Category: ASP World Tour News

ステファニー・ギルモアが「 Corona Open J-Bay」のウィメンズで優勝し、再びCTランキングの1位にかえりざく。

ステファニー・ギルモアが「 Corona Open J-Bay」のウィメンズで優勝し、再びCTランキングの1位にかえりざく。

件のコメント 2018年7月14日

「Corona Open J-Bay」のウィメンズは一週間ほどのウェイティングが続いた、しかし大会当日には素晴らしい波に恵まれ、そのウェイティング期間には十分な価値が得ることができた。ウィメンズサーファー達は、まだ外が暗い早朝に会場に集まり、日の出を待ちわびた。そして日が出ると、ダブルオーバーヘッドのパーフェクトなJ-BAYの波が水平線に広がっているのを目にした。それは紛れもなく今大会期間中で最高の波であった。

フィリペ・トレドが再びJ-BAYで優勝を飾る。日本の五十嵐カノアは3位と大健闘!!!

フィリペ・トレドが再びJ-BAYで優勝を飾る。日本の五十嵐カノアは3位と大健闘!!!

件のコメント 2018年7月7日

4日間にわたって開催されていた「Corona Open J-Bay – Men’s」は、ブラジルのスーパースターのフィリペ・トレドの勝利によって幕を閉じた。今大会のトップ10のスコアのうち5本を記録するなど、彼は圧倒的な強さを見せていた。クオーターファイナルまでは、ジュリアン・ウィルソンがCTランキングの1位を守っていたがフィリペ・トレドがガブリエル・メディーナに勝利したことによってランキングの1位におどりでた。『とってもワクワクしています。』と語ったフィリペ。

ディフェイとカルドソがウルワツで激戦を制し、見事な勝利を飾る!!

ディフェイとカルドソがウルワツで激戦を制し、見事な勝利を飾る!!

件のコメント 2018年6月12日

ジョアン・ディフェイ (フランス) と ウィリアム・カルドソ (ブラジル)が3戦目となるウルワツでのWCTを制した(第3戦はウェスタンオーストラリアの大会が中断したため)。カルドソは日の出直後に始まったファイナルで4から6フィートの波をうまく乗りこなした。WCTのルーキーの彼は、形の良いウルワツの波で高得点を連発し、今イベント期間中、常に安定したサーフィンを見せた。今年のWCT年間チャンピョン最有力候補のジュリアン・ウィルソンと対戦したファイナルでも素晴らしいサーフィンを見せつけた。ジュリアン・ウィルソンは、たくさんの波に乗ったが、決定的な波をつかむことができなかった。一方のカルドソは、セットの良い波をつかみ、ヒートの合計15.57ポイントとなる高得点でジュリアン・ウィルソンを圧倒した。「Corona Bali Protected」のクオーターファイナルで敗北を喫したでの、その結果から反省をしたカルドソは次の機会では絶対に優勝を逃さないと決めていたようだ。試合終了間際にジュリアン・ウィルソンが逆転すべくキレのある技を披露したが、なんとかカルドソが逃げ切り、見事WCT初勝利を飾った。

メンバーのみなさん

メンバーのみなさん

件のコメント 2018年6月8日

WSLメンバーシステムは、現在世界中で一時的に利用できない状態となっています。そのために調べられる可能な限りの技術的な問題を解決するためにあらゆる努力がなされている最中です。この期間中に締め切り時間を超えてしまう予定のイベントは、エントリーの締め切り日が延長されます。

レイキー・ピーターソンとイタロ・フェレリアがバリで大きな勝利を飾る!

レイキー・ピーターソンとイタロ・フェレリアがバリで大きな勝利を飾る!

件のコメント 2018年6月6日

レイキー・ピーターソンとイタロ・フェレリアがCT第5戦「Corona Bali Protected presented by Hurley」を制した。ファイナルデイの会場バリ島、クラマスは素晴らしい波が炸裂し、世界のトッププロたちが最高のパフォーマンス魅せた。ピーターソンは、今回の勝利によってジープリーダージャージを取り戻した。彼女は昨シーズン、2回しかファイナルに残れず、さらにそのどちらでも2位に甘んじていた。しかし、今シーズンは4戦のうち3回ファイナルに進出し、なんとそのうちの2戦で優勝を飾っている。

WSLはウェスタンオーストラリアでキャンセルされた大会をバリのウルワツで完結することを決定。

WSLはウェスタンオーストラリアでキャンセルされた大会をバリのウルワツで完結することを決定。

件のコメント 2018年6月5日

ワールドサーフリーグ(WSL)はさきにウェスタンオーストラリアで開催されたCTイベント第3戦目となるMargaret River Proが先月サメの出没によって中断された大会を世界的にも有名な波で知られるバリ島のウルワツで再開して完結することを決定した。

トップシードの選手が登場して一気に盛り上がりを見せる!!

トップシードの選手が登場して一気に盛り上がりを見せる!!

件のコメント 2018年5月22日

世界サーフリーグ(WSL)メンズクォリファイシリーズ(QS) Gotcha Ichinomiya Chiba Open QS 6,000 powered by Gravity Channel ラウンド1の残りの2ヒートとラウンド2の全てのアクションが行われた。トップシードが登場し期待通りの演技を披露しかられは2から4フィート(1から1.2メートル)波を楽しいでいた。 しかし、そのパフォーマンス展開する中で早くも波乱が続出し一日中ランキングを揺さぶった。

地元の応援を背にうけローカルヒーローの田嶋鉄兵が激戦を制す!

地元の応援を背にうけローカルヒーローの田嶋鉄兵が激戦を制す!

件のコメント 2018年5月21日

田嶋鉄兵と安井拓海がASIA JAPAN TRIALを制し明日から始まる本戦へと駒を進めた。志田ポイントにて明日からメインイベントとなるる「GATCHA ITCHINOMIYA CHIBA OPEN powered by Gravity Channel」への2枚の出場権をかけたASIA JAPAN TRIALSが開催された。この予選で優勝するとメインイベントのラウンドオブ96、2位になるとラウンドオブ144への出場権が与えられる。本戦へ参加するための2つの枠を獲得すべく、釣ヶ崎海岸、通称”志田下”ポイントで38人の選手たちが熱い戦いを繰り広げた。そんな中、ローカルヒーローの田嶋鉄兵が激戦を制し見事本戦のラウンドオブ96へ、2位の安井拓海がラウンドオブ144へと駒を進めた。

多国籍チームが歴史的イベントのWSLファウンダーズカップオブサーフィンに勝利した

多国籍チームが歴史的イベントのWSLファウンダーズカップオブサーフィンに勝利した

件のコメント 2018年5月13日

今日、多国籍チームが、ワールドサーフリーグの「ファウンダーズカップオブサーフィン プレテッドバイMichelob ULTRA Pure Gold」に勝利して歴史を作った。多国籍軍(ワールドチーム)が~に勝ち新たな歴史を作った。WSLサーフランチで初めて開催された国別チームが技を競い合うコンテストで、世界最高峰の選手達がレベルの高いスキルを魅せる最高の試合会場となった。どこの国が強かったのを振り返ってみると、優勝したのは多国籍チーム、2位がチブラジルチーム、3位がアメリカチーム、4位がオーストラリアチーム、そして5位がヨーロッパチームとなった。多国籍チームは、南アフリカ出身のジョディ・スミスとビアンカ・ブテンバーグを筆頭にミシェル・ボーレズ(タヒチ) 、ページ・ハーブ(ニュージーランド)、カノア 五十嵐(日本)によって構成された。

WSLファウンダーズカップサーフィンにてスタジアムスタイルのサーフィン大会が素晴らしいデビューを果たした。

WSLファウンダーズカップサーフィンにてスタジアムスタイルのサーフィン大会が素晴らしいデビューを果たした。

件のコメント 2018年5月6日

ワールドサーフリーグのファウンダーズカップオブサーフィン プレゼンテッドミクロブ・ウルトラ・ピュア・ゴールドが今日、WSLサーフランチで初となる公開イベントで素晴らしいパフォーマンスを見せた米国、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、ワールドチームとともに新しい歴史を作った。今日、5つのチームが最初の2試合を披露した。各チームの5人のメンバー全員が、4本の波(2本の左右レギュラー、グーフィーの権利)で最高得点を獲得する戦いとなった。今日の試合の後に、アメリカチームが1位ポジションを獲得し、続いてオーストラリア、ワールド、ブラジル、そしてヨーロッパチームとが続く結果となった。明日、各選手は、自らのチームが望むとおりの決勝に向けて勝ち上がるために2本の波に乗る1ラウンドのチャンスが与えられる(右左レギュラーとグーフィーに1本ずつ)。各選手のグーフィーのスコアとレギュラーの最も良いスコアがチームトータルに貢献する。10本の波(5人のチームメンバーのそれぞれがグーフィーとレギュラーのトップスコアを提供する)が最大1チームの合計が100まで加算されます。5チームのうち上位3チームがファイナルに勝ち上がる事となる。

1 / 8812345...102030...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple