Category: ASP Prime News

ライアン・カリナンがポルトガルのエリセイラで大きな勝利を掴む!日本の五十嵐カノアが準優勝!

ライアン・カリナンがポルトガルのエリセイラで大きな勝利を掴む!日本の五十嵐カノアが準優勝!

件のコメント 2018年10月1日

ポルトガルのエリセイラの海岸で開催されたQS10,000グレードの「EDP Billabong Pro Ericeira」で数々の手強い敵を倒したライアン・カリナンが勝利を飾った。ライアン・カリナンは、セミファイナルで現在CTランキングの2位を走る、ガブリエル・メディーナを倒すなど、この大会で様々なドラマを演じた。ファイナルではCTで大活躍している、日本の五十嵐カノアがライアン・カリナンに立ちはだかった。試合開始10分で五十嵐が難易度の高いノーズピックのエアーの着水を決め、激しい戦いの火蓋が切られた。五十嵐のファーストライドは6.17ポイントで、ライアン・カリナンはすでに2本の波をつかんでいたが、五十嵐のファーストライディングを見てギアを1段階上げてきた。そして彼の3本目、バックサイドのライディングで縦への鋭いターンを見せ6.93ポイントをスコアし、五十嵐との差を広げた。

日本の至宝、イガラシ・カノアが2連覇!VANS US OPENで2連勝!!

日本の至宝、イガラシ・カノアが2連覇!VANS US OPENで2連勝!!

件のコメント 2018年8月7日

「Vans U.S. Open」の最終日は数々のヒートを制した地元ハンティントンビーチ育ちの2人のサーファーが優勝に輝いた。ウィメンズのCTでは怪我から復帰したコートニー・コンローグが勝利、メンズはローカルヒーローで日本の宝でもあるイガラシ・カノアが2009年と2010年にブレット・シンプソン以来となる連覇を成し遂げた。

USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」

USオープンのカノア イガラシ:「このイベントは私にとってすべてを意味する」

件のコメント 2018年7月27日

カノア・イガラシは3 歳の時の、彼のお父さんがハンティントンビーチのピアの南側の波に、彼のお父さんがカノアを押して波乗りを始めた。そして、今年は20歳になったチャンピオンシップ・ツアー(CT)サーファーが、日本を代表しているが、彼は南カリフォルニアの故郷に大きく根ざしている。だから、毎年夏になるとVans US Open Surfingが町にやってくれば、イガラシはビーチでの地元サポートをうけている。過去数年間、イガラシは自らのコミュニティを誇りにしてきた。.2015年と2016年は3位でフィニッシュした後、2017年には優勝トロフィーをホームに持ちかえり、ブラジルのトーマス・エルメスを上回り、メンズQSシリーズトップクラスで優勝した。「今日は、自分の人生にとって最高の日です」と、イガラシは勝った後に言った。イガラシ以前に、USオープンに勝った最後のハンティントンビーチ出身のサーファーは2009年に勝利したブレット・シンプソンである。

QS10,000の戦いの幕がBallitoで上がる!!

QS10,000の戦いの幕がBallitoで上がる!!

件のコメント 2017年7月4日

The Ballito Proが南アフリカで始まった。波のサイズはアベレージといったところだが、サーファーたちのパフォーマンスは素晴らしいものだった。10,000ポイントともなると、スターは1人や2人ではない。誰もが魅了させてくれるのだ。南アフリカシリーズで三度の優勝を誇るミシェル・フェブラリーは紛れもなくここの支配者だが、今大会は彼が待ち望んだチャレンジだろう。世界最高のサーファーとの夢のような対戦は大きなステップアップであり、QSランクを上げることにも繋がるからだ。

2016年最後のQSバトル、Vans World Cupが始まる!

2016年最後のQSバトル、Vans World Cupが始まる!

件のコメント 2016年12月1日

雨とフラットが続いたノースショアだったが、この日いよいよ2016年のQS最終戦Vans World Cup of Surfingがサンセットビーチにてキックオフした。2017年 Samsung Galaxy Championship Tourの座を狙って多くのサーファーがこのQS10000というビッグイベントに一か八かの勝負をしに集まった。頭サイズのトリッキーでウィンディーなサンセットのコンディションの中、戦術と駆け引きが目まぐるしく繰り広げられた。決してチャレンジングなコンディションとは言えない状況の中でこの日もっとも大きかった敗退はロッキーでフリーサーフィンをしている時に膝を怪我し足首を捻挫してしまっていたブラジル出身のトーマス・ヘルメスだろう。現在QSランキング11位の彼はラウンド2で姿を消し、ドリームツアー入りに大きな痛手となった。

フローレンスがトリプルクラウンの初戦を制す!

フローレンスがトリプルクラウンの初戦を制す!

件のコメント 2016年11月21日

ジョンジョン・フローレンスのマスタープランがここに完成しようとしている。ハワイの新たな王は多くのファンが見守る中、ハレイワで勝利し今シーズンのトルプルクラウンで早くも抜きに出た。「人生最高のシーズンさ」。表彰台でフローレンスはそう語った。「ホームで勝てたことが嬉しい。トリプルクラウンを制し、パイプマスターズを制し、すべてを制したい」。そう言ってフローレンスは笑っていた。

カノア五十嵐がQSトップへ!

カノア五十嵐がQSトップへ!

件のコメント 2016年11月10日

カリフォルニアのルーキー、カノア五十嵐はもはやQSを回る必要がなくなった。ここブラジルで行われたQS6000 Hang Loose Proの決勝で同じくCTを回るジャドソン・アンドレを破り優勝。そのポイントは大きく来年度のチャンピオンシップツアーの座を確定させた。五十嵐はこの勝利によってQSランキングを一気に7つ上げ、クイックシルバーのチームメイトでもあり親友のレオナルド・フィオラヴァンティ(ITA)から首位の座を奪取。自身2度目となるCT入りを決めた。

ブラジルでQS6000 The Hang Loose Proが始まった!

ブラジルでQS6000 The Hang Loose Proが始まった!

件のコメント 2016年11月4日

World Surf League Men’s QS6000 The Hand Loose Pro Contestがブラジルはジョアキーナビーチで始まった。初戦となったこの日はトライアルイベントから始まり、20ヒートがコンプリート。波の状況は3~4ftのオフショアでレフトハンドのポイントブレイクだ。ラウンド2からはWSLの現世界王者アドリアーノ・デ・ソウザとガブリエル・メディーナが登場する。意外だったのはラウンド1にワイルドカードで登場したCTサーファーであるウィゴリー・ダンタス(BRA)だ。実際のところ、その出場理由は自身のサーフィンのさらなる進化のためといったところだろうが、彼はこの日最高のシングルウェーブスコア8.33ポイントを叩き出している。

クオーターファイナルへ、フィリペ・トレドが猛チャージをかける

クオーターファイナルへ、フィリペ・トレドが猛チャージをかける

件のコメント 2016年7月31日

フィリペ・トレドはVans US Openで勝利を挙げるにはどうすべきがを心得ている。彼の爆発力は2014年のQS制覇を見れば明らかだろう。翌年も彼は同じように勝利を重ねていたが、惜しくも失速してしまった。しかしそれは今シーズンの彼の燃料になったように見える。トレドは自信をもってクオーターファイナルへ突き進んでいる。ハンティントンのスロッピーなコンディションは彼の得意なところでもあるのだ。彼には何もない中で何かを生み出す実力を持っている。

Vans US Openメンズ、いよいよトップ16が出揃う

Vans US Openメンズ、いよいよトップ16が出揃う

件のコメント 2016年7月31日

アドリアーノ・デ・ソーザはVans US Openに出場する必要のない選手だ。彼は現世界王者であり、QSのポイントが必要なわけでもない。事実、2016年は前途多難な幕開けだったが、静かに、しかし確実にワールドタイトル争いに加わりつつある。現在CTランキングは4位につけているのだ。

1 / 712345...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple