台湾のWSL「World Junior Championships」3日目のコンペティションのバトルは内容の濃い戦となった。

件のコメント 2019年11月29日 |
WSL「World Junior Championships」の3日目、南アフリカのエリ・ベウケス(ZAF)が9.17を獲得した © WSL / Matt Dunbar

WSL「World Junior Championships」の3日目、南アフリカのエリ・ベウケス(ZAF)が9.17を獲得した © WSL / Matt Dunbar

金樽港(ジンズンハーバー)台東 / 台湾
(2019年11月28日木曜日):

WSL「World Junior Championships」は2019年台湾オープンサーフィンの一部として、メンズラウンド2とラウンド3の4ヒートまでが、かなりきつい風中で行われてた。ラウンド3のオープニングヒートが行われると、メンズクォーターファイナルの最初の4つのスポットが埋められた。

日本の安土丈(JPN)はWSL「World Junior Championships」ではよく知られたサーファーの一人です。今回のトロフィー挑戦は3回目のタイトルになります。2017年、爆発的に若い、レギュラーフッターの彼はファイナルまで進み、フィン・マクギル(ハワイ)に勝利を許し世界2位になった。 2019年、安土は台湾での目標を明確にした。それはさらに一歩前に進んで、彼が自身初ワールドジュニアタイトルを獲得し、2020チャレンジャーシリーズでスポット獲得を示唆している。

「台湾でのサーフィンはいつも良い感じです。」と安土は言った。「ここのコンペティションには常に波があり、多くの可能性があります。僕は来年のチャレンジャーシリーズで自分自身の出場権を確保するために、QS3000とワールドジュニアの両方を獲得することを目標に台湾オープンに来ました。しかし、QS3000では思い通りの結果が出なかったので、ワールドジュニアでの良い結果に集中しています。」

タヒチアンのカウリ・ヴァースト(FRA)は決勝戦に向けて暴走を続け、オーストラリア代表ダコダ・ウォルターズ(AUS)を第3ラウンドのヒート2で倒した。ウォルターズは、風の強い条件でのサーフィンすることを選択し、 ヴァーストはレフトのフェイスをうまく使った。 カウリがリードした状態でとプライオリティーを獲得すると、ウォルターズがスコアをロックすことができなくなるようにラインナップをうまく使い、彼を同率9位にとどまらせた。

「このヒートは、自分たちがお互いに近づいていなかったので、本当にストレスの多いヒートした。彼が良い波を得ているかどうかはわかりませんでした」と、ヴァーストは言った。「一度スコアが得たら、そのあとはプライオリティーをうまく使い、ドキドキしながらインサイドでエアリアルを試みてみました。 彼に最後の波をとらせたとき、自分は彼の代わりにそれの後ろにもっと良いものがあればと願いそれを望んでいました。クォーターファイナルに進出できてとてもうれしいです。

ラウンド4のヒート3は、ルーク・スライペン(南アフリカ)とケード・マットソン(アメリカ)の最も注目される2人のフォームサーファーがジンズンハーバーで直接対戦したため、事実上最もエキサイティングな対戦の1つとなった。 両者のサーファーはポイント計画を早めに確率したが、バックアップを作り出すのに苦労し、予想されるヒート平均スコアの戦いとなった。 幸いなことに、マトソンは、わずか3.50ポイントを残り時間数秒のところでリードし、クォーターファイナルに進出した。

「とても激しいヒートでした」とマトソンは言った。 「どこで波を見つけて、どこにポジションするべきかを知るのはとても大変でした。 イベントの最中にサーフィンをしましたが、それよりもずっと良かったと断言します。風や潮が変わったのかどうかはわかりませんが、本当に大変でした。自分はその1つをクリアできてうれしいです、そして、これらのレフト愛しているのでうねりが続けてくることを望みます。 レフト方向に行くことは間違いなく自分の強さなので、ここ台湾での波に興奮しています。」

今日の最終ヒートでは、テーン・ボーエン(ニュジーランド)が壮大なパフォーマンスを披露し、この大会の一番の目玉サーファーでカリフォルニアから参戦のクロスビー・カラピント (アメリカ)から勝利を奪った。 カラピントは思い通りの戦略ができず、一連の大きなバックハンドヒットで堅実なグーフィーで8.50を記録した。 ボーデンは8.17で、フロントサイドのシームレスなカーブのコンビネーションをメイクし、見事ヒートを勝ち終えた。

南アフリカのデュオ、エリ・ビュークス(南ア)とルーク・スリッペン(南ア)は、早朝からパフォーマンスを開始した。
スリッペンは、金樽港(ジンズンハーバー)でのパワーと革新的な動きを示すために、2本のトータールポイントを16.66とした。 ビューカーズは巨大なエアーリリースをメイクして、このヒートで9.17を記録した。 最終的に、スリッペンは敗退したが、ビュークスはまだラウンド3ヒートをサーフしていない。

WSLコンテストおよびイベントディレクターは、明日の午前6時30分にファーストコールをかけるため、明日朝に金樽港(ジンズンハーバー)に再集結する。

台湾オープン 「World Junior Championship」は11月26日から12月1日まで開催されます。詳細については、台湾オープンオブサーフィンのすべてのアクションをご覧ください。www.worldsurfleauge.comにアクセスするか、無料のWSLアプリをダウンロードしてください。

WSL世界ジュニア選手権男子ラウンド3結果:

ヒート1:ジャスティン・バークレット(フランス)14.50 勝ち。 コール・アウベス(ハワイ)11.07
ヒート2:カウリ・ヴァアスト(タヒチ)12.96 勝ち。 ダコダ・ウォルターズ(AUS)12.74
ヒート3:カデ・マトソン(アメリカ)8.50 勝ち。 ルーク・スライペン(南アフリカ)7.63
ヒート4:ターン・ボーエン(ニュージーランド)14.67 勝ち。 クロスビー・コラピント(アメリカ)13.53

WSL世界ジュニア選手権男子ラウンド3今後の対戦予定:

ヒート5:安土丈(日本)vs.ザビエル・ハックステーブル(オーストラリア)
ヒート6:アラン・クレランド(メキシコ)vs.エリ・ベークス(南アフリカ)
ヒート7:ルーカス・ビセンテ(ブラジル)vs.村田嵐(日本)
ヒート8:ジェット・シリング(アメリカ)vs.カトゥ・アグス(インドネシア)

詳細については、WorldSurfLeague.comをご覧ください。


Tags: , , ,

Category: All WSL News, WSL Junior News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple