ダンタスが悲願のボルコム・パイプ・プロ優勝、QS5000第3戦はブラジル勢が上位独占

件のコメント 2020年2月3日 |
PIPELINE, UNITED STATES- FEBRUARY 01: Prize giving during day 4 the 2020 Volcom Pipe Pro at Pipeline, Haleiwa on February 01, 2020 in Hawaii, USA. (Photo by Keoki Saguibo/WSL via Getty Images)

PIPELINE, UNITED STATES- FEBRUARY 01: Prize giving during day 4 the 2020 Volcom Pipe Pro at Pipeline, Haleiwa on February 01, 2020 in Hawaii, USA. (Photo by Keoki Saguibo/WSL via Getty Images)

パイプライン、オアフ島/ハワイ
(2020年2月1日)

男子のクオリファイングシリーズ(QS)5000の第3戦、ボルコム・パイプ・プロが行われた。ウィッゴリー・ダンタス(ブラジル)が、パワフルでチャレンジングなコンディションの中、自身初のパイプラインでの優勝を飾った。この大会でブラジル勢は強く、ジョアオ・チアンカが準優勝、ヤゴ・ドラも3位に入った。

ダンタスの栄光への道筋は、11度の世界王者に輝くケリー・スレイターの次ぐ2位となった2014年から始まった。そこからこの世界的に有名な波を制することに執着した。30歳のブラジル人は、この大会に9度チャレンジし、ノースショアへは20年以上も足を運んだ。故に、栄冠をつかむのは時間の問題だった。

「(優勝には)驚いた同時に疲れたよ。でも、やっぱり驚いたね」と、素直な気持ちを吐露したダンタス。「パイプラインのイベントに勝つのは長年の夢だった。自分にとってここの波は人生の中で特別なもの。優勝できたことは本当にうれしい。シーズン初めで特に集中していた」と、長年の夢を叶えて喜びを爆発させた。

Wiggolly Dantas © WSL / KEOKI SAGUIBO

Wiggolly Dantas © WSL / KEOKI SAGUIBO

ドリーミーからディフィカルトに変わったコンディションの中、ダンタスが勝利を引き寄せたのは爆発力あるバックハンドのアタックだった。ファイナルでは鋭いバックハンドスナップで8.0ポイントのエクセレントを叩き出し、ともに決勝を争った他の3人を沈黙させた。

Wiggolly Dantas © WSL / KEOKI SAGUIBO

Wiggolly Dantas © WSL / KEOKI SAGUIBO

2月11日からブラジルで始まるオイ・ハング・ルース・プロ・コンテストに弾みをつけたダンタスは、「ここパイプラインで波を得るのはいつも特別なこと。なぜなら、人生の最高の波をゲットできるからね。ここには25年以上来ているけど、何度か勝てるチャンスがあった。決勝、準決勝、準々決勝とあともう少しのところで涙を飲んできつかった。だから、今年はこのイベントを勝とうと思っていたのさ」と、狙っての勝利を喜んだ。

セス・モニス(ハワイ)は、元ボルコム・パイプ・プロ覇者の兄ジョシュアと準決勝で対峙した。兄弟がQSヒートで対決したのは初めてのことだった。ここではセスに軍配が上がり、決勝に駒を進めた。

Seth Moniz © WSL / TONY HEFF

Seth Moniz © WSL / TONY HEFF

「ジョシュはQSで戦っている。だから、2021年には一緒にチャンピオンシップ・ツアー(CT)にいることを願うよ」と話すのはセス。「QSで兄と戦ったのは初めて。もちろんパイプでも。若いころジュニアでは戦ったことあるけどね。今回はメローな感じで、僕たちは自分がやることに集中して、兄は他の競技者のように感じていた」と、兄弟対決を振り返っていた。

Joao Chianca © WSL / KEOKI SAGUIBO

Joao Chianca © WSL / KEOKI SAGUIBO

ドラは、大会を通じて際立っていた。ラウンド4のヒート1でエアリバースを見せるなどエアショーを披露した。そしてこの日のファイナル、フォアハンドの美しいターンでスコアをメイクしようとしたが、電光石火のようなスピードあるチアンカの後塵を拝し、3位に終わった。

そのチアンカは、準決勝で8.17のエクセレントをマーク。決勝では、多様性がありパイプに適応したサーフィンを見せて4.00と3.83を記録して2位を確保した。

L to R: Volcom's Ryan Immegart, Jeannie Chesser, Billy Kemper with son Lion, and Kaipo Guerrero. WSL / KEOKI SAGUIBO

L to R: Volcom’s Ryan Immegart, Jeannie Chesser, Billy Kemper with son Lion, and Kaipo Guerrero.
WSL / KEOKI SAGUIBO


Tags: , , , ,

Category: All WSL News, WSL Star News

About Media Manager: View author profile.

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple