Author Page for Media Manager

rss feed

Visit Media Manager's Website

ビラボン・パイプマスターズで、2019年メンズ・ワールドツアーの全てが決まる

ビラボン・パイプマスターズで、2019年メンズ・ワールドツアーの全てが決まる

件のコメント 2019年12月7日

現在イエロージャージで、ワールドランキング1位を走るイタロ・フェレイラ(ブラジル)は、初のワールドタイトルを狙う。それを止める事が出来るのは、4名のサーファーに絞られた。現在2位、イタロを止める事が出来れば、3度目のワールドタイトルを獲得するガブリエル・メディーナ(ブラジル)。それぞれ、初のワールドタイトル獲得となる、ジョディ・スミス(南アフリカ)、フィリペ・トレド(ブラジル)、コロへ・アンディーノ(アメリカ)と続く。

万寧(ワンニン)が主催する「Corona Open China」が2020年のワールドサーフリーグクォリファイシリーズとして開催される

万寧(ワンニン)が主催する「Corona Open China」が2020年のワールドサーフリーグクォリファイシリーズとして開催される

件のコメント 2019年12月6日

中国の万寧が主催する、2020年ワールドサーフリーグ(WSL)クォリファイシリーズ(QS)「Corona Open China hosted by Wanning」を海南島の日越湾(リュウベイ)の完璧な左レフトハンダーで開催することを決定した。 メンズ、ウィメンズを合わせたQS5,000イベントは、世界中から200人以上の選手が参加予定で、エリート選手が戦う、WSLチャンピオンシップツアー(CT)の出場権を確保するために重要なクォリファイポイントが高得点獲得できる大会でもある。

カリッサ・ムーアが通算4度目のワールドタイトルを獲得し、ステファニー・ギルモアが通算5度目となる「lululemon Maui Pro」で優勝

カリッサ・ムーアが通算4度目のワールドタイトルを獲得し、ステファニー・ギルモアが通算5度目となる「lululemon Maui Pro」で優勝

件のコメント 2019年12月4日

今日、カリッサ・ムーア(ハワイ)は、WSLウィメンズワールドチャンピオンシップツアーの最終目的地となる「lululemon Maui Pro」で2019 World Surf League(WSL)の世界タイトルを獲得した。 ムーアの勝利は、東京2020オリンピックの暫定的な資格も得る結果となった。 彼女は17歳のキャロライン・マークス(米国)を破り、4回目の世界タイトルを獲得したが、来年の東京オリンピックでのサーフィンデビューで、アメリカを代表2人のうち1人になった。

巨大な波の到来でキックスタートした2019年「台湾オープン世界ロングボード選手権」

巨大な波の到来でキックスタートした2019年「台湾オープン世界ロングボード選手権」

件のコメント 2019年12月3日

2019年「台湾オープン世界ロングボードチャンピオンシップ」が金樽港(ジンズンハーバー)で開催され、イベント帰還の初日には盛大な競争が見られた。コンペティターは、6フィートを超える巨大なクリーンな波と戦い、メンズとウィメンズのラウンド1を完了し、メンズのラウンド2、2ヒートを行った。現在のWSLロングボードツアーのランキングリーダーでのジャスティン・クィンタル(米国)は、彼が初の世界タイトルを決める可能性を抱えて台湾に乗り込んできた。勝利に飢えた他の選手がかかとを締めて、クィンタル自身は勝つチャンスを自分に与えるために、1日目に戦略はレギュラーからスタートし、オージーのジャック・エントウィッスル(オーストラリア)とニコラス・ブリューワー(オーストラリア)の2人は、最初のラウンドマッチアップに勝ち、彼は今ラウンド3に進み、勝利に向けての一歩を踏み出した。

「lululemon Maui Pro」は明日、確実なウネリと共にスタート準備に入る。

「lululemon Maui Pro」は明日、確実なウネリと共にスタート準備に入る。

件のコメント 2019年12月1日

ワールドサーフリーグ(WSL)ウィメンズチャンピオンツアー(CT)の最終決戦の場となる「The lululemon Maui Pro」は、今日は休みとなりますが、明日から始まります。12月1日午前7時35分、シードラウンド1、エリミネーションラウンド2、ラウンド16が行われます。ライブブロードキャストは現地ハワイ時間の午前7時から開始されます。「今日もアップデートのために、ルルレモン・マウイプロの会場に来ましがとても良い感じです」と、WSLツアーおよびコンペティション担当バイスプレジデントのジェシ―・マリーダイヤーが語った。私たちは、明日の午前7時35分(HST)に開始する予定で、最初のウィメンズ3ラウンドまでを行うことを検討しています。彼女たちにとって重要な日であり、私たちは6から8フィートでかなり良いコンディションになることが期待しています。」

ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!

ツヅキ・アムロとルーカス・ビセンテが台湾で開催された2019年WSLのワールドジュニアチャンピオンシップで優勝した!

件のコメント 2019年11月30日

ツヅキ・アムロ(日本)とルーカス・ビセンテ(ブラジル)が、2019年の「Taiwan Open of Surfing」のメンズとウィメンズのWSLワールドジュニアチャンピオンとなった。 コンテストの最終日は、金樽港(ジンズンハーバー)に頑強な手に負えないほどの6から8フィートの波が押し寄せ、世界トップクラスのジュニアサーファーがこれにテストされ、歴史的な偉業を成し遂げこの厳しい環境をバラ色の雲の上に変えた。カリフォルニアのケード・マットソンとアリッサ・スペンサーの2人が決勝で準優勝となり、このペ厳しい戦いをした。ツヅキ・アムロ(日本)は今日、新たに歴史を作り、日本初のWSLジュニアワールドサーフィンチャンピオンになった。そして最後は、すべてのヒートで高得点を記録して決勝に進出してきた、アリッサ・スペンサー(アメリカ)と対戦した。決勝日は、彼女にとって以前のヒートのようにはいかず異なり、都筑(ツヅキ)が最終ヒート全体的を制御し、2本の波の組み合わせを13.00(可能な20のうち)として、最終的には彼女がワールドタイトルのトロフィーを得る結果となった。

台湾のWSL「World Junior Championships」3日目のコンペティションのバトルは内容の濃い戦となった。

台湾のWSL「World Junior Championships」3日目のコンペティションのバトルは内容の濃い戦となった。

件のコメント 2019年11月29日

WSL「World Junior Championships」は2019年台湾オープンサーフィンの一部として、メンズラウンド2とラウンド3の4ヒートまでが、かなりきつい風中で行われてた。ラウンド3のオープニングヒートが行われると、メンズクォーターファイナルの最初の4つのスポットが埋められた。日本の安土丈(JPN)はWSL「World Junior Championships」ではよく知られたサーファーの一人です。今回のトロフィー挑戦は3回目のタイトルになります。2017年、爆発的に若い、レギュラーフッターの彼はファイナルまで進み、フィン・マクギル(ハワイ)に勝利を許し世界2位になった。 2019年、安土は台湾での目標を明確にした。それはさらに一歩前に進んで、彼が自身初ワールドジュニアタイトルを獲得し、2020チャレンジャーシリーズでスポット獲得を示唆している。

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する

ウィメンズワールドジュニアタイトルを狙い「Taiwan Open of Surfing」に集結する

件のコメント 2019年11月28日

2019年「 World Junior Championships」は、台湾の金樽港での2日目の「Taiwan Open of Surfingの一部として継続されている。大会の2日目は、水をえた魚のように生き生きとしたサーファーたちが浴びて3から4フィートの波を忙しく波を捕まえ、クォーターファイナルまでの8人を選び出した。WSLウィメンズワールドチャンピオンのキラ・ピンカートン(米国)が台湾でその日の最高の2本のベストトータルスコアでオープニングラウンドヒートを支配した。ピンカートンの記録した16.76(可能な20のうち)は、金樽の長いレフトの壁に鋭いバックハンドアプローチをくりかえした。 ピンカートンは第1ラウンドと第3ラウンドを通じて、今日のパフォーマンスで再び台湾で他のサーファーを圧勝する予感を魅せた。

サンセットオープンのクラッシックなコンディション

サンセットオープンのクラッシックなコンディション

件のコメント 2019年11月27日

ワールドツアーの最後のイベントとなる「Vans World Cup of Surfing」の初日は、きれいな西のうねりがヒットし、ローカルおよびインターナショナルサーファーがワールドサーフリーグ(WSL)のメンズクォリファイシリーズ(QS)とバンズトリプルクラウンオブサーフィンの2個目の宝石を手に入れるために。、サンセットビーチの洗練されたコンディションを満喫した。ちょうど昨日、同じうねりが2019「Haleiwa Hawaiian Pro」の勝者、フレデリコ・モライス(PRT)を7マイル先のハレイワアリイビーチで勝利し、彼は現在バンズトリプルクラウンタイトルレースで優位な順位に立っているが、 この先128人のサーファーがこの名誉を狙っている。元チャンピオンシップツアー(CT)サーファーで、最近パパとなった、パトリック・グダウスカス(アメリカ)は、午前中のベストスコアの1つを獲得した。グダスカスは、ヒートの最高のシングルウェーブを獲得したが、カルム・ロブソン(オーストラリア)は、彼最初のVans World Cupで印象的なパフォーマンスを見せ、0.20ポイント差で勝った。

マルコ・ジョルジが、「Taiwan Open of Surfing QS3,000」で勝利

マルコ・ジョルジが、「Taiwan Open of Surfing QS3,000」で勝利

件のコメント 2019年11月27日

ウルグアイ出身のマルコ・ジョルジ(URY)が、2019年台湾オープンサーフィンのワールドサーフリーグ(WSL)クォリファイシリーズ(QS)3000に勝利した。 金樽港での決勝戦は強風の中3から4フィートのなみをブレイクし続けた。ジョルジは決勝でオーストラリアのミッチパーキンソン(AUS)に打ち勝った。マルコ・ジョルジ(URY)はこの1週間レーダーを張りまぐらし、決勝まで進み堅実なパフォーマンスを発揮し、イベントではずば抜けた力を魅せるミッチ・パーキンソン(AUS)と対決した。パーキンソンは、空中戦で最高のヒートとタールスコアを記録し、ジョルジは強力なバックサイドターンでジャッジに印象づけした。パーキンソンは、2本の強力なスコアをもとに大多数でヒートをリードした。ジョルジは波を探しあてラインナップをめぐり、最終的にレギュラーサイドの傾斜路に潜り込み、完全に空中で回転するエアーリバースをメイクして、2度目のQS3,000勝利を獲得した。

1 / 20612345...102030...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2019. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple