Category: ASP World Tour News

タヒチの生き残り戦

タヒチの生き残り戦

件のコメント 2016年8月22日

辛くも生き残ったマット・ウィルキンソン。今シーズンのここまでの彼の成功はすべて、ウィルコの信念がもたらした結果だ。無駄をはぶき、より向上し、着実に努力をしてきた。それこそがすべてだ。成功へのもっともシンプルなレシピ。だからといって、ワールドタイトルという重圧の中で、それを維持することは簡単なことではない。

フローレンスとメディーナが魅せたチョープー初日!

フローレンスとメディーナが魅せたチョープー初日!

件のコメント 2016年8月21日

試合初日となったこの日のコンディションはラフなものだった。残念だが、チョープーは10ftに及ばなかったどころか半分にも満たなかった。しかし、長期予報でも望みは薄く、WSLコミッショナーのキーレン・ピロウは大会スタートを決めた。

2020年東京オリンピックにサーフィンが追加される!

2020年東京オリンピックにサーフィンが追加される!

件のコメント 2016年8月5日

この日、IOCは2020年に行われる東京オリンピックにサーフィンが追加されたことを正式発表した。世界のプロ・サーフィンを束ねるWSLのCEOであるポール・スピーカーはISA会長のフェルナンド・アギーレにサーフィンのオリンピック競技への追加を祝う言葉を贈った。「これはプロフェッショナル・サーフィンの歴史において非常に重要な瞬間である。世界中の人々がサーフィンに参加し、または目にすることになり、サーフィンの促進にとっても分岐点となるだろう。世界最高峰のサーフィンツアーを束ねるWSLはISA と連携して望み得る最高の方法でサーフィンをアスリートスポーツとして世界に示すことが出来ることを楽しみにしている。我々の素晴らしい選手たちにとっても世界の観客たちに自分の能力と技術を披露するまたとないチャンスになるだろう」。

セージ・エリクソンとキーリー・アンドリューがゲームをひっくり返す!

セージ・エリクソンとキーリー・アンドリューがゲームをひっくり返す!

件のコメント 2016年7月30日

現地時間木曜日の朝。ここハンティントンビーチでは、スモールウェーブがワールドベストのウィメンズサーファーに我慢と技量を試し、熾烈な戦いが演じられていた。すべてはセージ・エリクソンから始まった。今シーズンあまり注目されていなかった彼女だが、このイベントには絶好調で挑んでいた。彼女はここまで、CTランキング11位そして、QSランキング12位で、今ひとつ結果が欲しいところだった。

ミック・ファニングがJ-Bayを制する

ミック・ファニングがJ-Bayを制する

件のコメント 2016年7月18日

「まずはこの場所で再びパドルアウトすることから始まった」。そう語ったのはミック・ファニングだった。ここJ-Bayに戻ってくることを大いに期待されていた。昨年の決勝戦、ファニングは試合中にサメに襲われ、リーシュを切られるという事態に巡り合わせた。再びこの場所へ戻ってきた彼は、今大会最初のヒートに様々な思いを馳せていた。最初の波をしっかりと捕らえた彼は、そのトラウマを直ちに過去のものにしてしまった。

ジョーディ・スミスが魅せた J-Bay Day2

ジョーディ・スミスが魅せた J-Bay Day2

件のコメント 2016年7月9日

こうして映像を振り返ってみると、この日のSupertubesはマシーンウェーブのように完璧に見える。まるで鼓動のように送られ続ける波は毎回同じ場所で同じようにブレイクをしていたかのようだ。しかし、実際には完璧とは程遠かった。ご機嫌かと思えば、風に乱され、潮に揺さぶられ、スウェルの向きや砂の地形に影響を受け、美しく見える波も実際には様々な顔を見せていたのである。

J-Bay Open開幕!ファニングとウィルキンソンが魅せた!

J-Bay Open開幕!ファニングとウィルキンソンが魅せた!

件のコメント 2016年7月8日

そのタイトルを聞いて驚くかもしれない。ミック・ファニングはジェフェリーズベイに到着してからというもの神に祈るような思いだったはずだ。つまりそれは、彼の脳裏に強烈に焼きついた悪夢、昨年この場所で試合中に起こったシャークアタッックのことだ。当時そのニュースは世界中のメディアを駆け巡った。

プエルトがグラント・ベーカーの一人舞台と化す!

プエルトがグラント・ベーカーの一人舞台と化す!

件のコメント 2016年6月27日

グラント・ベーカーはここプエルト・エスコンディードに20年余りも来ている。そしてこの日、彼のショーが始まった。巨大な波の遊技場のようなタフなコンディションの中、南アフリカのレジェンドはまるでプエルトのバレルを試験場だと言わんばかりに、この日の大半をチューブライディングに費やしていた。

ビッグウェーブツアーがプエルト・エスコンディドにて幕をあける!

ビッグウェーブツアーがプエルト・エスコンディドにて幕をあける!

件のコメント 2016年6月26日

この日のヒート4、ジェイミー・ミッチェルは少しナーバスだった。なぜなら午前9時に始まったプエルト・エスコンディド・チャレンジは1ヒート75分でミッチェルのヒート4が始まったのは12時45分のことだった。獰猛なメキシコの波はその姿を消す早さでも有名だったのだ、、、

メディーナついにタイトル争いに勝利

メディーナついにタイトル争いに勝利

件のコメント 2016年6月18日

遡ってみるに、ガブリエル・メディーナは確かにリオで何度か目を見張るような展開を見せていた。セミファイナルではそれを垣間見せることはなかったが。今週行われた試合をフォローしていれば、なぜツアー選手たちがフィジーの波が好きなのか理解できるだろう。一方で、このトロピカルパラダイスが膨れ上がったエゴをかき消してくれる。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple