日本の至宝、イガラシ・カノアが2連覇!VANS US OPENで2連勝!!

件のコメント 2018年8月7日 |

20180807-00

「Vans U.S. Open」の最終日は数々のヒートを制した地元ハンティントンビーチ育ちの2人のサーファーが優勝に輝いた。

ウィメンズのCTでは怪我から復帰したコートニー・コンローグが勝利、メンズはローカルヒーローで日本の宝でもあるイガラシ・カノアが2009年と2010年にブレット・シンプソン以来となる連覇を成し遂げた。

Courtney Conlogue on top of the world after a command performance at the Vans U.S. Open of Surfing. © WSL / SEAN ROWLAN

Courtney Conlogue on top of the world after a command performance at the Vans U.S. Open of Surfing. © WSL / SEAN ROWLAN

現在ジープジャージを守り先頭を走るステファニー・ギルモアにファイナルで勝利した彼女は、ファイナル後のインタビューで語った。

『地元の観衆を目の前にして最高の演技ができてとてもうれしいいです。1年間のうち多くの時間を遠征に使っていますが地元に戻ってくるととても気分が上がります。みなさんからの応援を全て力に変えて、ヒート中にそれを爆発させることができました。』

2009年以来の「Vans U.S. Open」優勝となったコンローグにとって今回の勝利は、まだまだトップのレベルで戦えることを十分に証明し、残り3戦となったウィメンズのCTにおいて大きな脅威となることを皆に示した。

『2009年に勝利した際もとても嬉しかったです。今回の勝利も私にとってとても大きな意味を持ちます。怪我から復帰して100%の状態で望めた最初の試合です。どちらの勝利も忘れることはできません。』とコンローグは語った。

メンズでは日本の五十嵐カノアがグリフィン・カラピントとの激闘を制し、見事2連覇を達成した。

『これまで自分が戦って来た中で最高のヒートでした。最後の波ではあまり鮮明には覚えていませんが、調子が良かったのでどんな技にトライしてもうまく行く気がしました。ラストライドをメイクした瞬間に高得点が出ることを確信しました。』とイガラシは語った。

On the shoulders of friends and family, Kanoa Igarashi rides the wave up the beach after winning back-to-back U.S. Open titles. © WSL / SEAN ROWLAND

On the shoulders of friends and family, Kanoa Igarashi rides the wave up the beach after winning back-to-back U.S. Open titles. © WSL / SEAN ROWLAND

ラウンド1からファイナルまで過去にここで連覇しているブレッド・シンプソンのことを意識していたようで、それが彼のモチベーションにも繋がっていたようだ。

イガラシはさら、『このコンテスト期間中は常にファイナルヒートのことを考えていました。ファイナルで最高のパフォーマンスを見せるために自分でリズムを作っていました。激しい戦いが続き、波がベストではなかったのですが、地元のハンティントンの波が僕に力を貸してくれました。』

今回、ステファニー・ギルモアは2位となりCTランキングトップの位置を確固にすることはとてもハラハラする展開となった。しかし、レイキー・ピーターソンがクオーターファイナルでコンローグに負けたことによって2位との差を2,000ポイントから5,000ポイントに伸ばすこができた。

『ファイナルはファイナルです。これまでの戦いは関係ありません。ローカルガールの鋭い波の感覚にかないませんでした。』

Stephanie Gilmore fluid over the inside close-out section. © WSL / KENNETH MORRIS

Stephanie Gilmore fluid over the inside close-out section. © WSL / KENNETH MORRIS

メンズでは、カラピントがハンティントンで2位という素晴らしい成績をおさめた。サンクレメンテが生んだレギュラーフッターは幼い頃からピアの横でサーフィンをしていた。VIP席にいた、彼の応援団とともに非常にリラックスした様子で試合に臨んでいた。

『この大会の期間中は精神的に安定していました。一瞬でもストレスを感じた時でも、すぐに自分を取り戻すことができました。こうした成長によって以前よりこの大会で良い結果が残せたと思っています。』とカラピントが語った。

Griffin Colapinto game on the inside was money all contest long, and served him incredibly well throughout finals day. © WSL / SEAN ROWLAND

Griffin Colapinto game on the inside was money all contest long, and served him incredibly well throughout finals day. © WSL / SEAN ROWLAND

ノースアメリカで行われた最大のサーフイベントの次はチョープーでメンズCTの「Tahiti Pro」、ウィメンズは少し期間が空いて「Surf Ranch Pro」の予定となっている。この「Surf Ranch Pro」は今シーズンの特に注目されているイベントで今後のWSLのツアーから目が離せない!!


Tags: , , , ,

Category: All ASP News, ASP Prime News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple