フィリペ・トレドが再びJ-BAYで優勝を飾る。日本の五十嵐カノアは3位と大健闘!!!

件のコメント 2018年7月7日 |

20180707-00

4日間にわたって開催されていた「Corona Open J-Bay – Men’s」は、ブラジルのスーパースターのフィリペ・トレドの勝利によって幕を閉じた。今大会のトップ10のスコアのうち5本を記録するなど、彼は圧倒的な強さを見せていた。クオーターファイナルまでは、ジュリアン・ウィルソンがCTランキングの1位を守っていたがフィリペ・トレドがガブリエル・メディーナに勝利したことによってランキングの1位におどりでた。

『とってもワクワクしています。』と語ったフィリペ。

しかし、ファイナルへの道のりは険しく、クオーターファイナルでのガブリエル・メディーナとの戦いは熾烈であった。序盤にメディーナがスピーディーでキレのある技を披露し9.10ポイントをマークした。しかし、メディーナはなかなかバックアップスコアを揃えられなかった。その間にフィリペが2本のエクセレントスコアを叩き出し、見事ラウンドアップをした。メディーナは、このヒートで敗れてしまったがCTランキングを3位まであげてきた。

セミファイナルでは、今大会好調の五十嵐カノアとマッチアップをした。カリフォルニア、ハンティントンビーチ出身の五十嵐は今大会中、常に形良い波を見つけて高得点を連発し、様々なスター選手たちを倒してきた。五十嵐は、セミファイナルまでかなりの準備時間があり肉体的な披露も少なく、またフィリペを倒すためのゲームプランをコーチと考えていた。

しかし、そんな五十嵐でもフィリペの勢いを止めることができなかった。フィリペはロングチューブをメイクし、ヒート合計スコア18.90ポイントという驚異的な得点を叩き出して見事ファイナルへと進んでいった。

ファイナルでは今年2回目となるルーキーのウェイド・カーマイケルとの戦いとなった。フィリペは、ファイナルに進出すると勝率10割という凄まじい勝負強さを誇るが、カーマイケルもそれに劣らない力強いサーフィンを見せた。しかし、カーマイケルにとっては残念ではあるがJ-BAYの波とフィリペの相性は抜群であった。少し早めな波であったが8.50と8.30のエクセレントスコアを2本揃え、見事2年連続でJ-BAYにて勝利を飾った。

『正直言って今はとても疲れています。ここまで勝ち上がるのはとても大変でした。今は優勝できてホッとしています。とてもいい気分です。J-BAYは大好きなポイントなので、たとえヒート中に岩にぶつかってボードが壊れてでも勝ちたいと思っていました。そして本当に優勝することができてとても満足しています。』とフィリペは試合後のインタビューで語った。

Toledo and Carmichael on the podium. © WSL / KELLY CESTARI

Toledo and Carmichael on the podium. © WSL / KELLY CESTARI


Tags: , , ,

Category: All WSL News, WSL World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple