サンセットオープンのクラッシックなコンディション

件のコメント 2019年11月27日 |
パトリック・グダスカス(米国)はラウンド1で8.17をマークし、彼の兄弟タナーの情熱をサンセットの大会に導いた。© WSL / Keoki

パトリック・グダスカス(米国)はラウンド1で8.17をマークし、彼の兄弟タナーの情熱をサンセットの大会に導いた。© WSL / Keoki

オアフ島/ハワイ州ハレイワ
(2019年11月25日、月曜日):

ワールドツアーの最後のイベントとなる「Vans World Cup of Surfing」の初日は、きれいな西のうねりがヒットし、ローカルおよびインターナショナルサーファーがワールドサーフリーグ(WSL)のメンズクォリファイシリーズ(QS)とバンズトリプルクラウンオブサーフィンの2個目の宝石を手に入れるために。、サンセットビーチの洗練されたコンディションを満喫した。ちょうど昨日、同じうねりが2019「Haleiwa Hawaiian Pro」の勝者、フレデリコ・モライス(PRT)を7マイル先のハレイワアリイビーチで勝利し、彼は現在バンズトリプルクラウンタイトルレースで優位な順位に立っているが、 この先128人のサーファーがこの名誉を狙っている。

元チャンピオンシップツアー(CT)サーファーで、最近パパとなった、パトリック・グダウスカス(アメリカ)は、午前中のベストスコアの1つを獲得した。グダスカスは、ヒートの最高のシングルウェーブを獲得したが、カルム・ロブソン(オーストラリア)は、彼最初のVans World Cupで印象的なパフォーマンスを見せ、0.20ポイント差で勝った。

先週のハワイアンプロで、グダスカス兄弟のターナー・グダスカス(アメリカ)は、フリーサーフィンに集中する計画を発表した。タナーは、この代替としてイベントに参加し、今日のランは終了したが、彼は強力な才能とエキサイティングな未来を示すのに十分な6.93をマークした。

ターナー・グダスカス:(米国)は、スタイリッシュなバックサイドアプローチを来るだし、2016年の 「Vans World Cup of Surfing」でファイナルフィニッシュをしている。© WSL / Heff

ターナー・グダスカス:(米国)は、スタイリッシュなバックサイドアプローチを来るだし、2016年の 「Vans World Cup of Surfing」でファイナルフィニッシュをしている。© WSL / Heff

「タナーは僕の最大の被害者でありパートナーでもありす。僕たちは世界中を一緒に周り、僕は彼を膨大な数のヒートで見てきました」とパトリックは言った。「彼は世界で最高のサーファーの1人です。僕の意見としては、彼には多くの点で尊敬しています。 これは決して引退ではありません。 タナーにとって、彼はサーフィンを新しいレベルに引き上げ、さまざまなプラットフォームで披露することに真剣に情熱を傾けています。 そして本当にクールです、彼を誇りに思います。 特に長い間何かをしてきたときは、経路を変えるには多くの勇気が必要です。

ターナーは、パトリックとデーン・ガダスカス(米国)兄弟と共同で設立した「Positive Vibe Warriors」の仕事を拡大し、世界中でサーフィンをし、他の人にインスピレーションを与え続ける。

「ここの波に対して、彼にはとても情熱があります」とパトリックは続けた。「私は彼を本当に誇りに思い、興奮しています。 そして、タナーがもう2度とコンテストに出ることはないと言っているのではなく、彼にするチャンスは常にあり、私は彼がコンテストを愛していることを知っています。私にとって、私はそれを前進させ、エネルギーを取り入れています。ここに私たちの家族があり、ビーチにはクレイジーなエネルギーがあります。 ここでパフォーマンスを続けられることに常に興奮しています。競い合うのが好きです。ツアーを続けていきます。本当に好きです。 情熱に従う必要があると思うからです。それこそが人生のすべてなのです。」

パトリック・グダスカス(米国)は、2017年に「Vans World Cup of Surfing」で7位に入賞し、2020年まで競技でのキャンペーンを続ける。© WSL / Keoki

パトリック・グダスカス(米国)は、2017年に「Vans World Cup of Surfing」で7位に入賞し、2020年まで競技でのキャンペーンを続ける。© WSL / Keoki

ビリー・ケンパー(HAW)、イマイカラニデボールト(HAW)、アンソニーウォルシュ(HAW)、カラニリベロ(HAW)は、経験豊富なヒートでサンセットポイントのウェストのピークを占領した。サーファーたちは、6ポイント代の波を乗合し、ケンパーのレールワークは、実績のある勝者の力を示す、並外れたものとなった。ケンパーの忠実な性格が、早い段階で6.77ポイント支配権を握り、1位に上がるために8.33を確保することに成功した。

「これがサンセットポイントです、サンゴ礁の棚、そこの角を曲がったところにあります」とケンパーは語った。 「このうねりの方向、サイズ、これは自分がサーフィンをして育ったままで、お気に入りの1つです。 自分はここでサーフィンをして育ちましたが、しかしまるで裏庭で友人と何日か過ごしたかのように感じました。 自分の乗った最後の波は実にオープンな波で、自分が欲しいスコアを入れることができたと感じました。本当に楽しんでいます。 自分も元気で、家族がここにいます。ヒートに集中したいと思っています。このイベントは自分にとって大きな意味があるので、できる限り最高のパフォーマンスをしたいです。」

ビリー・ケンパー(HAW)、サンセットでのクラシックなボトムターン。© WSL / Heff

ビリー・ケンパー(HAW)、サンセットでのクラシックなボトムターン。© WSL / Heff

2018年サンセットオープンと2010 Vans Proで優勝し、サンセットビーチでは5回ファイナルに進出しているケンパーはここでは最も経験豊富なアスリートの1人です。今日、彼は身に着けている知識を存部に使い、波を選択し、ヒート3全体で首位を維持した。その一方で、スタイリッシュなデ・ヴァルトはトップからの大きなターンを武器に、ケンパーの後ろを追いかけバルズリーフのセクションでスコアを上げ続けた。

ハイパフォーマンスなサーフィンの条件はたっぷりあり、デ・ヴァルトは7.07と6.00を組み合わせて垂直なスナップと流れるようなスタイルを描いた。マウイ出身の彼は、まだキャリアでは大きな勝利を収めていないが、フリーサーフィンとトリップをメインとしている。 競技が再開すると、彼はラウンド2ヒート4で再びサーフすることになる。

サンセットをホームブレイクとしているもう1人の地元のアスリートは、フィン・マクギル(HAW)がいる。彼は今日、背中の怪我の痛みをこらえてサーフィンをしたようだ。彼は大きなカービングのアークはセットウェーブに7.83をマークし、バックアップスコアを5.93としてのヒートを勝ち上がった。 ホアキン・デル・カスティロ(PER)が、ミゲル・トゥエルダ(PER)に取って代わり、13.73でマギルの後につけて勝ち上がった。

フィン・マクギル(HAW)は、背中の苦痛を伴う負傷にもかかわらず、素晴らしい状態でラウンド2に進んだ。© WSL / Heff

フィン・マクギル(HAW)は、背中の苦痛を伴う負傷にもかかわらず、素晴らしい状態でラウンド2に進んだ。© WSL / Heff

「Vans Proで背中を痛めたので、治療をしている最中です」とマックギル言った。「それから、ハレイワで、自分が負けた第3ラウンドのヒート中で、非常にひどくサソリのように背中をそってしまい、それ以来背中が本当に痛ためました。 今朝までサーフィンをしていなかったので、それ以来の初めてのパドルアウトです。アドレナリンは、少し蹴りましたが、それでもまだ痛かったです。今日は医者に行って、ドクターの言うことを聞きに行きますが、まだわかりません。翌朝目を覚まして考えます。」

ミヒマナ・ブレイ(PYF)のバックハンドがさく裂し、ケンパーのベンチマークを追いかけて、ヒート5で8.50を獲得し、最初からフィールドをコンボ状態にした。彼はバックハンドがポイントを攻撃し、バンズワールドカップに4回連続で出場するための自信のある基盤を確立した。

地元のシェイパー、トコロとCTコーチのジェイク・パターソンをコーナーに置いたブレイは、今日の状況で競争に勝つことが、堅実に見えたタヒチアンサーファーの彼の意図を明確になり最終目標に到達するまでQSを突き進む続けるだろう。

ミヒマナ・ブレイ(PYF)は、バックハンドで8.50というこの日2番目に高いシングルウェーブスコアを踏み出した。© WSL / Keoki

ミヒマナ・ブレイ(PYF)は、バックハンドで8.50というこの日2番目に高いシングルウェーブスコアを踏み出した。© WSL / Keoki

「ただCTに入りたい、それが自分の目標です」とブレイが言った。「CTに参加している彼らから、教えてくれてレベルを上げるだけで、より多くのコンテンツと可視性を得ることがでるはずです。それが仕組みなので、 ここハワイにいるようになりました。」

強力なコンディションで快適に見えるキロン・ジャブール(HAW)は、ヒート12ではバレルインをして8.0ポイントでロックインし、さまざまな動きをしかけて7.70を記録し、バルズリーフまで乗り継ぎ再び立ち上がるまで波に乗り途方もないリードを奪った。
彼はサンセットで勝つコツを実証した。
これは誰にも負けず、2018 年のVans Proで勝利を収めた後、ホームブレイクで別のより有名な勝利を目指している。

キロン・ジャブルー(HAW)は、サンセットでの優れたステータスを証明するために、その日の最高のバレルを見つけた。© WSL / Heff

キロン・ジャブルー(HAW)は、サンセットでの優れたステータスを証明するために、その日の最高のバレルを見つけた。© WSL / Heff

「今が一番好きな時期です」とジャブールは語った。 「家にチェリーをのせて帰り、パートナーのレイラと結婚します。とてもうれしく、とても幸せです。今、自分は今年の最後のイベントでサーフィンを楽しんでいます。 自分はまだパイプトライアルに参加していますが、これが今年の最後のQSイベントです。楽しみます。ハレイワはけして良い結果が得られたのイベントはありませんでしたし、Vans Proでは望んでいたほどうまくできなかったので、今はただ楽しんでいます。」

「Vans Triple Crown of Surfing」の波予測パートナーのSurflineは、4から5フィートの波とうねりを予想している。明日の予測範囲の、11月27日水曜日には、新しい北西のうねりが4から6フィートに達する可能性がある。コンテストは、サンクスギビング(感謝祭)に合わせて11月28日木曜日に行われることはないのですが、新しい北よりのうねりは休日からよく週末の終わりに向けて上がってくる可能性がある。

「Vans Triple Crown」は、オアフ島のノースショアで37年連続で走り続け、ハレイワ、サンセット、パイプラインの3つの世界クラスの波で最高の競争力のあるサーファーを決定する。 ハレイワアリイビーチのハワイアンプロは、11月13日から24日まで開催期間があり、フレデリコ・モライス(PRT)が「Vans Triple Crown」ランキングでリードを獲得した。 シリーズの2番目のストップは、11月25日から12月7日までのサンセットビーチでのバンズワールドカップオブサーフィンで、最後のイベントは、12月8日から20日までのバンザイパイプラインでのビラボンパイプマスターズとなる。


Tags: , , ,

Category: All WSL News, WSL Star News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple