレギュラーのトップスコアを提供する)が最大1チームの合計が100まで加算されます。5チームのうち上位3チームがファイナルに勝ち上がる事となる。

現在のところ、全チームから優秀なライディングが披露され、と3度のWSLチャンピオンに輝くカリッサ・ムーアと2度のWSLチャンピオンを継続するジョン・ジョン・フローレンスがほぼ完璧なスコアを上げた後に、米国が現在1位のポジションにつけているに。

それに加えて、チームの統率力、特にキャプテンのケリー・スレーターとコロヘ・アンディーノのバックアップ、さらにレイキー・ピーターソンによる補強により、米国チームは2位のオーストラリアに比べて5ポイントの差をつけて優位性を与えている

フローレンスは、最後の波での「9.80」について、「最後の方になると思ってい以上に深くはなかったので、僕はそのエアーのために飛び出しました。「このチーム環境にいることはとても名誉のあることで驚くべき力です。僕が今までやってきたサーフィンで一番クールな事です。僕たちは皆で興奮し合い、お互いを応援しています。素晴らしいことです」

「ここはすべてタイミングです、周りの人々の言うこに耳を開きどのセクションを利用するのが有利かを知り、穏やかな気持ちでいるようにしています。」とムーアは言った。

このような驚くべき強烈なチームで多くのクレジットを私が獲得できるかどうかはわかりません。

ケリー・スレーターの脳で考えている事を選ぶことができるということは素晴らしいことです。「チームワールドは本当にうまくいった。彼らは2本の波で失敗を下だけです。もし自分がそのような状況に陥るまでは、そういったプレッシャーがあるかは分からないです。」とスレーターは言った。

「私たちが上位に進むことは、本当に大きな成果です。私は最初の試合が終わった後にやっつけるチームとして彼らを考えています。そして、これがちょうど最初の日になるわけです。世界中がこれを見て、それがどういう意味を持つかを見て初め理解する事です。私は、今までサーファーの誰もが一日中笑っているサーフコンテストには一度も出たことがありません。我々は互いに打ち負かそうとして戦ってはいますが、すべてのチーム間に良い友情が生まれています」オーストラリアチームは今週末の決勝で勝利するためにお気に入りなライディングを完璧にすることに意識を集中させた。チームキャプテンのステファニー・ギルモアとタイラー・ライトは、WSLサーフランチのラインナップを、最初のラウンドでは素晴らしいパフォーマンスを魅せて打ち破った。ギルモアの波とライトの乗った9.33のレギュラーは今日のベストだった。ミック・ファニングは2本目のグーフィー9.07とレギュラーの8.43で劇的に自分のチームを助けた。マット・ウィルキンソンの8.43のグーフィーは、彼が波を切り刻むのに苦労したが、これが彼の唯一の本当の貢献度の高いものになった。

そして、ジョエル・パーキンソンの最後のレギュラーが7.40を獲得したことによって、チームが順位争いに立つのを助けたが、非常に重要となる明日の第3ラウンドのホートがチームを待っている。

そして、これがちょうど最初の日になるわけです。世界中がこれを見て、それがどういう意味を持つかを見て初め理解する事です。私は、今までサーファーの誰もが一日中笑っているサーフコンテストには一度も出たことがありません。我々は互いに打ち負かそうとして戦ってはいますが、すべてのチーム間に良い友情が生まれています」

20180506-01

オーストラリアチームは今週末の決勝で勝利するためにお気に入りなライディングを完璧にすることに意識を集中させた。

チームキャプテンのステファニー・ギルモアとタイラー・ライトは、WSLサーフランチのラインナップを、最初のラウンドでは素晴らしいパフォーマンスを魅せて打ち破った。ギルモアの波とライトの乗った9.33のレギュラーは今日のベストだった。ミック・ファニングは2本目のグーフィー9.07とレギュラーの8.43で劇的に自分のチームを助けた。マット・ウィルキンソンの8.43のグーフィーは、彼が波を切り刻むのに苦労したが、これが彼の唯一の本当の貢献度の高いものになった。そして、ジョエル・パーキンソンの最後のレギュラーが7.40を獲得したことによって、チームが順位争いに立つのを助けたが、非常に重要となる明日の第3ラウンドのホートがチームを待っている。

「私は特に多くのことを計画しているわけではなく、グーフィーの波が私に与えるものは何でもそれにうまく適応することにしています」ライトは言った。「私としては、それをやったような気分だったし、それはもっと創造的なものになるためのフリーライド的な感じでした。しかし、レギュラー側では、これらのルーティンと特定のアクションを得るようになり、このイベントに入たびに、より良いものが見について来る感じです」”私は今朝のグーフィーで7をだしました。だから私はこの特典を改善すべき唯一の方法があると思ってましたが、実はそれはもう少し強く押すことでした」とファニングは語った。

「改善の余地はまだまだあります。パーコ(ジョエル・パーキンソン)が3と取り除くには、もう少しポイントが必要であり、彼はその後レギュラーには接続できませんでした。そして、私たちはステフ(ギルモア)がまだレギュラーを制覇したのを見ていません。だから彼女が一緒にそのようなことをしたときに、彼女たちが最高の9人に入ることができると思います。

20180506-02

サーフィンの巨人との間でダークホースは才能に引けをとっていない、ワールドチームが登場してて、大会を揺るがしている。ラウンド1の全サーファーによる大きなパフォーマンスの後に、チームは早い段階でリードを獲得した。ラウンド2を終えた後は、チームは大きなリードをトルために苦労したが、キャプテンのジョディ・スミスが9.07と8.87で、4つのスコアすべてに大きな特典を稼いだペイジ・ハーブの安定した力がチームを3位にした。

「このチームの一員であることは驚くべきことです、2度のラウンドの前にはとても緊張していました」とハーブは語った。”最後にひっくり返すのが最高の気分です。私はチームを失望させたくありません。私は自分のために競い合っているときよりもここでは緊張しています。チーム全体がとても結束しています。

チームワールドのキャプテン、ジョディ・スミス Credit: c WSL /  Cestari

チームワールドのキャプテン、ジョディ・スミス Credit: c WSL / Cestari

爆発的なブラジルの選手団は最初のラウンドでは安全にプレーしたようだが、実際には第2ラウンドで観客を驚かせた。フィリップ・トレドは、WSLサーフ・ランチにおいて初のパーフェクト10で今日一番輝いた. 2014 WSLチャンピオンのガブリエル・メディーナ・キャプテンは、完璧なエアーローテーションで9.17に近い得点で2番目のスコアを獲得した。トレドとメディナのすばらしいライディングにもかかわらず、チームはまだファイナルに入りへ、より高いポジションに移るためにこの包を打開する必要があります。

“自分はいま月の上にいる気分です、このような完全な波をサーフすることができ、WSLサーフランチの人工波で最初のパーフェクト10を得ることは信じられないことですトレドは言った。「自分はそれ以前にチームに話しかけ、私が立ち上げようとしてレッツ・ドゥー・イットと言いました。」それは、彼らが自分をサポートしていることを知っているだけで、自分にもっと自信を与えてくれました。

「フィリッペ(トレド)が10を獲得した後に、僕は彼のことに満足していて、次のラウンドで私を大きくしてくれました」とメディナは言いった。

「僕は、それをグーフィーの端まで仕上げようとしていて、その上のエアーにするためにはために足りなかったんです。

僕たちはまだ明日のラウンドでを改善するチャンスががあり、うまくいけば、私はグーフィーのエンドでエアーを噛ますことができるかもしれません。

ヨーロッパチームは強いパフォーマンスでいくつかの希望を魅せたが、今日の最終終では5位となった。イタリアのレオナルド・フィオラバンティは、ジェレミー・フローレスの8.00と8.47に続いて、9.57と8.17のアンカーを努めチームのポイント合計を補った。

キャプテンのジョアン・ディフェイと、フレデリコ・モラリス、フローレスも堅調な得点を挙げ、チームはわずかに0.18ポイント差となった。

「ヨーロッパチームの一員であることはすばらしい誇りで、我々は非常に統率の取れたなチームかな?我々は勝つ、一緒に勝つと我々は失う、一緒に失う、 “フィオラバンティは言った。

「世界最高のサーファー達とサーフを楽しむことができるんです。 ほとんどのCTイベントは、私たち一人一人でチームワークはありませんが、ここではゲームプランとそれ以外のこともよく協力しています。

この雰囲気は、みんなの前を突っ走る水上バイクに乗ったのロックスターのような気分になります。

私はみんなが燃えるのを見たいと思っています。

チームキャプテンのディフェイは、チームが何を改善する必要があるかを知っているようだ、チームがファイナルへ勝ち上がるのに必要なものを持っていると確信しているようだ。

「今朝、男子たちは本当に良い波を手に入れ、2ラウンド目でも改善してきましたが、全体的に女子のスコアをいくらか改善される必要がでしょう」とディフェイは言った。「1日を過ごして間違いや重要なことを見ることができて、明日のためにまとめることができれば良いことになるでしょう。私はレギュラーとグーフィーの両方でもっとうまくいくと思いますが、一度にそのショットを取得するのは難しいです。

これは別の経験ですが、もっと多くの流れを見つけることは良いことだし、明日はさらに進めなければならないと思います」

Founders’ Cup of Surfing Qualifying ラウンド

L1 = First Lefthand Wave
R1 = First Righthand Wave

United States:
Lakey Peterson – L1: 6.6, R1: 7.83, L2: 2.77, R2: 7.93
Kolohe Andino – L1: 8.5, R1: 6.00, L2: 8.8, R2: 7.43
Carissa Moore – L1: 7.43, R1: 9.27, L2: 8.37, R2: 9.43
John John Florence – L1: 3.43, R1: 6.63, L2: 5.3, R2: 9.8
Kelly Slater – L1: 8.80, R1: 8.47, L2: 8.6, R2: 7.87
USA Team Total: 80.83

Australia:
Tyler Wright – L1: 4.83, R1: 9.1, L2: 6.4, R2: 9.33
Joel Parkinson – L1: 3.5, R1: 6, L2: 3.53, R2: 7.4
Mick Fanning – L1: 7.43, R1: 8, L2: 9.07, R2: 8.43
Stephanie Gilmore – L1: 8.63, R1: 8.23, L2: 5.53, R2: 2.17
Matt Wilkinson – L1: 8.37, R1: 3.83, L2: 4.5, R2:6.43
Australia Team Total: 75.82

World:
Bianca Buitendag – L1: 7.6, R1: 2.5, L2: 6.77, R2: 4.93
Kanoa Igarashi – L1: 2.17, R1: 8.83, L2: 3.87, R2: 4.5
Michel Bourez – L1: 8.8, R1: 7.5, L2: 5.5, R2: 4.5
Jordy Smith – L1: 7.27, R1: 9.07, L2: 8.87, R2: 4.53
Paige Hareb – L1: 7.53, R1: 7.93, L2: 7.43, R2: 8.33
World Team Total: 75.33

Brazil:
Taina Hinckel – L1: 2.17, R1: 4.17, L2: 5.5, R2: 4.1
Filipe Toledo – L1: 7.83, R1: 6.93, L2: 4.2, R2: 10
Gabriel Medina – L1: 6.67, R1: 7.83, L2: 6.87, R2: 9.17
Adriano de Souza – L1: 6.83, R1: 7.93, L2: 3.93 R2: 4.93
Silvana Lima – L1: 5.5, R1: 7.73, L2: 5.67, R2: 8.33
Brazil Team Total: 72.3

Europe:
Frankie Harrer – L1: 5.73, R1: 1.93, L2:5.87, R2: 3.83
Leonardo Fioravanti – L1: 8, R1: 8.17, L2: 3.73, R2: 9.57
Johanne Defay – L1: 6.67, R1: 0.77, L2: 5.33 R2: 7
Frederico Morais – L1: 7.17, R1: 3.07, L2: 7.17, R2: 6.77
Jeremy Flores – L1: 8, R1: 8.47, L2: 8.77, R2: 7.77
Europe Team Total: 72.12

更に別の情報は、WorldSurfLeague.com and WSLFoundersCup.com.のサイトからどうぞ。


Tags: , , ,

Category: All ASP News, ASP World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple