5月いっぱいの全イベントを中止か延期 WSLが発表

件のコメント 2020年3月17日 |
An empty wave at Winkipop during Round Two at the Rip Curl Pro, Bells Beach.

An empty wave at Winkipop during Round Two at the Rip Curl Pro, Bells Beach.

ロサンゼルス、カリフォルニア/アメリカ

(2020年3月16日)

ワールドサーフリーグ(WSL)は、世界的に急速に蔓延する新型コロナウイルスの影響で、5月いっぱいまですべてのレベルでの大会やイベントを中止か延期にすると発表した。WSLはすでに、残りの3月のすべてのツアーレベルの大会を中止にする決断を下していた。そのため、3月26日からオーストラリアのゴールドコーストで開催予定だったチャンピオンツアー(CT)開幕戦やWSLビッグアウォーズも中止になる。なお、6月にインドネシアで開催が予定されているクイックシルバー・プロ・Gランドは、中止になるかよりインフラが整った別のエリアで開催されるかもしれない。

WSLのエリク・ローガンCEOは、ファンやサポーターに向けてビデオメッセージを送った。「2020年のCTをはじめ、できるだけ早くすべてのイベントを始めたいと思っています。我々はすでにハードワークして、新たなる2020年のツアーのためのシナリオを考えています」。ローガンCEOは、ツアー再始動に向けて懸命に努力していることを伝えた。

現時点で海外への渡航は厳しいため、イベント再開の適切な時期を見極めるのは難しい。また、サーファー達やイベント開催地の安全性を保つのも困難だ。ローガンCEOは、「私は皆さんと同様に(WSLの)ファンです。世界中の最高の波で、世界最高峰のサーファー達が戦う姿を見たいです。しかしながら、WSLの現時点の最優先事項は、我々のアスリート、ファン、世界中で働くスタッフの健康と安全です」と話していた。

なお、WSLが新型コロナウイルス関連の世界中の専門家から聞いた情報によれば、6月が2020シーズンを安全にスタートできる最も可能性がある時期だろうという。

ローガンCEOは、「我々のリーグは、グローバルなスポーツです。故に、各国へのツアーやイベントをベストの状態で臨むのはチャレンジングで、可能ではありません。公のイベントを組織するリーグとして、ウイルスを急速に拡散させないように社会的責任をもってとても注意しています」と話し、再開には慎重を期している。

このような状況の中、WSLは新しいサーフィンコンテンツを発信し続けている。ローガンCEOによれば、「WSLのスタジオから配信するコンテンツ量を増やしている。次のスタートのホーンが聞こえてくるまで、全員とつながり続けるため新たな道を模索しています」とのこと。イベントが行われない中でも、多くのコンテンツを発信して再開時までサーフィンファンの気持ちをつなぎとめていくようだ。

「サーフィン愛は世界をつなげます。このような不安な気持ちの間は、みんなで結束して、このスポーツ、海、アスリート、そして皆様との情熱を共有することによって我々の前向きな気持ちを共有していきたいです」と、ローガンCEOは、このような事態だからこそ、世界の人々と協力していくことを呼びかけてた。


この投稿をInstagramで見る

Due to the continued evolution of the COVID-19 pandemic, the World Surf League is postponing or canceling all events, at all levels of competition, through the end of May. This includes the postponement of the remainder of the events in the Australian leg of the Championship Tour, Rip Curl Pro Bells Beach and Boost Mobile Margaret River Pro, as well as the WSL Big Wave Awards. The Quiksilver Pro G-land – scheduled to take place in a remote part of Indonesia in June – will either be canceled or moved to an area with more infrastructure. The love of surfing is the bond that holds our global community together. We want to share positivity during these anxious times, by continuing to celebrate that bond, and our shared passion for this sport, the ocean, our athletes and one another. We are going to keep talking about surfing, and worldsurfleague.com will continue to deliver daily content – and release awesome new content – about where surfing’s been, where it is and where it’s going. We are going to do that on all of our platforms. We are going to increase the volume of content we are producing from WSL Studios, deepen our editorial, and find new ways to stay connected all while we wait for that next opening horn to sound – and we are going to be asking you, our fans, what you want to see. We have every intention of commencing the 2020 Championship Tour season, and all our tours, as soon as possible. We are already hard at work doing scenario planning for what a reimagined 2020 tour might look like. As is the case everywhere, hardship is forcing creativity! The world’s best surfers will be back in the water very soon and we’ll continue to deliver a daily celebration of surfing on worldsurfleague.com from now until infinity. We are grateful for all your continued support. Stay safe. Keep surfing. We’ll see you out there | @elo_eriklogan Read more at worldsurfleague.com

World Surf League(@wsl)がシェアした投稿 –


Tags: , ,

Category: All WSL News

About Hiroshi Ichino: View author profile.

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple