巨大な波の到来でキックスタートした2019年「台湾オープン世界ロングボード選手権」

件のコメント 2019年12月3日 |
2015年世界ロングボードチャンピオンのレイチェル・ティリー(米国)は、2019年「台湾オープンの世界選手権ロングボードチャンピオン」の舞台金樽港(ジンズンハーバー)が大波にとなったことに大喜びしている。© WSL / Matt Dunbar

2015年世界ロングボードチャンピオンのレイチェル・ティリー(米国)は、2019年「台湾オープンの世界選手権ロングボードチャンピオン」の舞台金樽港(ジンズンハーバー)が大波にとなったことに大喜びしている。© WSL / Matt Dunbar

金樽港(ジンズンハーバー)、台東/ 台湾
(2019年12月1日日曜日):

2019年「台湾オープン世界ロングボードチャンピオンシップ」が金樽港(ジンズンハーバー)で開催され、イベント帰還の初日には盛大な競争が見られた。コンペティターは、6フィートを超える巨大なクリーンな波と戦い、メンズとウィメンズのラウンド1を完了し、メンズのラウンド2、2ヒートを行った。

現在のWSLロングボードツアーのランキングリーダーでのジャスティン・クィンタル(米国)は、彼が初の世界タイトルを決める可能性を抱えて台湾に乗り込んできた。勝利に飢えた他の選手がかかとを締めて、クィンタル自身は勝つチャンスを自分に与えるために、1日目に戦略はレギュラーからスタートし、オージーのジャック・エントウィッスル(オーストラリア)とニコラス・ブリューワー(オーストラリア)の2人は、最初のラウンドマッチアップに勝ち、彼は今ラウンド3に進み、勝利に向けての一歩を踏み出した。

「そのヒートをフィニッシュできる最高のポジションに自分を持って行き良かったと感じてます」とクィンタルは語った。「このイベントは他の多くの選手に人にとっても門戸が開枯れたままなので、このイベントが他のイベントよりも重要なのが少し気になります。私は間違いなく良いポジションにいますが、世界タイトルを獲得するためにやるべきことは、まだたくさんあります。それが重要な目標です。それはおそらく自分が今までサーフィンした中で最も難しいヒートの1つになるでしょう。陸で見ていると波はとてもよく見えますが、沖に出ると大量の水が流れ、巨大なセット入ってきます。間違えな多くの体力が必要です。台湾に来るのは、はじめての体験です。どこにいても本当に楽しいです。波がとても良く、人々は素晴らしいからです。」

現在のワールドロングボードチャンピオンのスティーブン・セイヤー(南ア)は、「台湾オープンロングボード世界選手権」の1ラウンド1で、彼の良き友人であり旅のパートナーのケビン・スクヴァルナと戦うという厳しい組み合わせが持っていた。相棒とWSLのヒートで対戦するのは初めてで、金樽港(ジンズンハーバー)の長いレフトの波に乗る2つのスタイリッシュなグーフィーフッターは期待を裏切らずにスピードで波を切り刻み、最後に優雅なノーズライドを見せた。勝利を手にしたのはセイヤーで、対戦相手のスカヴァナと地元ワイルドカードチャン・フア・チェン(台湾)がラウンド2へ回ることになった。

「ケビンと自分は、お互いにヒートで当たったことがありません。」とセイヤーは言った。「自分たちが互いに冗談を言うことはすべてのイベントで一致し、最終的に今回現実になり今、自分は彼を捕らえたのですがという感じ?仲間と一緒にいて、彼らと対してサーフィンをするのは楽しいです。難しい気持ちはありませんか?色のついたジャージを相手にサーフィンをしていて、陸上では最高の仲間です。最初のヒートを邪魔せずに緊張をほぐしてくれてうれしいです。私はもう一週間近くここにいて、素晴らしい波を獲得していますか?ここ台湾で大好きです。」

ハリソン・ローチ(オーストラリア)は、最近行ったアラスカ旅行の新鮮さから、トランクスに着替えた、よりトロピカルなの気候を楽しんる。台湾への最初の旅行で、彼はサーフィンを満喫してた。ヌーサが地元サーファーたちは、微妙に変化するピークにうまく適応しているように見えた。メンズラウンド1でシングルウェーブハイエストスコアを獲得し、6.67(可能な10のうち)レギュラーのクローズアウトなロングライトでダイレクトなライディングをメイクした。

「僕はアリューシャン諸島でショートボードのトリップから戻ってきたばかりなので、暖かい水に戻って良い気分です」とローチは言った。「ここは初めての旅で、自分は今のところ本当にこの場所を愛しています。自分たちはこの海岸で波の上下を楽しんでいます。このWSLイベントに参加する自分にとって、今年は本当に興味深い年でした。伝統的でまた、本当のロングボードスタイルが認められたのが本心です。その仲の一人になれたことを嬉しく思います。今週は、友達の一人がワールドチャンピオンに選ばれる可能性があります。彼にはチャンスがあるかもしれませんが、自分の道を歩むために多くのことが必要なので結果に準じます。」

メンズのラウンド1が終了後、ウィメンズの世界トップロングボーダーが、金樽港(ジンズンハーバー)のラインナップに登場し、巨大なロングウォールのうねりを華麗にトリミングした。ヒート1に元ワールドロングボードチャンピオンのソレイユ・エリコ(米国)が登場し「台湾オープン」のにヒートを完全な戦い方をしたのはみなが納得する結果となった。エリコにとって、ヒート勝利は容易ではなかったが。わずか0.30ポイントで、対戦相手のサリー・コーエンとヘイリー・オットからの差を広げた。結果はエリコが余裕でラウンド3に進んだ。

「昨年は、私の人生で最高の一日を過ごしたこの場所に戻ってきてとてもうれしいです」とエリコは言った。「今年はとても厳しいヒート展開でした。「世界チャンピオンになって以来、私の人生では特段大きな変化はありませんでした。」

「台湾オープンワールドロングボードチャンピオンシップ」は12月1日から7日に開催されます。

詳細および「台湾オープンオブサーフィン」のすべてのアクションを見るには、https://www.worldsurfleague.com/ にアクセスするか、無料のWSLアプリをダウンロードしてください。

「台湾オープンロングボードチャンピオンシップ」メンズラウンド1結果:
ヒート1:テイラージェンセン(米国)11.17 勝ち、タカ・イノウエ(日本)8.33、ガブリエル・ナシメント(ブラジル)6.97
ヒート2:ジャスティン・ クィンタル(米国)8.10 勝ち、ジャック・エントウィッスル(オーストラリア)8.00、ニコラス・ブリューワー(オーストラリア)4.94
ヒート3:カイ・サラス(ハワイ)9.90 勝ち、ジョシュ・コンスタブル(オーストラリア)9.30、マックス・ウェストン(オーストラリア)8.50
ヒート4:スティーブン・セイヤー(南ア)10.46 勝ち、ケビン・スクヴァルナ(米国)8.83、チョン・フア・チェン(台湾)5.97
ヒート5:ハリソン・ローチ(オーストラリア)12.00 勝ち、コール・ロビンス(米国)8.04、カイマナ・タカヤマ(米国)7.30
ヒート6:トニー・シルヴァーニ(米国)10.77 勝ち、ルーカス・ガリド・レッカ(ペルー)8.93、フィル・レズマン(ブラジル)8.80
ヒート7:エドゥアール・デルペロ(フランス)13.04 勝ち、ロドリゴ・スファイアー(ブラジル)10.83、クリントン・ゲスト(オーストラリア)7.16
ヒート8:カニエラ・スチュワート(ハワイ)10.93 勝ち、ベン・スキナー(英国)8.93、ウェンダーソン・ビルド(ブラジル)1.27

「台湾オープンロングボードチャンピオンシップ」ウィメンズラウンド1結果:
ヒート1:ソレイユ・エリコ(米国)8.36 勝ち。サリー・コーエン(ハワイ)8.20、ヘイリー・オットー(ハワイ)8.00
ヒート2:レイチェル・ティリー(米国)12.83 勝ち、田岡夏美(日本)9.70、小山みなみ(日本)8.03
ヒート3:クロエ・カルモン(ブラジル)10.43 勝ち、ゾーイ・グロスピロン(フランス)4.34、キーラ・モルナー(AUS)4.20
ヒート4:ホノルア・ブロムフィールド(Hハワイ)13.97 勝ち、、アカ・カマヒナ(米国)5.20、パン・メイ・シン(台湾)1.90
ヒート5:オフェリー・アー・コーエン(レユニオン)12.10 勝ち、リンジー・スタインリーデ(米国)9.93、吉川広夏(日本)7.47
ヒート6:アリス・ルモワーヌ(フランス)12.26 勝ち、キャスソン・ヒューズ(オーストラリア)7.47、ケリス・カレオパア(ハワイ)4.10
ヒート7:タリー・ホワイト(オーストラリア)8.84 勝ち、ケイトリン・ミケルセン(米国)7.40、エミリー・レスブリッジ(オーストラリア)5.97
ヒート8:キラ・シール(ハワイ)6.84 勝ち、メイソン・シュレンマー(米国)6.33、アバロン・ガル(米国)5.94

「台湾オープンロングボードチャンピオンシップ」メンズラウンド2結果:
ヒート1:コール・ロビンス(米国)10.10 勝ち、 チャン・フー・チェン(台湾)6.14
ヒート2:ベン・スキナー(英国)15.00 勝ち、マックス・ウェストン(オーストラリア)9.26
ヒート3:ロドリゴ・スファイアー(ブラジル)10.87 勝ち、ニコラス・ブリューワー(オーストラリア)8.37
ヒート4:フィル・ライズマン(ブラジル)10.87 勝ち、ガブリエル・ナシメント(ブラジル)8.57

「台湾オープンワールドロングボードチャンピオンシップ」メンズラウンド2マッチアップ:
ヒート5:井上タカ(日本)vs.カイマナ・タカヤマ(米国)
ヒート6:ジャック・エントウィッスル(オーストラリア)vs.ルーカス・ガリド・レッカ(ペルー)
ヒート7:ジョシュ・コンスタブル(オーストラリア)vs.クリントン・ゲスト(オーストラリア)
ヒート8:ケビン・スクバーナ(米国)vs.ウェンダーソン・ビルド(ブラジル)


Tags: , ,

Category: All WSL News, WSL Longboard News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple