Category: ASP Junior News

湘南の鵠沼海岸で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」で次世代ヒーローたちの暑い戦いが繰り広げられた。

湘南の鵠沼海岸で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」で次世代ヒーローたちの暑い戦いが繰り広げられた。

件のコメント 2018年7月8日

7月8日、初夏の陽気の中で「BILLABONG SUPAR KIDS CHALLENGE SHONAN」が開催された。1日中を通して過ごしやすい気候で、ややオンショアが吹いていたものの、波のサイズも腰?胸ほどで、条件は最高のコンテスト日和となった。日本の選手のみならず外人選手も参加し、ワールドクラスのジュニア大会が繰り広げられた。カテゴリーは16歳以下がカデット、12歳グロム、16歳以下のガールズとなり、すべてのクラスで見応えのあるヒートが展開された。

シーズン2戦のグロムシリーズ「Billabong Super Kids Challenge Shonan 2018」が7月8日(日)に湘南で開催される。

シーズン2戦のグロムシリーズ「Billabong Super Kids Challenge Shonan 2018」が7月8日(日)に湘南で開催される。

件のコメント 2018年6月18日

2018年のWSLジャパンレッグ第3戦となる「Billabong Super Kids Challenge Sonan 2018」が7月8日(日)に神奈川県藤沢市鵠沼海岸で開催される。翌日の9日から始まるQS1500「Murasaki Shonan Open」の前哨戦としても非常に盛り上がる大会となるでしょう。18歳以下のJunior(ジュニア)のいまや予備軍として注目されるCadet(カデット)U-16と、そのカデットの育成を含めた戦いを親子で望む、Grommet(グロメット)U-12クラスが主役の大会となります。

「ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE」 は地元一宮の岩見天獅が圧倒的な力をで初代チャンピオンとなる!

「ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE」 は地元一宮の岩見天獅が圧倒的な力をで初代チャンピオンとなる!

件のコメント 2018年6月2日

「ICHINOMIYA SUPER KIDS CHALLENGE」は一宮の志田ポイントをホームポイントにする岩見天獅(いわみ・てんし)が圧巻のパフォーマンスを見せつけ見事、初代チャンピョンに輝いた。5月27日、会場の志田下ポイントでは天気は快晴、波も腰から腹前後となりキッズサーファーにとっては絶好のコンテスト日和となった。QSも同時開催であったことから会場はいつも以上に盛り上がりを見せていた。前日までにクオーターファイナルまで進んでいたため、最終日の日曜日はセミファイナルからのスタートとなった。

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)がWSLワールドジュニアチャンピオンシップに勝利し、安室 丈(日本)とサマー・マセード(HAW)が準優勝となる。

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)がWSLワールドジュニアチャンピオンシップに勝利し、安室 丈(日本)とサマー・マセード(HAW)が準優勝となる。

件のコメント 2018年1月11日

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)は、ニューサウスウェルズのカイヤマで開催された「2017 WSLメンズ&レディース、ジープ ワールドジュニアチャンピオンシップ」を制した。バンボービーチでの最終日は3から4フィートの波で、28ヒートが行われた。ジープ・ワールド・ジュニア・チャンピオンシップの開幕を目前に、足首の怪我や飛行予定のエラーが発生したにもかかわらず、フィン・マッギル(ハワイ)は、2017年のタイトルを獲得するために勝ち上がった。 マッギルはなかなか点が伸びないサーフィンをしている安室 丈(日本)に対して、2つの優れたウェーブスコア(8.00と8.90)を獲得して電光石火のパフォーマンスを見せつけトータルスコアを16.90にした。 マッギルは最後のヒートで大きなバックサイドのターンを連続で成功させ、安室がマッギルからリードを逆転するために必要なスコアを2の演技を組み合わせなければ取り戻せないコンボの状態に追い込んだ。

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」は劇的なファイナルで幕を閉じた!

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」は劇的なファイナルで幕を閉じた!

件のコメント 2017年10月17日

2017年のWSLジャパンツアー第7戦目となるジュニアイベント「伊勢志摩 Pro Junior」のファイナルが10月15日(日)に三重県志摩市国府の浜海岸で開催された。あいにくの雨空となった伊勢志摩地方、国府の浜は無風に近いオフショアのコンディションとなったが波のサイズが極端に下がり、膝から腰波がファイナルを迎えた。昨日出揃ったU12グロメットクラスのクォ-ターファイナルからイベントは再スタートとなり、ヒート1では、ナガサワ・ユウマが6.50と5.65トータルスコア12.15でセミファイナルへ勝ち上がった。ヒート2では、イワミ・テンシが6.50と3.75のトータル11.05でセミファイナル勝ち上がった。

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」のDay 1上々なコンディションのなか、ハイレベルな戦いが繰り広げられた。

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」のDay 1上々なコンディションのなか、ハイレベルな戦いが繰り広げられた。

件のコメント 2017年10月14日

2017年のWSLジャパンツアー第7戦目となるジュニアイベント「伊勢志摩 Pro Junior」が10月14日(土)から 10月15日(日)に、三重県志摩市国府の浜海岸で開催される。ぐずついた空模様の伊勢志摩地方は雨こそ小雨ではあるが深い秋を感じさせる一日が続いた。波のコンディションは上々で、胸から肩のほぼ無風な状態となった国府の浜海岸。全国的にまだ残暑の残る10月の日本列島は、気圧配置が今週から大きく冬型へシフトする予報の中、今後の気圧配置が気になる週末を迎える伊勢志摩の国府の浜。

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」が10月14日(土)、15日(日)三重県志摩市国府の浜で開催される。

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」が10月14日(土)、15日(日)三重県志摩市国府の浜で開催される。

件のコメント 2017年10月13日

2017年のWSLジャパンツアー第7戦目となるジュニアイベント「伊勢志摩 Pro Junior」が10月14日(土)から 10月15日(日)に、三重県志摩市国府の浜海岸で開催される。全国的にまだ残暑の残る10月の日本列島は、気圧配置が今週から大きく冬型へシフトする予報の中、今後の気圧配置が気になる週末を迎える伊勢志摩の国府の浜。WSL Japan Juniorイベントは、今シーズンン3戦目の最終戦となり、例年どおり1月に開催されるワールドジュニアの代表を選ぶために、このシリーズはとても重要な3戦目となる。

CD1,000「Hyuga City Super Kids Challenge」のファイナルデーは新世代サーファーたちがハイレベルな戦いを見せる中、平原颯馬がU16を制する。

CD1,000「Hyuga City Super Kids Challenge」のファイナルデーは新世代サーファーたちがハイレベルな戦いを見せる中、平原颯馬がU16を制する。

件のコメント 2017年10月10日

2017年WSLジャパンツアーのカデット&グロムは2戦目となる「Hyuga City Super Kids Challenge」が10月8日、9日に日向市金ヶ浜海岸で開催されました。2日目、10月9日の会場付近の天候は、再び雲が全くないほどの快晴となり、止むことを知らない日向灘の波のコンディションはオーバーヘッド(2m)となりファイナルに相応しい完璧なコンディションとなった。U16ボーイズQF1のヒート1はスダ・キヨシロゥ対ヤマダ・リョウタの戦いとなり、スダが5.50と4.50のトータル10.00でSFへ勝ち進んだ。、ヒート2ではフジイ・ヨシヒロ対カトウ・ショウヘイの戦いで、カトウが7.75と6.50を稼ぎトータル14.25のハイスコアでフジイを降した。ヒート3ではイトウ・リアル対イノウエ・リュウイチの戦い、イトウが6.75と5.00のコンビネーションのトータルスコア11.75でSFへ、ヒート4では昨日のハイスコアメーカーのヒラハラ・ソウマ対マスダ・ライキと戦い、ヒラハラが8.25と5.75のトータル14.00再び高いスコアを維持しながらSFへ勝ち進んだ。

CD1,000「Hyuga City Super Kids Challenge」のDay1は文字通りチャレンジな1日となった。

CD1,000「Hyuga City Super Kids Challenge」のDay1は文字通りチャレンジな1日となった。

件のコメント 2017年10月8日

2017年WSLジャパンツアーのカデット&グロムの2戦「Hyuga City Super Kids Challenge」は10月8日、9日に日向市金ヶ浜海岸で開催となる。初日の10月8日の会場付近の天候は、快晴で夏の余韻をまだ残す快適な秋空となり、波のコンディションはフルにオーバーヘッドを越す(2m強)サイズとなり、まさにスーパーキッズたちにはチャレンジな1日となった。

WSL JAPAN 2017年のジュニアシリーズ「Hyuga City Super Kids Challenge」が10月8日(日)と9日(体育の日)に日向市金ヶ浜海岸で開催される。

WSL JAPAN 2017年のジュニアシリーズ「Hyuga City Super Kids Challenge」が10月8日(日)と9日(体育の日)に日向市金ヶ浜海岸で開催される。

件のコメント 2017年10月2日

2017年のWSLジャパンレッグ第6戦となる「Hyuga City Super Kids Challenge」が10月8日(日)に宮崎県日向市金ヶ浜海岸で開催される。日本国内では非常に少ない年齢制限が16歳以下の予備軍として注目されるCadet(カデット)U-16と、そのカデットの育成を含めた戦いを親子で望む、Grommets(グロメット)U-12クラスが主役となるこの大会は、毎年成長をしてゆくプラチナエイジと言われる選手たちを育む重要なクラスで、昨日ISA世界ジュニア選手権大会で見事優勝を果たしたスーパーキッズの安室丈や3位入賞の上山キアヌなどの多くの優秀な選手が育っていった登竜門である。この大会のU-16覇者は、翌年行われる各ジュニアU-18大会でシード権を得られるように将来の戦いに優遇されるはからいが毎回施される。

1 / 2712345...1020...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple