Category: ASP World Tour News

ホブグッドが「アンディ・アイアンズ・コミットメント賞」に輝く!WSL CT『Billabong Pro Tahiti』

ホブグッドが「アンディ・アイアンズ・コミットメント賞」に輝く!WSL CT『Billabong Pro Tahiti』

件のコメント 2015年8月27日

2015 Men’s Samsung Galaxy WSL CT #7『Billabong Pro Tahiti』において、今シーズンでツアー引退を表明しているベテランの「CJ・ホブグッド(アメリカ合衆国)」が、偉大なる世界チャンピオン故「アンディー・アイアンズ(ハワイ)」を称え、イベント中における最もコミットメントの高いライディングに送られる名誉ある「アンディ・アイアンズ・コミットメント賞」を受賞。

フローレスが2度目のCT勝利を飾る!デ・ソウザは世界1位をキープ。WSL CT『Billabong Pro Tahiti』

フローレスが2度目のCT勝利を飾る!デ・ソウザは世界1位をキープ。WSL CT『Billabong Pro Tahiti』

件のコメント 2015年8月26日

2015 Men’s Samsung Galaxy World Surf League(WSL) Championship Tour(CT) #7『Billabong Pro Tahiti』:南太平洋フランス領ポリネシア/タヒチ島/チョープー:Finalday:現地時間2015年8月25日(火曜日)/日本時間2015年8月26日(水曜日):2015 Men’s Samsung Galaxy WSL CT #7『Billabong Pro Tahiti』は、6フィートレンジの新しいスウェルにおいてファイナルデーを迎えた。そして、頭部の大きなケガから復帰したばかりの「ジェレミー・フローレス(フランス)」が、昨シーズンの若き世界チャンピオン「ガブリエル・メディーナ(ブラジル)」との35分間のFinalを制して見事に優勝。フローレスは、この勝利によってMen’s WSL CT「ジープ・リーダー・ボード(世界ランキング)」第7位にジャンプアップし、2015シーズンの世界タイトルレースに加わった。

「ジープ・リーダー・ボード(世界1位)」のドアが開く!WSL CT『Billabong Pro Tahiti』Round 3:

「ジープ・リーダー・ボード(世界1位)」のドアが開く!WSL CT『Billabong Pro Tahiti』Round 3:

件のコメント 2015年8月21日

2015 Men’s Samsung Galaxy WSL CT #7『Billabong Pro Tahiti』ウェイティング・ピリオド(開催期間)・スタートから5日目、前日までのストーミーなワイルド・コンディションから一転、クリーンな4~6ftレンジのチョープーにおいてRound 3がスタート。その後、Heat 8を終えた時点でサイズダウンとコンディションの悪化によりオフとなった。

2015年8月10日以降、U.S.OPEN後の会議で決定されたコミッショナーオフィスからの報告

2015年8月10日以降、U.S.OPEN後の会議で決定されたコミッショナーオフィスからの報告

件のコメント 2015年8月19日

ワールド・ロングボード・チャンピオンシップ(WLT)について:WSL主催の2015年度 World Longboard Champions (WLT) は、中国、海南島にて2015年12月2日から13日の開催となります。前年度からのシード選手は、メンズ18人、各リージョンからの選抜戦手は2人。ウィメンズ16人、各リージョンからの選抜選手は1人となります。

ヘヴィー・ドロップとマッシブ・アクションによるマラソン・デーとなる! WSL CT『Billabong Pro Tahiti』Round 1、2:

ヘヴィー・ドロップとマッシブ・アクションによるマラソン・デーとなる! WSL CT『Billabong Pro Tahiti』Round 1、2:

件のコメント 2015年8月18日

2015 Men’s Samsung Galaxy WSL CT #7『Billabong Pro Tahiti』は、ウェイティング・ピリオド(開催期間)・スタートから4日目を迎え、風雨の強いストーミーなワイルド・コンディションにおいて、Round 1のHeat 9~12、Round 2のHeat 1~12までを終了させた。

WSL CT『Billabong Pro Tahiti』開幕!経験が実を結ぶワイルドなオープニング・デーとなる。

WSL CT『Billabong Pro Tahiti』開幕!経験が実を結ぶワイルドなオープニング・デーとなる。

件のコメント 2015年8月17日

2015 Men’s Samsung Galaxy WSL CT #7『Billabong Pro Tahiti』は、これまでの経験が実を結ぶワイルドな6~8ftのトリッキー・コンディションにおいて開幕し、Round 1のHeat 1~8までが終了となった。イベントのオープニング・ヒートに登場した11度のMen’s世界チャンピオンに君臨する「ケリー・スレーター(アメリカ合衆国)は、チョープーでの経験豊富な素晴しいウェーブ・セレクトとスキルを披露。

インサイド・チョープーにおいて『GoPro Challenge Tahiti』がオープンとなる!

インサイド・チョープーにおいて『GoPro Challenge Tahiti』がオープンとなる!

件のコメント 2015年8月13日

2015 Men’s Samsung Galaxy World Surf League(WSL) Championship Tour(CT) #7「Billabong Pro Tahiti」:『GoPro Challenge』:南太平洋フランス領ポリネシア/タヒチ島/チョープー:「GoPro」は、世界で最も美しくて困難な波として知られるタヒチの「チョープー」において、2015シーズン第2回目となる『GoPro Challenge』のウィンドウをオープン。このチャレンジの期間は、2015 Men’s Samusung Galaxy WSL CT #7「Billabong Pro Tahiti」のウェイティング・ピリオド(開催期間)2日前からCTイベント終了までオープンされる。

Samsung Galaxy Men's WSL CT #6『J-Bay Open』ワイルドカードは、「スレード・プレストウィッチ」と「デーン・レイノルズ」!

Samsung Galaxy Men’s WSL CT #6『J-Bay Open』ワイルドカードは、「スレード・プレストウィッチ」と「デーン・レイノルズ」!

件のコメント 2015年7月6日

Samsung Galaxy Men’s World Surf League(WSL) Championship Tour(CT) #6『J-Bay Open』:南アフリカ/イースタン・ケープ/ジェフリーズ・ベイ:2015年7月8日(水曜日)~7月19日(日曜日)までのウェイティング・ピリオド(開催期間)を設け、Samsung Galaxy Men’s WSL CT #6『J-Bay Open』が開催される。そして、イベントのワイルドカード(特別枠)には、「JBU Supertrial – presented by RVCA」の勝者となった「スレード・プレストウィッチ(南アフリカ)」に加えて、世界で最も魅力的なフリーサーファーの1人である「デーン・レイノルズ(アメリカ合衆国)」がクレジット。

『2015 Fiji GoPro Challenge』の勝者は、「CJ・ホブグッド」に輝く!

『2015 Fiji GoPro Challenge』の勝者は、「CJ・ホブグッド」に輝く!

件のコメント 2015年6月25日

『2015 Go Pro Challenge』は、World Surf League(WSL)アスリート・サーファーたちが、イベントのウェイティング・ピリオド(開催期間)2日前~ファイナルデーまでに、イベント会場において自らが「GoPro」を使用して撮影したビデオクリップを提出します。そして、「5名のジャッジ(3名のWSLスタッフと、2名のGoProスタッフ)」により、「映像技術」、「難易度の高さ」、「総合的な映像の美しさと明るさ」などから判断し、1名の『2015 GoPro Challenge』の勝者を決定します。

「オーウェン・ライト」が世界サーフィン史上初のワールド・レコードを樹立して勝利! Samsung Galaxy Men's WSL CT #5『Fiji PRO』

「オーウェン・ライト」が世界サーフィン史上初のワールド・レコードを樹立して勝利! Samsung Galaxy Men’s WSL CT #5『Fiji PRO』

件のコメント 2015年6月17日

Samsung Galaxy Men’s World Surf League(WSL) Championship Tour(CT) #5『Fiji Pro』:ファイナルデー:フィジー/タバルア/クラウドブレイク:Samsung Galaxy Men’s World Surf League(WSL) Championship Tour(CT) #5『Fiji Pro』ファイナルデーは、「クラウドブレイク」のソリッドな8~10ftプラスのヘビー・バレル・コンディションにおいて終了。そして、オーストラリアのワールド・レフトハンダーである「オーウェン・ライト(オーストラリア)」が、1つのイベント中において、2つのヒートでのパーフェクト20ポイント(ベスト2ウェーブにおける2本の10ポイント)をスコア。異次元とも言える世界サーフィン史上初となる驚異的なワールド・レコードを樹立して見事に優勝した。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple