Category: All WSL News

ジョ-ディ・スミスとフィリペ・トレドがワールドタイトルレースからノックアウトした。

ジョ-ディ・スミスとフィリペ・トレドがワールドタイトルレースからノックアウトした。

件のコメント 2019年12月16日

アンディ・アイアンズの記念大会「ビラボン・パイプマスターズ」そしてトリプルクラウン・オブ・サーフィン が、世界最高峰のサーファーたちによって8から10フィート(2.4-3メートル)の波でバトルを繰り広げたラウンドオブ32では激しい試合となり劇的な一日となった今日の大会で、ランキング1位のイタロ・フェレイラ(ブラジル)と2位のガブリエル・メディーナ(ブラジル)が、劇的戦いとなったラウンド32から脱出し、世界タイトルレースを締めくくった。世界ランキング3位のジョーディ・スミス(南ア)と4位のフィリペ・トレド(ブラジル)、リカルド・クリスティ(ニュージーランド)と2018年のヴァンズ・トリプルクラウン・チャンピオンのジェシー・メンデス(ブラジル)はそれぞれ残念なことに敗北をし、ランニングを落としてしまった。

ビラボン・パイプマスターズ:メディーナがオープニング・ラウンドでアタックを仕掛け、ワイルドカードのケンパーがフェレイラを攻撃する。

ビラボン・パイプマスターズ:メディーナがオープニング・ラウンドでアタックを仕掛け、ワイルドカードのケンパーがフェレイラを攻撃する。

件のコメント 2019年12月12日

「アンディ・アイアンズ」の記念大会「ビラボン・パイプマスターズ」は、2019年ワールドサーフリーグ(WSL)メンズチャンピオンシップツアー(CT)の最終戦となる。「バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン」の3戦目は、オアフ島ノースショアの世界的にもとても有名なバンザイパイプラインで、6ー10フィート(1.8-3メートル)の波で最初の2ラウンドの競技を完了した。「バンズ・トリプルクラウン・オブ・サーフィン」の最後のイベントとして、「ビラボン・パイプマスターズ」は、ノースショアでの6週間にわたるは激しい戦いの末に37番目のチャンピオンを生み出す。史上最高峰の波のコンディションおよび、世界最高峰のコンペティション争いから映画のプレミア、スケートジャム、コミュニティの「ギブバックアクティベーション」までサーフィン文化を、ヘリテージシリーズという定義の元にスポーツのメッカで開催される。」

五十嵐・東京オリンピック内定

五十嵐・東京オリンピック内定

件のコメント 2019年12月11日

東京オリンピック・サーフィン出場枠40名のうち18名(男子10名・女子8名)は、2019WSLチャンピオンシップツアー最終CTランキングから決定される。五十嵐・カノアは、今日のイルミネーションラウンド後に、パット・オコーネル(WSLコミッショナー)から、オリンピック日本代表内定を受けた。

おめでとう・インヴィテーショナル優勝をビリーケンパーが飾った!!

おめでとう・インヴィテーショナル優勝をビリーケンパーが飾った!!

件のコメント 2019年12月10日

おめでとう!!インヴィテーショナル優勝、ビリー・ケンパー(ハワイ・マウイ)、会場を賑わせた、マウイのヤングガン、イマイカラニ・デヴォルト(ハワイ・マウイ)

パイプ・インヴィテーショナル、明日開幕なるか!?

パイプ・インヴィテーショナル、明日開幕なるか!?

件のコメント 2019年12月8日

明日のバンザイ・パイプラインの最新予報は、北寄りのスウェルが強く、北西の弱いオンショアが吹く予報へと変わった。「ハワイ時間の12月9日以降は、バンザイ・パイプラインやバックドアに良い方向の、北西のスウェルが届く予報です。そのスウェルが届くのを待ち、インヴィテーショナルが開幕する可能性が高いと思います。

ビラボン・パイプマスターズで、2019年メンズ・ワールドツアーの全てが決まる

ビラボン・パイプマスターズで、2019年メンズ・ワールドツアーの全てが決まる

件のコメント 2019年12月7日

現在イエロージャージで、ワールドランキング1位を走るイタロ・フェレイラ(ブラジル)は、初のワールドタイトルを狙う。それを止める事が出来るのは、4名のサーファーに絞られた。現在2位、イタロを止める事が出来れば、3度目のワールドタイトルを獲得するガブリエル・メディーナ(ブラジル)。それぞれ、初のワールドタイトル獲得となる、ジョディ・スミス(南アフリカ)、フィリペ・トレド(ブラジル)、コロへ・アンディーノ(アメリカ)と続く。

万寧(ワンニン)が主催する「Corona Open China」が2020年のワールドサーフリーグクォリファイシリーズとして開催される

万寧(ワンニン)が主催する「Corona Open China」が2020年のワールドサーフリーグクォリファイシリーズとして開催される

件のコメント 2019年12月6日

中国の万寧が主催する、2020年ワールドサーフリーグ(WSL)クォリファイシリーズ(QS)「Corona Open China hosted by Wanning」を海南島の日越湾(リュウベイ)の完璧な左レフトハンダーで開催することを決定した。 メンズ、ウィメンズを合わせたQS5,000イベントは、世界中から200人以上の選手が参加予定で、エリート選手が戦う、WSLチャンピオンシップツアー(CT)の出場権を確保するために重要なクォリファイポイントが高得点獲得できる大会でもある。

カリッサ・ムーアが通算4度目のワールドタイトルを獲得し、ステファニー・ギルモアが通算5度目となる「lululemon Maui Pro」で優勝

カリッサ・ムーアが通算4度目のワールドタイトルを獲得し、ステファニー・ギルモアが通算5度目となる「lululemon Maui Pro」で優勝

件のコメント 2019年12月4日

今日、カリッサ・ムーア(ハワイ)は、WSLウィメンズワールドチャンピオンシップツアーの最終目的地となる「lululemon Maui Pro」で2019 World Surf League(WSL)の世界タイトルを獲得した。 ムーアの勝利は、東京2020オリンピックの暫定的な資格も得る結果となった。 彼女は17歳のキャロライン・マークス(米国)を破り、4回目の世界タイトルを獲得したが、来年の東京オリンピックでのサーフィンデビューで、アメリカを代表2人のうち1人になった。

巨大な波の到来でキックスタートした2019年「台湾オープン世界ロングボード選手権」

巨大な波の到来でキックスタートした2019年「台湾オープン世界ロングボード選手権」

件のコメント 2019年12月3日

2019年「台湾オープン世界ロングボードチャンピオンシップ」が金樽港(ジンズンハーバー)で開催され、イベント帰還の初日には盛大な競争が見られた。コンペティターは、6フィートを超える巨大なクリーンな波と戦い、メンズとウィメンズのラウンド1を完了し、メンズのラウンド2、2ヒートを行った。現在のWSLロングボードツアーのランキングリーダーでのジャスティン・クィンタル(米国)は、彼が初の世界タイトルを決める可能性を抱えて台湾に乗り込んできた。勝利に飢えた他の選手がかかとを締めて、クィンタル自身は勝つチャンスを自分に与えるために、1日目に戦略はレギュラーからスタートし、オージーのジャック・エントウィッスル(オーストラリア)とニコラス・ブリューワー(オーストラリア)の2人は、最初のラウンドマッチアップに勝ち、彼は今ラウンド3に進み、勝利に向けての一歩を踏み出した。

「lululemon Maui Pro」は明日、確実なウネリと共にスタート準備に入る。

「lululemon Maui Pro」は明日、確実なウネリと共にスタート準備に入る。

件のコメント 2019年12月1日

ワールドサーフリーグ(WSL)ウィメンズチャンピオンツアー(CT)の最終決戦の場となる「The lululemon Maui Pro」は、今日は休みとなりますが、明日から始まります。12月1日午前7時35分、シードラウンド1、エリミネーションラウンド2、ラウンド16が行われます。ライブブロードキャストは現地ハワイ時間の午前7時から開始されます。「今日もアップデートのために、ルルレモン・マウイプロの会場に来ましがとても良い感じです」と、WSLツアーおよびコンペティション担当バイスプレジデントのジェシ―・マリーダイヤーが語った。私たちは、明日の午前7時35分(HST)に開始する予定で、最初のウィメンズ3ラウンドまでを行うことを検討しています。彼女たちにとって重要な日であり、私たちは6から8フィートでかなり良いコンディションになることが期待しています。」

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple