Category: All WSL News

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP HYUGA PRO」のDay3は、QSメンズ、ウィメンズLQSウィメンズのセミファイナル進出が決まる。

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP HYUGA PRO」のDay3は、QSメンズ、ウィメンズLQSウィメンズのセミファイナル進出が決まる。

件のコメント 2016年10月9日

2016年のWSLジャパンツアー第7戦目となるQS、LQSイベント「Trump Hyuga Pro」が10月7日(金)から 10月10日(月)4日間で、宮崎県日向市お倉が海岸で開催されている。3日目の今日は、波のコンディションもほとんど前日と同じく肩~頭(2m)サイズをキープし、6:45amにファーストコールがされ、7:00amからQSメンズQFからスタートした。リージョナルトップの新旧争いが激しいQSディビジョンは、第1ヒートから昨年の全米オープン覇者の大原洋人が今日も魅せてくれた。

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP HYUGA PRO」のDay2は、LQS、QS、すべてのディビジョンがファイアリングした1日となる。

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP HYUGA PRO」のDay2は、LQS、QS、すべてのディビジョンがファイアリングした1日となる。

件のコメント 2016年10月8日

2016年のWSLジャパンツアー第7戦目となるQS、LQSイベント「Trump Hyuga Pro」が10月7日(金)から 10月10日(月)4日間で、宮崎県日向市お倉が海岸で開催されている。2日目の今日は、波のコンディションも昨日同様に肩~頭(2m)サイズになった。6:30amにファーストコールがされ、6:45amからLQSメンズラウンドオブ32からスタートした。LQSのラウンド1は昨日ヒート1をスキップしたために、ヒート1から始まり、続いて5から8ヒートがオープンした。

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP Hyuga Pro」初日の今日は、QSメンズ、LQSメンズの高レベルな戦いが繰り広げられた。

WSLジャパンツアー第7戦「TRUMP Hyuga Pro」初日の今日は、QSメンズ、LQSメンズの高レベルな戦いが繰り広げられた。

件のコメント 2016年10月7日

2016年のWSLジャパンツアー第7戦目となるQS、LQSイベント「Trump Hyuga Pro」が10月7日(金)から 10月10日(月)4日間で、宮崎県日向市お倉が海岸で開催される。初日の今日は、波のコンディションが早朝には腰~腹(1~1.5m)で時間がたつにつれ倍にサイズアップし、午後には肩~頭(2m)サイズになった。6:30amにファーストコールがされ、6:45amからQSメンズラウンドオブ80からスタートした。ラウンド1となる初めから数多くのレイトエントリー選手が登場し、高レベルな戦いが繰り広げられた。

JR1,000イベント「Ise Shima Pro Junior」のファイナルは超見ごたえのある戦いとなり、森友二と松田詩野が優勝、スーパーキッズは加藤翔平。

JR1,000イベント「Ise Shima Pro Junior」のファイナルは超見ごたえのある戦いとなり、森友二と松田詩野が優勝、スーパーキッズは加藤翔平。

件のコメント 2016年10月3日

2016年WSLジャパンツアーのジュニア1000イベント「伊勢志摩プロジュニア」は今日ファイナルを迎えた。秋雨前線と台風銀座が続く日本の秋の始まり、三重県志摩市国府の浜にて18歳以下のジュニアイベントが開催され今日U18ボーイズとガールズ、そして13歳以下の「スーパーキッズチャレンジがすべてファイナルを終えた。

Junior1,000イベント「Ise Shima Pro Junior」が開幕し、ボーイズ、ガールズ、スーパーキッズが行われた。

Junior1,000イベント「Ise Shima Pro Junior」が開幕し、ボーイズ、ガールズ、スーパーキッズが行われた。

件のコメント 2016年10月2日

2016年WSLジャパンツアーのジュニア1000イベント「伊勢志摩プロジュニア」が今日開幕した。秋雨前線と台風銀座が続く日本の秋、10月を迎えた今日、三重県志摩市国府の浜にて18歳以下のジュニアイベントが開催されるのは始めての事となった。

WSLジャパンツアー第6戦「伊勢志摩 Pro Junior」が10月1日(土)、2日(日)三重県志摩市国府の浜で開催される。

WSLジャパンツアー第6戦「伊勢志摩 Pro Junior」が10月1日(土)、2日(日)三重県志摩市国府の浜で開催される。

件のコメント 2016年9月26日

2016年のWSLジャパンツアー第6戦目となるジュニアイベント「伊勢志摩 Pro Junior」が10月1日(土)から 10月2日(日)に、三重県志摩市国府の浜海岸で開催される。秋分の日を過ぎてすっかりと秋になり毎週発生する台風の進路が気になる10月に突入する日本列島は、サーフィンにはベストなシーズンとなり今後の気圧配置が気になる季節となった。

Hurley Pro終了、ジョーディがワールドタイトル争いに参戦

Hurley Pro終了、ジョーディがワールドタイトル争いに参戦

件のコメント 2016年9月16日

スミスのサーフィンは実に軽快で自由なものだった。しかしセミファイナルで彼の前に立ちはだかったトレードは並大抵ではなかった。ジョーディ「サーフボードの調子がとてもよかった。だから思い切ったサーフィンができたよ。去年は波もよかったのに結果を出せなかった。だからヒート一つ一つに集中したよ」。今大会の最初の3日間はトレードの為にあったと言ってもいいだろう。彼のアベレージのトータルポイントは他のどのサーファーたちのよりも高かった。トレードが大いに期待されたケリー・スレーターとのマッチでは、午後の難しいコンディションだったにも関わらずロアーズで6度の勝利を挙げているスレーターをコンボに追いやり、ブラジルに大きな喜びを送った。

終盤に向けてのターニングポイント / WCT Outlook

終盤に向けてのターニングポイント / WCT Outlook

件のコメント 2016年9月15日

2016年のワールドツアーも終盤に向けてのターニングポイント。カリフォルニアはロウワー・トラッスルズのハーレープロと女子のスウォッチ・ウイメンズプロは、ジョーディ・スミスとタイラー・ライトの優勝で幕を閉じた。開催翌日に、このツアーで20年以上の長きにわたってセキュリティのトップを務めていたデビッド”ウディ”ウッドの自殺など、ショッキングなニュースもあって、スタート序盤は騒然としたムードに包まれた。しかし、試合は滞りなく進行。ファイナルデーは波数の少ないコンディションになったが、迫力のあるカービング合戦が見られた。

フィリッペ・トレードが試合をひっくり返す

フィリッペ・トレードが試合をひっくり返す

件のコメント 2016年9月14日

フィリッペ・トレードが2016年のワールドタイトル争いに浮上しようとしている。今さらだと思う人もいるかもしれない。しかし、このブラジルきってのエアリアルマスターは昨年のCTでは3つのイベントで勝利を挙げ、最終イベントであるパイプラインまでタイトル争いを演じたのだ。

ハーレープロ始まる!ローカルの活躍とパーキンソンの奮闘!

ハーレープロ始まる!ローカルの活躍とパーキンソンの奮闘!

件のコメント 2016年9月9日

ローカルの知識を過小評価すべきではない。ロアーズは難しいオンショアコンディションだったこの日、サンクレメンテのクルーにとって経験が結果につながる形となった。そのクルーは何人かのワールドベストサーファーたちの集まりだ。フィリッペ・トレードとジョーディ・スミスは最近カリフォルニアの有名なサーフ・ハブに居を構えている。彼らはロアーズで育ったコロへ・アンディーノやワイルドカードのタナー・ガダスカスといった才能溢れるサーファーたちとも親しい関係だ。

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple