ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!

件のコメント 2019年11月30日 |
アムロ・ツヅキ・アムロ(都筑有夢路)とルーカス・ビセンテ(ブラジル)が、2019年の「Taiwan Open of Surfing」のメンズとウィメンズのWSLワールドジュニアチャンピオンとなった。 (左から)台東県知事エイプリル・ヤオ、アムロ・ツズキ(日本)、ルーカス・ビンセンテ(ブラジル)アリッサ・スペンサー(米国)、そしてケード・マットソン(米国)。© WSL / Matt Dunbar

アムロ・ツヅキ・アムロ(都筑有夢路)とルーカス・ビセンテ(ブラジル)が、2019年の「Taiwan Open of Surfing」のメンズとウィメンズのWSLワールドジュニアチャンピオンとなった。 (左から)台東県知事エイプリル・ヤオ、アムロ・ツズキ(日本)、ルーカス・ビンセンテ(ブラジル)アリッサ・スペンサー(米国)、そしてケード・マットソン(米国)。© WSL / Matt Dunbar

金樽港(ジンズンハーバー)、台東 / 台湾
(2019年11月29日、金曜日):

ツヅキ・アムロ(日本)とルーカス・ビセンテ(ブラジル)が、2019年の「Taiwan Open of Surfing」のメンズとウィメンズのWSLワールドジュニアチャンピオンとなった。 コンテストの最終日は、金樽港(ジンズンハーバー)に頑強な手に負えないほどの6から8フィートの波が押し寄せ、世界トップクラスのジュニアサーファーがこれにテストされ、歴史的な偉業を成し遂げこの厳しい環境をバラ色の雲の上に変えた。カリフォルニアのケード・マットソンとアリッサ・スペンサーの2人が決勝で準優勝となり、このペ厳しい戦いをした。

ツヅキ・アムロ(日本)は今日、新たに歴史を作り、日本初のWSLジュニアワールドサーフィンチャンピオンになった。そして最後は、すべてのヒートで高得点を記録して決勝に進出してきた、アリッサ・スペンサー(アメリカ)と対戦した。決勝日は、彼女にとって以前のヒートのようにはいかず異なり、都筑(ツヅキ)が最終ヒート全体的を制御し、2本の波の組み合わせを13.00(可能な20のうち)として、最終的には彼女がワールドタイトルのトロフィーを得る結果となった。

「私は今、とてもとても幸せです!」と都筑は言った。「この出来事は、すべてが私にとっては人生最高な出来事です。 さまざまな条件を備えた素晴らしいイベントで、ここ台湾でのサーフィンを楽しみました。 今日は波が大きく、水の流れがすごく激しく動いていたので、本当にチャレンジな日でしたが、私はあきらめないことに集中しました、そしてそれが結局は今日私自身のために役立ちました。とても幸せです。」

「Taiwan Open of Surfing」のWSLワールドジュニアでウィメンズのチャンピオンを獲得した都筑有夢路(日本)。© WSL / Matt Dunbar

「Taiwan Open of Surfing」のWSLワールドジュニアでウィメンズのチャンピオンを獲得した都筑有夢路(日本)。© WSL / Matt Dunbar

都筑有夢路(アムロ・ツヅキ)は台湾のサーフィンオープンで歴史を作ったことだけでなく、彼女が2020年ウィメンズのCTエリートツアー(チャンピオンシップツアー)に参戦するためにはあと数日待たなければならない。今週のファイナルズデーに示された彼女のプロ気質と決意は、彼女がこの先世界最高のエリート選手の中にうまく戦えるかを十分に証明した。これは今回のセミファイナルヒートで証明したもので、15分近く大波のセットをパドリングした後、逆転に必要なスコアを得るために向きを変えセットを捕まえクローズアウトセクションでバックサイドの強烈なターンをメイクした。その結果9.27ポイントをつかみ取り、最終的に彼女が逆転で勝チ上がったことが彼女を主張する重要なしーんとなった。

「あのターンにすべてをぶつける必要があるとわかっていたので、やり切れたのでとても興奮してます」と都筑は続けた。「来年の自分のスポットについては何もできませんが、マウイで結果を待ちます。 何が起こっても、今年の成果にとても満足しています。」

「Taiwan Open of SurfingでのWSLワールドジュニアチャンピオンの優勝を勝ち取った都筑有夢路(日本)。© WSL / Matt Dunbar

「Taiwan Open of SurfingでのWSLワールドジュニアチャンピオンの優勝を勝ち取った都筑有夢路(日本)。© WSL / Matt Dunbar

カリフォルニアのアリッサ・スペンサーは、ジンズン・ハーバーでレフト・ライトにしっかりと波が立っているので快適に見えたため、ファイナルズデーで負けるサーファーに見えました。決勝では、スペンサーは長いレフトに良い最初のスコアを出し、ラインナップに戻るのに苦労したので、いったん陸にあがりビーチを駆け上がってポジションを取り戻すこととなった。最終的に、スペンサーはチャンスを見つけたが、疲れが見え始めたサーフィンに最終ターンがうまくメイクできず、台湾でのチャレンジは2位で終えた。

「ここまでやってきて2位に甘んじることに失望していますが、アムロが勝利したことに祝福のエールをたたえます」とスペンサーは言った。「彼女は私の友人だし、素晴らしいサーファーなのでとても満足しています。今日は波が大きかったのでとても苦労しましたが、私たち全員のサーファーにとっては大きな挑戦でした。 私はジュニアにあと2年出られるので、来年また戻ってきます。台湾ではとても楽しんでいます。 ここへは2度目になりますが、いつも波があり私はすでに来年のことを考えています。

ルーカス・ビセンテ(ブラジル)は、彼の同郷の良き友人でもある、マテウス・ハーディが昨年ここで成功したことを心に決めて台湾にやってきた。それは、まさにそのワールドタイトルを勝ち取る結果となった。この大会にかけているイベントケイド・マトソン(米国)に対して35分間のファイナルでは、ビセンテが逆転するために必要なスコアが17.41のコンボとなっていたために彼の夢は打ち砕かれ走に見えた。ウィメンズのセミファイナルでアムロ・ツヅキが見せたのと同様に、ビセンテはけっしてあきらめることなく、最初に8.63をメイクして再び争い復帰した後のこりほんの数秒でもう1つのチャンスを見つけだし、さらに、豪快なバックサイドエアリバースを聖成功させて、勝利奪い取った。

「この偉業は長い間、自分の夢であり、達成したとは信じられないほどうれしいです」とビセンテは語った。「ファイナルを含め、すべてのヒートは自分にとっての戦いだったと感じています。 ファイナルで2つの大きなスコアが必要な場合でも、決してあきらめないことを心に決めてました。マテウスが翌年ここでタイトルをブラジルに持ち帰ることができたことはとても素晴らしいことでした。自分たち2人は子供の頃から一緒にサーフィンをしていて、今では彼と冗談を言いあってます。このような美しい場所で、この夢を達成できたことを本当に誇りに思います。台湾は最高な楽園です。

台湾オープンオブサーフィンのWSLワールドジュニアチャンピオンズでの勝利を確信するルーカス・ビンセント(ブラジル)。© WSL / Tim Hain

台湾オープンオブサーフィンのWSLワールドジュニアチャンピオンズでの勝利を確信するルーカス・ビンセント(ブラジル)。© WSL / Tim Hain

ケード・マトソンは台湾でオンファイアーし、金樽港(ジンズンハーバー)でのヒートを圧倒し、高いスコアとなる強力で的確なバックハンドサーフィンを見せつけた。サンクレメンテ、ローカルの彼は、決勝ではトータルスコア17.40のヒートを記録したが、残念なことに、ファイナルで、大暴れするルーカス・ビセンテを止めるのにまだ十分ではなかった。マットソンは、全力を尽くきり、鼻高々で台湾から自国へ帰国し、2020年には別のタイトルへ向けて再始動することになる。

「今年の目標はファイルに進むことだったので、それができて本当にうれしいです」とマトソンは語った。「明らかに優勝すればそれはすばらしかっただろうと思いますが、自分はこれ以上うまくできなかったことを理解しますし、いまは自分自身に満足しなければならないです。ここ台湾で今までで最高の波のいくつかを手に入れたので興奮しています。 自分はまた、ジュニアで勝ちたいので、来年もそのために戻ってきます。」

台湾オープンワールドジュニアチャンピオンシップは、11月26日から12月1日まで開催されます。

詳しくは、台湾オープンオブサーフィンのすべてのアクションをご覧ください。

www.worldsurfleauge.comにアクセスするか、無料のWSLアプリをダウンロードしてください。

WSLワールドジュニアチャンピオンズ・メンズ 4日目の結果:

ラウンド3ヒート:

ヒート5:安室丈(日本)13.00 勝ち。ザビエルハスタブル(オーストラリア)9.00
ヒート6:エリ・バークス(南ア)15.16 勝ち。アラン・クレランド(メキシコ)12.37
ヒート7:ルーカス・ビセンテ(ブラジル)9.57 勝ち。村田嵐(日本)9.37
ヒート8:ジェット・シリング(アメリカ)16.70 勝ち。カトゥー・アグス(IDN)7.23

クォーターファイナル:

ヒート1:ジャスティン・ベクレ(フランス)14.60 勝ち。カウリ・ヴァースト(フランス)10.47
ヒート2:ケード・マトソン(米国)15.20 勝ち。タイン・ボーデン(ニュージーランド)14.26
ヒート3:安室丈(日本)13.67 勝ち。エリ・ベウケス(南ア)11.80
ヒート4:ルーカス・ビセンテ(ブラジル)13.00 勝ち。ジェット・シリング(米国)8.33

セミファイナル:

ヒート1:ケード・マトソン(米国)16.24 勝ち。ジャスティン・ベクレ(フランス)14.40
ヒート2:ルーカス・ビセンテ(ブラジル)16.13 勝ち。安室丈(日本)15.10

ファイナル:

ルーカス・ビセンテ(ブラジル)17.56 勝ち。ケード・マットソン(米国)17.40

WSLワールドジュニアチャンピオンズ・ウィメンズ 4日目の結果:

クォーターファイナル:

ヒート1:都筑有夢路(日本)13.60 勝ち。キラ・ピンカートン(米国)10.43
ヒート2:ガブリエラ・ブライアン(ハワイ)15.43 勝ち。サバンナ・ストーン(ハワイ)9.57
ヒート3:アリッサ・スペンサー(アメリカ)15.20 勝ち。ケイト・リンシマーズ(アメリカ)15.00
ヒート4:脇田紗良(日本)13.00 勝ち。ソル・アギレ(ペルー)4.67

セミファイナル:

ヒート1:都筑有夢路(JPN)14.60 勝ち。ガブリエラ・ブライアン(HAW)13.70
ヒート2:アリッサ・スペンサー(アメリカ)13.00 勝ち。脇田沙羅(JPN)10.93

ファイナル:

都筑有夢路(日本)13.00 勝ち。アリッサ・スペンサー(アメリカ)10.16

詳細については、WorldSurfLeague.comをご覧ください。


Tags: , , , , ,

Category: All WSL News, WSL Junior News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple