Category: All WSL News

The Corona China Open QS 5,000 hosted by Wanning 女子開幕で新旧CTエリートが激突

The Corona China Open QS 5,000 hosted by Wanning 女子開幕で新旧CTエリートが激突

件のコメント 2020年1月8日

男女のクオリファイングシリーズ(QS)5000のイベント、Corona Open China hosted by Wanningの2日目、女子の第1、第2ラウンドが行われた。なお、男子はオフだった。新旧CT経験者が激突、2019年チャンピオンシップツアー(CT)のルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いたブリサ・ヘネシー(コスタリカ)は、レフトポイントでその才能を如何なく発揮し、この日のトップパフォーマンスの一つに数えられる計12.63ポイントをマークした。また、ココ・ホー(ハワイ)、ポウリーン・アド(フランス)、クレア・ベヴィラクア(イタリア)といった前CTエリートのスター達も第3ラウンドへ勝ち上がった。

「The Corona China Open QS 5,000 hosted by Wanning」第1ラウンド 大原洋人ら日本人が勝ち進む

「The Corona China Open QS 5,000 hosted by Wanning」第1ラウンド 大原洋人ら日本人が勝ち進む

件のコメント 2020年1月7日

男女のクオリファイングシリーズ(QS)5000のイベント、Corona Open China hosted by Wanningが開幕。男子第1ラウンドの24ヒートが行われた。Qiu Zhuo(中国)が、中国のサーフィン史に歴史を刻んだ。Zhuoは中国人初のサーファーとしてメジャーなワールドサーフリーグ(WSL)のQSイベントに出場する16歳。第1ラウンドで、勝ち上がるために4.27ポイントが必要なところ、土壇場で4.50ポイントをマーク。ジャクソン・バトラー(アメリカ)を抜いて、ヒート3の2位で第2ラウンドへ駒を進めた。

The Corona China Open QS 5,000 hosted by Wanningが開幕!CT経験者も参戦

The Corona China Open QS 5,000 hosted by Wanningが開幕!CT経験者も参戦

件のコメント 2020年1月7日

男女のクオリファイングシリーズ(QS)5000のイベント、Corona Open China hosted by Wanningが開幕する。男子の第1ラウンドは中国時間7時にスタートして、ヒート1から24まで争われる。大会初日は、元チャンピオンシップツアー(CT)エリートのジョアン・ドゥル(フランス)、キアン・マーティン(スウェーデン)、田中大貴(日本)、Yiguang Li(中国)によるヒートで幕開け。その後、第8ヒートにパトリック・ガダウスカス(アメリカ)、第10ヒートにキアヌ・アジング(ハワイ)のCT経験者が控えている。

日本からは五十嵐と都筑 2020年CT出場者発表

日本からは五十嵐と都筑 2020年CT出場者発表

件のコメント 2019年12月26日

2019年のワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)は、女子がカリッサ・ムーアの4度目タイトル獲得、男子がイタロ・フェレイラ初のタイトル奪取で幕を閉じた。その結果、2020年のCT出場者が決まった。2020年の男子CTはWSLのトップ34人で争われる。34人の内訳は、2019年CT上位22人と同クオリファイングシリーズ(QS)上位10人に加えて、ワイルドカード枠の2人。

ベストバレル・アワード受賞・松岡慧斗インタビュー / Backstage

ベストバレル・アワード受賞・松岡慧斗インタビュー / Backstage

件のコメント 2019年12月23日

2020東京オリンピックサーフィン開催を目前に、日本人アスリートの、ビッグ・ニュースが、世界の中心を飾っている。先日に、都筑有夢路・アムロ(神奈川県・18歳)の、2020年CT女子参戦が決定。五十嵐カノアが、バリ島クラマスで、CT初優勝。CTワールド・ランキング6位でフィニッシュ。日本人ジュニア世代も、世界の檜舞台で活躍を魅せている。2019年3月に、『Wave of the winter』。さらに、2019年12月5日、ハワイ・オアフ島・タートルベイにて、『THE BEST BARREL AWARDS』(世界中の最も危険で、素晴らしいバレルをメイクしたサーファーに贈られる賞)を、松岡慧斗が受賞した。受賞後、帰国が迫ったが、ビラボン・パイプマスターズ日本語放送に、スペシャル・ゲスト出演した、慧斗(ケイト)インタビューをお聞きください!!

都筑、日本人女子初のCT参戦決定!今季の女王ムーアが来季全休のため

都筑、日本人女子初のCT参戦決定!今季の女王ムーアが来季全休のため

件のコメント 2019年12月21日

2019年のワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)の女王、カリッサ・ムーアが2020年シーズンを休むことを発表した。これを受けて都筑有夢路が繰り上げとなり、日本人女子初のCT参戦が決まった。2018年シーズンから休息を考えていたというムーア。2019年は女王に輝くも、2020年は心身を休めるとともに東京五輪に集中し、2021年には復帰するという。また、自らの代わりにCT参戦する都筑については、「とてもクールなこと。彼女は日本人女子として初めてCTに参戦するから、国を代表して戦う彼女を見るのはとてもエキサイティングだわ」とエールを送った。

フェレイラが世界王者!CT最終戦ビラボン・パイプ・マスターズで勝利

フェレイラが世界王者!CT最終戦ビラボン・パイプ・マスターズで勝利

件のコメント 2019年12月21日

イタロ・フェレイラ(ブラジル)が2019年ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンに輝いた。ランキング1位のフェレイラは、WSLチャンピオンシップツアー(CT)最終戦でありVansトリプルクラウン第3戦でもあるビラボン・パイプ・マスターズのファイナルで同2位のガブリエル・メディーナ(ブラジル)に勝利。CT王者とビラボン・パイプ・マスターズを同時制覇した史上3人目のブラジル人となった。「信じられない。嘘みたいだ」と喜びを爆発させたフェレイラ。さらに、「一つのトロフィーを取るため全ての人生を捧げてきた。そして実現した。まず、祖母と叔父にこれを捧げたい」と続けた。

アームスが3度目の優勝、連覇のケンパーは史上初の4勝目。cbdMDジョーズビッグウェーブチャンピオンシップ

アームスが3度目の優勝、連覇のケンパーは史上初の4勝目。cbdMDジョーズビッグウェーブチャンピオンシップ

件のコメント 2019年12月20日

女子のペイジ・アームスと男子のビリー・ケンパーが、ハワイ時間12日にマウイ島のノースショアで行われたワールドサーフリーグ(WSL)cbdMDジョーズビッグウェーブチャンピオンシップ(9?15m)で優勝した。アームスは大会3度目の勝利、連覇のケンパーも史上初の4度目のチャンピオンとなった。「とてもハッピー」と笑顔で語ったアームス。マウイ出身らしく、タフなコンディションの状況を読み切った。「今日はチャレンジングなコンディションでした。最初のヒートで、パドルアウトするやいなや風が吹いていて、マウイグラスが吹いているのがわかったわ」。そして、「大きな波に乗ることはとても気持ちいい。最も生きている感じがするの。そんな波にうまく乗れた時は、これ以上最高なものはないわ」と話し、喜びを爆発させた。

ビラボン・パイプマスターズ ラウンドオブ16が延期 明日に開催予定

ビラボン・パイプマスターズ ラウンドオブ16が延期 明日に開催予定

件のコメント 2019年12月19日

2019年 ワールドサーフリーグ(WSL)メンズチャンピオンシップ(CT)最終戦であり、Vansトリプルクラウン最後の戦いでもあるビラボン・パイプマスターズは、18日もスモールスウェルのため延期となった。この日の延期で残りが2日となったが、イベントオーガナイザーによれば明日には開催できる見込みだという。今大会は多くの見どころが詰まっている。Vansトリプルクラウンの勝者、来年のCT出場者、そして今年のCT王者などが決定する。今大会に出場している選手の中で、今年のCTチャンピオンになれる可能性があるのは3人。現在1位のイタロ・フェレイラ(ブラジル)、同2位のガブリエル・メディーナ(ブラジル)、同5位のコロへ・アンディーノ(アメリカ)。この3人は、チャンピオンになる可能性を残すには 次のラウンドオブ16のヒートを 必ず 勝つ必要がある。フェレイラは、ヒート1で新人のピーターソン・クリサント(ブラジル)と、メディーナはヒート5でカイオ・イベリと、そしてアンディーノはヒート8でミシェル・ブレスと対戦する。

CTランキング日本人トップの五十嵐ら男女4人がISA世界選手権の代表選手に内定、波乗りジャパン記者会見

CTランキング日本人トップの五十嵐ら男女4人がISA世界選手権の代表選手に内定、波乗りジャパン記者会見

件のコメント 2019年12月19日

会見では今年の活動報告に加え、東京五輪内定選手、2020年強化指定選手と2020年主要イベントの概要が発表された。波乗りジャパンからは、大原洋人、安室丈、金澤呂偉、矢作紋乃丞、脇田紗良、中塩佳那、松岡亜音の7選手が出席した。この日発表された現時点での来年開催されるISAワールドサーフィンゲームズ出場の内定選手は、男女2人ずつの計4人。CTランキング日本人トップの五十嵐カノアと都筑有夢路、9月のISAワールドサーフィンゲームズで日本人最高位に入った村上舜と松田詩野。日本人枠は男女とも3枠ずつあるので、残り1枠は4月中旬~下旬に行われるJAPAN OPEN OF SURFINGの優勝者に内定する。ただ、来年5月9日~17日の間に開催されるISAワールドサーフィンゲームズの結果次第では、CT日本人ランキングトップ以外の村上と松田は入れ替わるかも可能性がある。

3 / 25212345...102030...最後 »
RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple