Category: All WSL News

ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!

ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!

件のコメント 2019年11月30日

ツヅキ・アムロ(日本)とルーカス・ビセンテ(ブラジル)が、2019年の「Taiwan Open of Surfing」のメンズとウィメンズのWSLワールドジュニアチャンピオンとなった。 コンテストの最終日は、金樽港(ジンズンハーバー)に頑強な手に負えないほどの6から8フィートの波が押し寄せ、世界トップクラスのジュニアサーファーがこれにテストされ、歴史的な偉業を成し遂げこの厳しい環境をバラ色の雲の上に変えた。カリフォルニアのケード・マットソンとアリッサ・スペンサーの2人が決勝で準優勝となり、このペ厳しい戦いをした。ツヅキ・アムロ(日本)は今日、新たに歴史を作り、日本初のWSLジュニアワールドサーフィンチャンピオンになった。そして最後は、すべてのヒートで高得点を記録して決勝に進出してきた、アリッサ・スペンサー(アメリカ)と対戦した。決勝日は、彼女にとって以前のヒートのようにはいかず異なり、都筑(ツヅキ)が最終ヒート全体的を制御し、2本の波の組み合わせを13.00(可能な20のうち)として、最終的には彼女がワールドタイトルのトロフィーを得る結果となった。

台湾のWSL「World Junior Championships」3日目のコンペティションのバトルは内容の濃い戦となった。

台湾のWSL「World Junior Championships」3日目のコンペティションのバトルは内容の濃い戦となった。

件のコメント 2019年11月29日

WSL「World Junior Championships」は2019年台湾オープンサーフィンの一部として、メンズラウンド2とラウンド3の4ヒートまでが、かなりきつい風中で行われてた。ラウンド3のオープニングヒートが行われると、メンズクォーターファイナルの最初の4つのスポットが埋められた。日本の安土丈(JPN)はWSL「World Junior Championships」ではよく知られたサーファーの一人です。今回のトロフィー挑戦は3回目のタイトルになります。2017年、爆発的に若い、レギュラーフッターの彼はファイナルまで進み、フィン・マクギル(ハワイ)に勝利を許し世界2位になった。 2019年、安土は台湾での目標を明確にした。それはさらに一歩前に進んで、彼が自身初ワールドジュニアタイトルを獲得し、2020チャレンジャーシリーズでスポット獲得を示唆している。

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する

件のコメント 2019年11月28日

2019年「 World Junior Championships」は、台湾の金樽港での2日目の「Taiwan Open of Surfingの一部として継続されている。大会の2日目は、水をえた魚のように生き生きとしたサーファーたちが浴びて3から4フィートの波を忙しく波を捕まえ、クォーターファイナルまでの8人を選び出した。WSLウィメンズワールドチャンピオンのキラ・ピンカートン(米国)が台湾でその日の最高の2本のベストトータルスコアでオープニングラウンドヒートを支配した。ピンカートンの記録した16.76(可能な20のうち)は、金樽の長いレフトの壁に鋭いバックハンドアプローチをくりかえした。 ピンカートンは第1ラウンドと第3ラウンドを通じて、今日のパフォーマンスで再び台湾で他のサーファーを圧勝する予感を魅せた。

サンセットオープンのクラッシックなコンディション

サンセットオープンのクラッシックなコンディション

件のコメント 2019年11月27日

ワールドツアーの最後のイベントとなる「Vans World Cup of Surfing」の初日は、きれいな西のうねりがヒットし、ローカルおよびインターナショナルサーファーがワールドサーフリーグ(WSL)のメンズクォリファイシリーズ(QS)とバンズトリプルクラウンオブサーフィンの2個目の宝石を手に入れるために。、サンセットビーチの洗練されたコンディションを満喫した。ちょうど昨日、同じうねりが2019「Haleiwa Hawaiian Pro」の勝者、フレデリコ・モライス(PRT)を7マイル先のハレイワアリイビーチで勝利し、彼は現在バンズトリプルクラウンタイトルレースで優位な順位に立っているが、 この先128人のサーファーがこの名誉を狙っている。元チャンピオンシップツアー(CT)サーファーで、最近パパとなった、パトリック・グダウスカス(アメリカ)は、午前中のベストスコアの1つを獲得した。グダスカスは、ヒートの最高のシングルウェーブを獲得したが、カルム・ロブソン(オーストラリア)は、彼最初のVans World Cupで印象的なパフォーマンスを見せ、0.20ポイント差で勝った。

マルコ・ジョルジが、「Taiwan Open of Surfing QS3,000」で勝利

マルコ・ジョルジが、「Taiwan Open of Surfing QS3,000」で勝利

件のコメント 2019年11月27日

ウルグアイ出身のマルコ・ジョルジ(URY)が、2019年台湾オープンサーフィンのワールドサーフリーグ(WSL)クォリファイシリーズ(QS)3000に勝利した。 金樽港での決勝戦は強風の中3から4フィートのなみをブレイクし続けた。ジョルジは決勝でオーストラリアのミッチパーキンソン(AUS)に打ち勝った。マルコ・ジョルジ(URY)はこの1週間レーダーを張りまぐらし、決勝まで進み堅実なパフォーマンスを発揮し、イベントではずば抜けた力を魅せるミッチ・パーキンソン(AUS)と対決した。パーキンソンは、空中戦で最高のヒートとタールスコアを記録し、ジョルジは強力なバックサイドターンでジャッジに印象づけした。パーキンソンは、2本の強力なスコアをもとに大多数でヒートをリードした。ジョルジは波を探しあてラインナップをめぐり、最終的にレギュラーサイドの傾斜路に潜り込み、完全に空中で回転するエアーリバースをメイクして、2度目のQS3,000勝利を獲得した 。

「lululemon Maui Pro」は今日と明日の開催をオフとした。

「lululemon Maui Pro」は今日と明日の開催をオフとした。

件のコメント 2019年11月26日

ワールドサーフリーグ(WSL)ウィメンズチャンピオンツアー(CT)の最終ストップとなる「lululemon Maui Pro」が今日オープンしたが、ホノルアベイは波が小さく今日、明日の2日間は連続で試合は行わない事を決定した。イベント主催者は、11月27日水曜日の午前7時30分(ハワイ時間)に再招集して、状況を再評価し、次のコールを決定した。「今日ホノルアベイの「lululemon Maui Pro」のアップデートのために来ました」と、WSLツアーおよびコンペティションバイスプレジデントのジェシー・マリー・ダイヤーが語った。「今日も明日も試合は行いません。 ベイにうねりが全く入ってこないからです。 常にここに入るうねりは、本当に完璧でなければならないのでこの状態ではオフとします。 サンクスギビングデー(感謝祭日)前後にはいくつかの波が上がる希望が少しありますが、間違いなく12月の最初のはじめの週には、かなりのうねりが入りそうなので楽しみにしています。私たちは常に波を待ちます、その波がいつここに着くかによって決定します。

「lululemon Maui Pro」:ワールドタイトルの対決は、ムーア、ピーターソン、マークスを出迎えている。

「lululemon Maui Pro」:ワールドタイトルの対決は、ムーア、ピーターソン、マークスを出迎えている。

件のコメント 2019年11月26日

ワールドサーフリーグ(WSL)女子選手権ツアー(CT)の最終ストップである「lululemon Maui Pro」の開催期間が明日、現地時間の月曜日に正式にオープンする。開催期間は11月25日、2019年12月6日金曜日まで。ワールドタイトル候補のカリッサ・ムーア(HAW)、レイキー・ピーターソン(アメリカ)、そしてキャロライン・マークス(アメリカ)は、「luluemon Rising Tides」イベントの開催前日にホノルアベイに集まり、今後のワールドタイトルバトルレースと2020年の東京オリンピックへの暫定的な資格をも視野に入れて語りあった。

サーフィンQS3,000の台湾オープンの2日目にいよいよ門が狭まる。

サーフィンQS3,000の台湾オープンの2日目にいよいよ門が狭まる。

件のコメント 2019年11月26日

「Taiwan Open of Surfing 」QS3,000の2日目は22ヒートが行われ、優勝への門が次第に狭まってきた。ラウンド3すべてのヒートをが完了し、ラウンド4は6ヒートまでが、2から3フィートのクリーンでファンな波で競技者を楽しませた。カリフォルニア、サンクレメンテのアップカーマーのケイド・マトソン(アメリカ)は、ラウンド3のヒート8で、トリップパートナーで親友のジェット・シリング(アメリカ)と対戦に挑戦する困難な状況のなか、彼はQSを通じて可能な限り多くの経験をここ金樽港で得たいと考えている。

4度目の勝利を「white buffalo HYUGA PRO」で飾ったザヒー・ケリー

4度目の勝利を「white buffalo HYUGA PRO」で飾ったザヒー・ケリー

件のコメント 2019年10月21日

ワールドサーフリーグ(WSL)「white buffalo HYUGA PRO」が生涯で4勝目となる、ザヒー・ケリー(オーストラリア)がなかなか難しい条件な決勝日でクォリファイシリーズ(QS)3,000のウィメンズを制し、さらに上のチャンピオンシップツアー(CT)へ向けて、格上げの争いでライバルのアリッサ・スペンサー(米国)を抑えての勝利となった。村上舜(日本)は日向で2度目となる勝利を挙げた。

ウィメンズが日向の波でファイアリングした!

ウィメンズが日向の波でファイアリングした!

件のコメント 2019年10月17日

ウィメンズは、ホワイトバッファローHYUGAプロQS 3,000で今日一日を中とおしてさく裂した日向市お倉が浜の波に強烈なアプローチをした。3から5フィートのうねりのなか、メンズのラウンド3が始まる前に、ウィメンズラウンド1が行われ素晴らしい演出を披露したトップアスリートたちが多くのエクセレントスコアをメイクした。現在のQSランキング 7位のリッサ・スペンサーとタヒチからエントリーのヴァヒネ・フィエロは、今日のトップパフォーマンスでショー独り占めにし次世代の幕開けを予言した。

RSS Feed WSL Japan on Facebook WSL Japan on Twitter WSL Japan on Youtube WSL Japan on Instaram
© World Surf League Japan 2020. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple