Category: ASP World Tour News

11回の元WSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)がQuiksilver Pro Gold Coastから正式に欠場を決めた。

11回の元WSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)がQuiksilver Pro Gold Coastから正式に欠場を決めた。

件のコメント 2018年3月13日

過去11回のWSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)は、 昨シーズンの7月に負った足の傷のリハビリを理由に今大会を欠場することを発表した。「私がいま選択すべき最善のことは、このイベントをキャンセルすることだと思う」とスレーターは語った。「私の直感では、この怪我を理由に一旦は完全に休息してすべてをリセットし、心と体を元に戻すことが大切だと感じています。 新しい年がスタートして前向きに考えれば、足は魔法のように自分の過去の数日間の間にしっかりとサーフィンが可能になるために他の多くの要因があることを判断した方が良いと感じました。過去2、3年の間に怪我と欲望と戦う経験が2度ありました。この足の負傷はこれらの多くの経験を象徴しています、キャリアの終わりと始まりの両方を指しているかもしれません」

WSLは、2018年5月に「ファウンダーズ・カップ・オブ・サーフィンイベント」の開催を発表。

WSLは、2018年5月に「ファウンダーズ・カップ・オブ・サーフィンイベント」の開催を発表。

件のコメント 2018年2月26日

ワールドサーフリーグ(WSL)は本日、Michelob ULTRA Pure Goldのサポートによるファウンダーズ カップとして世界最高のサーファーで結成された、リージョナルチーム対多国籍チームのイベントを、2018年5月5日から6日にカリフォルニア州のレモアにあるサーフランチにて開催することを発表した。5つのチームは、アメリカ合衆国、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、多国籍-ワールドサーフリーグのチャンピオンズツアーから選抜されたエリートサーファーの男女がカリフォルニア州のレモアにあるワールドクラスの人口波を提供するサーフ ランチの会場にて2日間にわたり戦い合う。 コンテストは、料理、音楽、飲み物、芸術、そして特別ゲストがサーフィンの文化を称えるフェスティバルとして開催される企画。

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。

件のコメント 2018年2月13日

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)の2018年シーズンに向け、20歳の五十嵐カノア選手が日本人選手としてツアーに参戦することを公式発表した。 日本と米国の二つの市民権を持つ五十嵐は、東京で開催される2020年のオリンピックでサーフィンが史上初の採用となったことを受けて代表国を日本にすることに決めた。「私は、今年のWSLチャンピオンシップツアー(CT)から日本人代表選手として参戦します」と五十嵐は語った。

WSLグリーンアラート:ナザレ チャレンジが土曜日に決行する。

WSLグリーンアラート:ナザレ チャレンジが土曜日に決行する。

件のコメント 2018年2月8日

ビッグウェーブツアー(BWT)は、ナザレチャレンジをグリーンアラート(実行する)とし、2018年2月10日の土曜日に決行することを発表した。その強力で危険な波と白波がハイスピードで炸裂することで有名なプライア・ド・ノーテ(ノースビーチ)は、今シーズンは怪しい様相を見せているので主催者は、大会開催に十分な条件が揃ったと期待している。「私たちはナザレで何が見られるかを期待と興奮をしています」とWSLビッグウェーブツアーコミッショナーのマイク・パーソンズは話す。

ジャクソン・ドリアン 夢の時間

ジャクソン・ドリアン 夢の時間

件のコメント 2017年11月6日

これはジャクソン・ドリアンにとって最高の出来事です。元チャンピオンシップツアーのスターサーファー、そしてビッグウェーブのルーラー、シェーンドリアンの息子、そして彼の名付け親がケリー・スレーター。大抵の子供たちは夢見ることが当たり前で、実際にこの経験することはなかなかできないのが現実だ。しかしもしあなたが、シェインとケリーのフォロワーならば、すでにジャクソンのにこやかな笑顔と、しなやかな金髪のロン毛姿を目にしているはずです。

フィリッペ・トリードがHurley Proを制す!

フィリッペ・トリードがHurley Proを制す!

件のコメント 2017年9月18日

Hurley Proでフィリッペ・トリード の右に出るものはいない。2014年、フィリッペはカリフォルニアの有名なポイント、サンクレメンテに移り住んだ。ホームウェーブとなったカリフォルニアの波。彼は徹底して基礎にこだわった。そして信じられないほど革新的なスタイルを生み出したのだ。しかし、今日に至るまでHurleyProにおいて輝かしい戦績を掴むことはなかった。

Hurley Pro at Trestlesが始まる!ワイルドカードの奮闘劇!

Hurley Pro at Trestlesが始まる!ワイルドカードの奮闘劇!

件のコメント 2017年9月14日

五日間のウェイティングを経て、十分な南のスウェルが届いたこの日、Hurley Pro at Trestlesがいよいよ始まった。目立っていたのは、タイトル争いに絡むサーファーたちを次々になぎ倒したワイルドカードの存在だ。現在世界ランキング3位と4位のマット・ウィルキンソンとオーウェン・ライトがラウンド2で姿を消した。

ビード・ダービッジ引退!オリンピックのコーチへ!

ビード・ダービッジ引退!オリンピックのコーチへ!

件のコメント 2017年8月14日

ビード・ダービッジはこの日、2018年のシーズンいっぱいでプロアスリートからの引退を発表。彼はその後、2020年のオリンピックへ向け、オーストラリアの強化選手のためのコーチとして活躍する。ビードはGold Coast Bullentinでこう語っている。「東京オリンピックに向けてオーストラリアティームのコーチをするつもりです。ティームを一つにまとめて、サーフィン文化の発展と、金メダルを勝ち取りたい。現在、チャンピオンシップツアーでは男子も女子もオーストラリアの選手がリードしている。それを見る限り、誰もがオーストラリアのメダルを期待することだろう。道のりは決して容易いものではないかもしれないが、一所懸命やるだけだ」。

カイ・レニーがビッグウェーブツアー、プエルトエスコンディードの覇者に!

カイ・レニーがビッグウェーブツアー、プエルトエスコンディードの覇者に!

件のコメント 2017年8月3日

プエルトエスコンディード・チャレンジを制したカイ・レニー。彼の輝かしいキャリアにまた一つ大きな勲章が与えられた。ビッグウェーブツアーでの優勝は、週末に行われる国際的に有名なモロカイ・トゥー・オアフパドルレースにも選出されているこのハワイアンウォーターマンにとって初のことだ。

プエルトエスコンディードチャレンジがグリーンアラートに!

プエルトエスコンディードチャレンジがグリーンアラートに!

件のコメント 2017年7月29日

非常に頼もしいストームが太平洋に発生し、巨大なうねりがカリフォルニア及び、メキシコへと向かっている。Vans US Open of Surfingはもちろんだが、ワールドビッグウェーブライダーにとってそれは、旅支度の合図なのだ。WSLビッグウェーブツアー(BWT)のコミッショナー、マイク・パーソンズがプエルトエスコンディードチャレンジにグリーンアラートwアナウンスしたのは火曜日のことだった。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple