「lululemon Maui Pro」:ワールドタイトルの対決は、ムーア、ピーターソン、マークスを出迎えている。

件のコメント 2019年11月26日 |
レイキー・ピーターソン、キャロライン・マークス、カリッサ・ムーアが、来たる「lululemon Maui Pro」での2019年世界タイトル対決の準備万端とする。© WSL / Cestari

レイキー・ピーターソン、キャロライン・マークス、カリッサ・ムーアが、来たる「lululemon Maui Pro」での2019年世界タイトル対決の準備万端とする。© WSL / Cestari

ホノルルベイ、マウイ、ハワイ/アメリカ
(2019年11月24日、日曜日):

ワールドサーフリーグ(WSL)女子選手権ツアー(CT)の最終ストップである「lululemon Maui Pro」の開催期間が明日、現地時間の月曜日に正式にオープンする。開催期間は11月25日、2019年12月6日金曜日まで。

ワールドタイトル候補のカリッサ・ムーア(HAW)、レイキー・ピーターソン(アメリカ)、そしてキャロライン・マークス(アメリカ)は、「luluemon Rising Tides」イベントの開催前日にホノルアベイに集まり、今後のワールドタイトルバトルレースと2020年の東京オリンピックへの暫定的な資格をも視野に入れて語りあった。

過去3回ワールドチャンピオンに輝くムーアがリードし「lululemon Maui Pro」を、2番目にピーターソン、3番目にマークスとともにタイトルレースを迎える。 2019年のワールドタイトルのレースは、17歳のマークと27歳のムーアとの差が6000ポイント未満であるため、どんでん返しの可能性が非常に近い。

「lululemon Maui Pro」に先立つワールドタイトルのシナリオ:
・カリッサ・ムーアがマウイに優勝すると、彼女がワールドタイトルを獲得する。
・ムーアが2位になった場合、レイキー・ピーターソンがムーアからワールドタイトルを獲得するために優勝する必要となる。
・ムーアが3位になった場合、ピーターソンは準優勝、そしてキャロラインは優勝しなくてはならない。
・ムーアが5th / 9th / 17thとなった場合、ピーターソンはマウイでのワールドタイトルを決定するために3位入賞、タイサーフオフを強制するために3位か準優勝になることが必須となる。

ジープ・ジャージのフロントランナーであるプレッシャーにもかかわらず、ムーアはワールドタイトルレースの興奮と重要さを受け入れている。ムーアは、3回のイベント優勝経験者としてこの有名な会場の波に非常に精通している(2018、2015、2014年の勝者)彼女とここの波の関係は、4回目のワールドタイトルを獲得するのとイベントタイトルの保持のためはこのフィールドが大きな利点となる。

「私はホノルアベイが大好きです」とムーアは言った。「ここは、私が今までサーフィンした中で最も美しく、挑戦的、パワフルですが高性能なポイントブレイクの1つに数えられ、私にとっては故郷です。ハワイはサーフィンの発祥の地であり、世界最高峰の波がいくつかあるため、サーフィンや高いパフォーマンスサーフィンができることを見せられる場所です。今回の最後イベントにはとても興奮しています。 レイキーとキャロラインとのワールドタイトルレースで私がどれほどクールかも課題がこのライン上にはたくさんあります。」

マークスは、このイベントで彼女のパフォーマンスを最大限に保ち史上最年少でワールドタイトルを獲得したCTサーファーになるである可能性があり、彼女は今シーズンの最初のイベントと、先月フランスで「Roxy France」の勝利をした驚くべきシーズンのフィナーレにこの後に期待しているはずです。

「とても興奮しています」とマークスは言った。「この順位にいることはとても厳しいことです。 今年の私の目標は、トップ5になり、イベントに勝つことでした。そして今、私はトップ3にいます。2つのイベントに勝ちましたが、ワールドタイトルとオリンピックにまだこれからの目標です。 興奮してます。 素晴らしい年でしたが、今週はさらに楽しみにしています。誰もが打ち負かすあいてとして非常に難しいことを知っています、しかし、私は一生懸命頑張り、ベストを尽くすつもりです。」

昨シーズンのピーターソンは、彼女初のワールドタイトルを追いかけていたが、早目に敗退し、ステファニー・ギルモア(AUS)に7回目の世界タイトルを与えてしまった。今回、2人のアメリカ人に対して、ピーターソンは再び彼女の最初のワールドタイトルを獲得する機会を持ちながら、さらに2020年のオリンピック大会の暫定的な資格を得る機会も備えている。

「ここでもう1年を過ごし、ここでワールドタイトルレースを終えることはとても特別なことです」とピーターソンは語った。「自分自身とキャロラインとカリッサ、そしてオリンピックに向けて多くのことが行われている最中に、フィニッシュするのにふさわしい会場に値することです。私はここにいられることを嬉しく思っており、参加することに興奮しています。 このコンテストに勝つのはここのみんなのゲームでもあります…私は負けたくないし、負けたくありません。 私は勝ちたいと思っていますが、それはもっと楽しいことです、視点を持つことを意識してます。視点があれば、人生をもっともっと一般的に楽しむことができます。それは同時に物事が良くなるときです。」

WSLライジングタイズが1年を祝う、lululemonとマリア・マヌエル・リードライジングタイズマインドフルネスとサーフセッション

今日、WSL Rising Tidesイベントでは、昨シーズンのマウイでのプログラムの開始から1年を迎えた。 それ以来、ライジングタイズはWSLチャンピオンシップツアーで世界中を旅し、次世代の若い女の子を世界最高のサーファーにつないでいる。

このセッションでは、lululemonのサポートを得てアンバサダーを務める、マリア・マヌエルは、プロによるサーフィン前に休息と回復に焦点を当てたガイド付き瞑想でマインドフルネスセッションを照会した。若い女性の中には、2度のビッグウェーブチャンピオンを経験しているペイジ・アルムス、5度の世界SUPチャンピオンのイッツィ・ゴメス、フェイス・レノックス、ダリアン・ヘインズらが加わった。

「lululemon Maui Pro」でのWSL Rising Tidesのシーン。© WSL / Cestari(左上)

「lululemon Maui Pro」でのWSL Rising Tidesのシーン。© WSL / Cestari

© WSL / Miers

© WSL / Miers

© WSL / Miers

© WSL / Miers

「lululemon Maui Pro」の最初のファーストコールは明日ハワイ時間の、11月25日(月曜日)午前7時30分、順調に行けば午前8時5分に始まります。イベント詳細は、WorldSurfLeague.comおよび無料のWSLアプリでライブ放送されます。また、WSLのテレビ放送は地元放送局の番組でお楽しみください。

「lululemon Maui Pro」 シーディング ラウンド 1マッチアップ:
ヒート1:キャロライン・マークス(アメリカ)、ニッキ・ヴァンダイク(オーストラリア)、メイシー・キャラハン(オーストラリア)
ヒート2:レイキー・ピーターソン(アメリカ)、シルバナ・リマ(BRA)、タイラー・ライト(オーストラリア)
ヒート3:カリッサ・ムーア(HAW)、ココ・ホー(HAW)、サマー・マシェド(HAW)
ヒート4:サリー・フィッツギボンズ(AUS)、ブリサ・ヘネシー(CRI)、ペイジ・ハーブ(NZL)
ヒート5:ステファニー・ギルモア(オーストラリア)、マリア・マヌエル(ハワイ)、ケリー・アンドリュー(オーストラリア)
ヒート6:タチアナ・ウェストン・ウェッブ(BRA)、ジョアン・ディファイ(FRA)、ブロンテ・マコーレー(AUS)


Tags: , , , , ,

Category: All WSL News, WSL World Tour News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple