五十嵐カノアのサーフィンは努力の賜物

件のコメント 2020年3月23日 |


2019年はチャンピオンシップツアー(CT)初優勝を果たすなど、世界6位でフィニッシュして結果を残した五十嵐カノア。そんな彼のサーフィンは、ハードワークの結果がもたらしたものと言える。

五十嵐がCTに昇格した2016年、彼はスモールウェーブでは素晴らしかったが、よりパワーが必要なロケーションではやや力強さに欠けていた。しかし五十嵐はハードワークを繰り返し、見事自分の弱点を解消した。素晴らしい改良を加えたため、今では高さのあるスプレーを飛び散らし、ワールドクラスのターンを決めている。

五十嵐のこの成功は、両親のサポートなくして語れない。彼の父、つとむこと“トム”は日本で育ち、スポーツの大ファンである。トムと妻のミサは二人の子供を授かったとき、息子へサーフィンで大きな夢を与えるという稀有な目的を持ってカリフォルニアへ移住した。

その結果、今では五十嵐はツアーで真の強豪に育っている。2020東京にも内定している。そして、日本で本物のセレブになっている。今後さらに活躍すればするほど、彼の名前は世界中に知れ渡るだろう。


Tags: , ,

Category: All WSL News

About Hiroshi Ichino: View author profile.

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple