USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」

件のコメント 2018年7月27日 |

20180727-00

ハンティントンビーチ出身の日本人サーファーで昨年の勝利ともうすぐ始まるUS Openでの彼のゲームプランに迫る。

アリ・ショルダー
2018年7月25日(水)

カノア・イガラシは3 歳の時の、彼のお父さんがハンティントンビーチのピアの南側の波に、彼のお父さんがカノアを押して波乗りを始めた。そして、今年は20歳になったチャンピオンシップ・ツアー(CT)サーファーが、日本を代表しているが、彼は南カリフォルニアの故郷に大きく根ざしている。だから、毎年夏になるとVans US Open Surfingが町にやってくれば、イガラシはビーチでの地元サポートをうけている。

過去数年間、イガラシは自らのコミュニティを誇りにしてきた。.2015年と2016年は3位でフィニッシュした後、2017年には優勝トロフィーをホームに持ちかえり、ブラジルのトーマス・エルメスを上回り、メンズQSシリーズトップクラスで優勝した。「今日は、自分の人生にとって最高の日です」と、イガラシは勝った後に言った。イガラシ以前に、USオープンに勝った最後のハンティントンビーチ出身のサーファーは2009年に勝利したブレット・シンプソンである。

地元のハンティントンビーチは、彼が常に夢を見ている勝利を得た後には、心のこもった演説をした。イガラシは、2018年のUSオープンが7月30日の月曜日に始まる前に、彼のキャリアを形作った2017年の勝利と波について話してくれた。

The Huntington Beach local gave a heartfelt speech after finally getting the win he's always dreamed of.

The Huntington Beach local gave a heartfelt speech after finally getting the win he’s always dreamed of.

(ワールドサーフリーグ):ハンティントンビーチで育ったことで、USオープンでの競争に関して、地元である知識はどのように有利に働きましたか?

(カノア・イガラシ):自分にとって、ハンティングトンは本当に快適だと感じています。私がここで争うとき、運は常に私の側にあるように感じます。毎年、ビーチには多くの自分の友達たちがいて、彼らがが私を興奮せます。地元のメンズヒートを勝ち上がるごとに、彼らもまた炎を燃やします。ツアーにいるみんなは皆最高に上手です。この時点では、誰もが世界中を旅しながら、彼らは波の読み方をよく知っています。それは自分が帰ってきた時の気持ちも同じです。それは間違いなく精神的なものです。私がここにいると、すべての事が私のやり方で進ようです。

(ワールドサーフリーグ):ここ数年、あなたは準決勝に進出していますね。このイベントでのあなたのコネクションは何ですか?

(カノア・イガラシ):この場所は自分にいろいろなことを与えてくれました。それを説明することすらみあたりません。自分でサーフすることができないほど幼い時、私のお父が私を桟橋の北側の波に押し込んでいました。朝早く起きて、人混みに脅かされないようにしていました。自分が中学校に通うころには、より真剣にサーフィンをするようになりました。自分の目標は、誰よりも朝一番に水の中にはいることで、授業前にできるだけ多くの波に乗って、放課後の最初のサーファーになることでした。ハンティントンビーチのスターは、初のVAN’S USオープンファイナルで、彼の故郷のファンに敬意を表した。

The Huntington Beach star saluted his hometown fans during his first ever Vans US Open Final.

The Huntington Beach star saluted his hometown fans during his first ever Vans US Open Final.

(ワールドサーフリーグ):ハンティングトンのサーフシーンで、あなたの最も初期の思い出は何ですか?

(カノア・イガラシ):自分は、いつもここにいるうちにサーフィンしている友人を大勢のクルーを持っています…約15人ほど。それは、長い間旅行をして帰って来たとき、彼らに追いつき、サーフィンをすることができるようになるための世界を意味します。自分は、ちょうど彼らが誇りに思い、自分ができる最高の714 [この地域の電話回線コード]に仕えたいと思っています。自分がこの町に帰ってきたときはいつも大きな同窓会がはじまります。彼らが何を目にしているのがうれしいです。自分の友人の1人がちょうどニューヨークに移り、そこでいくつかの仕事をしています。だから、みんな違う方向に進んでいますが、私たちはいつも一緒になって、私たちが町にいる時に追いつきます。どれくらい時間がかかっても問題ありません。自分は彼らと一緒にいるすべての瞬間を大事にしています。

(ワールドサーフリーグ):このイベントになると、多才な彼は非常に大きくなります。ここで最大の脅威のひとつは誰ですか?

(カノア・イガラシ):ブレット・シンプソン、 自分は彼が’08と’09にこのコンテストに勝つのを見て育ってきました。当時、私は約10歳でした。明らかにUSオープンは、毎年出場するイベントでした。アンディ・アイアンズが激しいフローター魅せたたときにも、ここにいたことを覚えています。カラニ・ロブは、いつも自分にVIPパスを貸してくれました。ジュリアン・ウィルソンがまだ17歳の時に彼を見たことを覚えています。彼はオーストラリアの新星グループのキッズでした。彼がボードを折ってしまった時に、自分と友人が泳いでそれを拾いに行きました。そのボードをまだ持っています。うちのガレージに飾ってあります。

イガラシ・カノア © WSL /スティーブ・シャーマン

イガラシ・カノア © WSL /スティーブ・シャーマン

(ワールドサーフリーグ):来週のあなたのゲームプランはどうなっていますか?

(カノア・イガラシ):自分は昨年のイベントで優勝しています。翌年、私はすでに今年のことを考えていました。私はこのイベントでどれくらい沢山のことを人々が自分を理解しているとは思いません。USオープンでは、サーファーはロックスターのようです。ハンティントンビーチは、そのような素晴らしい場所です。それはポイントや賞金ではありません。それは群衆のすべてです。それは自分で繁栄しているものです。それが自分の動機です。それに加えて、今は素晴らしい気分です。自分はこれまで以上にサーフィンをしていて、J-Bayでは上位に食い込んでいます。自分はちょうどすべての勢いを取って突き進みます。

(ワールドサーフリーグ):昨年の優勝後に、あなたは何を祝いましたか?

(カノア・イガラシ):自分はまだ21歳ではないので、おそらくほとんどの人が思ったより少し違って見えます。自分の周りにすべての良い友達がいました。私たちは、豪勢な夕食を食べました。それは明らかにいつもとは違う日でした…我々は6ヶ月後にもまだその勝利を祝っていました。友人のジミー・ウィルソンが海に入ってきて撮ってくれた写真を部屋に飾っています。自分はそのような瞬間のために生きています。昨年より前は、2009年のブレット・シンプソン以来ハンティントンビーチ出身のメンズが優勝をしていなかった。イベント終了後、街全体がこの輝きを放ち、勝利が街を明るくするようになった。

(ワールドサーフリーグ):イベントまでの計画はありますか?

(カノア・イガラシ):自分は今自宅にいます。ここでの時間を毎秒とても大切にしています。なぜなら、それは頻繁に起こらないからです。自分が育った友人や人と一緒に時間を過ごしています。彼らは私を本当に誇りに思っていてくれます。私はハンティントンビーチを代表し、すべてのバランスを取るために最善を尽くしています。自分の家族と私の仲間たちが常に優先です。

カノア・イガラシと「Vans US Open of Surf」は、WSLのウェブサイト、アプリ、Facebook上で公開されています。


Tags: , , , , ,

Category: All ASP News, ASP Prime News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple