Author Page for Media Manager

rss feed

Visit Media Manager's Website

キラ・ピンカートンが2018年のワールド・ジュニア・チャンピオンシップ制する!

キラ・ピンカートンが2018年のワールド・ジュニア・チャンピオンシップ制する!

件のコメント 2018年12月7日

キラ・ピーカートンが、ケアラ・トモダ・バナートを倒して2018年の『Taiwan Open World Junior Championships』のチャンピョンとなった。キラ・ピンカートンは16歳とは思えない落ち着きのあるサーフィンを見せ、ファイナルデイでは、ギリギリの局面で何度も勝負強さを見せた。ファイナルの序盤にスコアを揃え、ヒートを有利に進めた。しかし、トモダ・バナートが4発のビックアクションを含むレフトのライディングを見せ、エクセレントスコアとなる8.20ポイントを出すと状況は一変した。残り2分、エクセレントに近いスコアが必要な状況でピンカートンは形の良いレフトの波を掴む。持ち前の落ち着いたサーフィンで7.77ポイントをスコアし、見事にトモダ・バナートからリードを奪い返した。ヒート終了直前にトモダ・バナートが追い上げを見せるが、わずかに及ばず、ピンカートンがWJCで初優勝を飾った。ピンカートンは勝利インタビューに「優勝したことがまだ信じられません。優勝を目指していたので本当に嬉しく思います。今日は接戦が多かったので非常に濃い1日となりました。この一週間、台湾で素晴らしい時間を過ごすことができました。台湾では、素晴らしい景色が海岸広がり、私のホームポイントがあるサン・クレメンテに似ているのでとても落ち着きました。」と喜びをこめて答えた。

ソレイル・ヱリコが2018年のワールド・ロングボードチャンピオンとなる!

ソレイル・ヱリコが2018年のワールド・ロングボードチャンピオンとなる!

件のコメント 2018年12月5日

台湾で開催されたウィメンズのワールド・ロングボード・チャンピョンシップは、カリフォルニア出身のソレイル・エリコが弱冠17歳にして優勝を勝ち取った。ファイナルでは、同じカリフォルニア出身で、2015年のチャンピョンのレイチェル・ティリーを相手に劇的な勝利をおさめた。35分間のファイナルは、世界の舞台に慣れているティリーが序盤から圧倒的な強さを見せつけた。開始10分も経たないうちにトータル14.27ポイントを揃え、エリコをコンビネーションのシチュエーションに追いこんだ。誰もがティリーの勝利を確信していたが、エリコは最後まで諦めない勝利への執着心を見せた。ヒート中盤から立て続けに2本のセットを掴み、パワーと美しさを兼ね備えた、最高のライディングを披露した。そしてなんと、ティリーのポイントを上回る、7.73と、8.23ポイントをマークし、見事逆転に成功した。エリコにとって2018年シーズンで初めての国際試合で、元ワールド・チャンピョンを下すという大金星をあげた。

パーフェクト10をスコアしたカリッサ・ム―アがマウイの覇者に!!

パーフェクト10をスコアしたカリッサ・ム―アがマウイの覇者に!!

件のコメント 2018年12月3日

今年の『Beachwaver Maui Pro』は、常に最高のパフォーマンスを発揮していたカリッサ・ムーアがマリア・マニュエルを抑えこみ、2018年の最終戦で見事な勝利をおさめた。

最終日の前にすでにワールドチャンピョンがギルモアに決定していたたが、そのドラマとは別に世界最高峰の激しい戦いが繰り広げられた。ファイナルでは、マニュエルのオープニングライドによって戦いの火蓋が切られた。マニュエルはオープニングライドで果敢にチューブライドに挑むも、波をうまく操ることができずにワイプアウト。そのワイプアウトの衝撃で彼女のサーフボードがなんと真二つに折れてしまった。激動の幕開けとなったが、開始10分にムーアが長いバレルライディングを成功させた。エンドセクションを成功させることができなかったものの、高いバレルスキルが評価され、8.67ポイントを獲得する。

ギルモアが再び女王の座へ返り咲き新しい歴史を創る!

ギルモアが再び女王の座へ返り咲き新しい歴史を創る!

件のコメント 2018年11月29日

ウィメンズの女王、ステファニー・ギルモアが今季最終戦の『Beachwaver Maui Pro』で、レイン・ビーチリーと並び、ウィメンズの歴代最多タイとなる7度目のCT年間チャンピョンの座へ返り咲いた。今回のタイトル獲得により、全世界のサーフィンファンにギルモアがこの世代のウィメンズサーファーでは最強選手であることを証明し、歴史に名を刻んだ。ギルモアは彼女にとってのルーキーイヤーとなった、2007年のCTで初制覇を皮切りに、2008、09、10年と連続で年間チャンピオンを果たし、今ではケリースレイターに次ぐ29回のCTイベント優勝を成し遂げている。

ハワイ近海に発生した巨大台風の影響で『Jaws Challenge』の開催に"グリーン・アラート"となる!

ハワイ近海に発生した巨大台風の影響で『Jaws Challenge』の開催に”グリーン・アラート”となる!

件のコメント 2018年11月27日

11月26日から開催が予定されている『Jaws Challenge』は、巨大台風の影響でイエロー・アラート(危険コンディションによる試合のストップ)からグリーン・アラートになった。南アフリカのグラント・ベイカーが勝利を収めた『Nazar? Challenge』が先週、ネット上で大きな話題を呼んだが、WSLのビッグウェイブツアーの第2戦となる『Jaws Challenge』のキックオフも間近に迫った。ハワイ近海で発生している巨大台風の影響で、今年の『Jaws Challenge』は35フィート(10メートル)を超える大波が押し寄せてくることが見込まれ、11月26日もしくは27日から試合がスタートする予定となった。

今年の女子CTチャンピョンをかけた『Beachwaver Maui Pro』が25日からスタート!!

今年の女子CTチャンピョンをかけた『Beachwaver Maui Pro』が25日からスタート!!

件のコメント 2018年11月24日

ウィメンズのCT最終戦となる『Beachwaver Maui Pro』が25日からスタートする。この大会でステファニー・ギルモアとレイキー・ピーターソンによる年間チャンピョン争いに終止符が打たれる。また、CTランキング下位の選手にとってはこの試合が来年のCT残留をかけた最後のチャンスとなる。昨年、長いスランプから脱却し、CTへのクオリファイを果たしたセージ・エリクソンの来年以降のCT参戦はこの試合にかかっていると言っても過言ではないだろう。

パーコが2度目となる『Hawaiian Pro』を制した!

パーコが2度目となる『Hawaiian Pro』を制した!

件のコメント 2018年11月22日

今シーズン限りでの引退を表明したジョエル・パーキンソンが『Hawaiian Pro』にて、この大会では自身2度目となる優勝を飾った。今回の優勝により、36回開催となる今年の『Vans Triple Crown of Surfing』で暫定1位となった。パーキンソンは『Vans Triple Crown of Surfing』の次戦となる『Vans World Cup』を戦い、2008、09、10年の3連覇以来となる総合優勝をかけ、強敵たちとしのぎを削ることになる。

「Port Stephens Toyota NSW Pro」 にて男女ともに日本人選手が大活躍!

「Port Stephens Toyota NSW Pro」 にて男女ともに日本人選手が大活躍!

件のコメント 2018年11月22日

オーストラリアで開催された「Port Stephens Toyota NSW Pro」 にて、日本人選手が素晴らしい活躍を見せた。男子では古川海夕(フルカワ・ミユ)が自身のQS最高成績となる5位入賞、女子では前田マヒナも5位に入賞を果たした。そして、野中美波(ノナカ・ミナミ)と脇田紗良(ワキタ・サラ)がそれぞれ9位に入賞するなど、世界の強豪を相手に堂々の結果を残した。

『Momentum』の製作の裏側に迫った『Momentum Generation』が12月11日に発売!

『Momentum』の製作の裏側に迫った『Momentum Generation』が12月11日に発売!

件のコメント 2018年11月8日

1989年の冬、アメリカ中に四散する指折りのヤングサーファーたちがノースショアの波を追い求め、1つの屋根の下に集まった。その中にはケリー・スレーター、ロブ・マチャド、シェーン・ドリアン、ロス・ウィリアムズ、テイラー・ノックス、カラニ・ロブといった。その当時の新しいサーフシーンの礎を築いた精鋭たちがそろっていた。彼らはベンジー・ウェザリーのお母さんのサポートによって衣食住を共にし、近所の家に住むテイラー・スティールがその模様をカメラに収めた。テイラー・スティールは、ベンジーの家に集まった仲間のサーフィンやライフスタイルを撮影し続け、3年後に自身初の代表作となる『Momentum』(モーメンタム)をリリースした。このフィルムに収められたヤングサーファーたちの斬新なサーフィンやライフスタイルは、非常に魅力的であり、当時のサーフィン業界に新たな旋風を巻き起こしたことは間違えない。このフィルムのリリース以降、彼らはこの作品のタイトルを文字って『モーメンタム世代』と呼ばれるようになった。

ペイジ・ハーブが日本の「white buffalo HYUGA Pro QS 3,000」で待望のを勝利を飾る!

ペイジ・ハーブが日本の「white buffalo HYUGA Pro QS 3,000」で待望のを勝利を飾る!

件のコメント 2018年10月21日

「white buffalo HYUGA Pro QS 3,000」の最終日が開催され、QSのベテランのペイジ・ハーブがイサベラ・ニコラスを撃破し、見事に優勝を飾った。最終日はラウンド3からファイナルまで行うハードスケジュールとなったが、ハーブは勢いを止めることなく持ち前の力を発揮した。CT選手のハーブは過去に一度10年近くCTから姿を消していたが、昨年はCTに返り咲き今シーズンの結果次第では、今回の勝利が彼女を再びCTで残留できる可能性を多くのファンに示した。彼女は現在13,800のQSポイントを保持しており、現在QSランキングを3位につけている。

1 / 20112345...102030...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple