Author Page for Media Manager

rss feed

Visit Media Manager's Website

Komunity Project Great Lakes Pro初戦、ブーマラングビーチで始まる!

Komunity Project Great Lakes Pro初戦、ブーマラングビーチで始まる!

件のコメント 2017年2月8日

ここ最近のオーストラリアで行われているWSLクオリファイシリーズでの不運な波の状況からすると、この日行われた2017 Komunity Project Great Lakes Proの初戦はとてもスリリングなものとなった。手付かずの自然が残るブーマラングビーチでは、クリーンな3ftのAフレームのピークが選手達の素晴らしいパフォーマンスをバックアップしていた。最後の波でリードを奪ったのは、日本から来た小笠原由織。3位の位置にいた小笠原はラウンド3へ勝ち上がる為に必死に必要なポイントを追っていた。残り時間僅かとなった時、このスムースなナチュラルフッターは、ライトの波を掴み、カットバックを交えて大きく3発当て込み、6.20ポイントをスコア。一気に1位へ躍り出たのだった。

橋本恋とワトソンがカバリタを制する!

橋本恋とワトソンがカバリタを制する!

件のコメント 2017年2月6日

タイ・ワトソンと橋本恋が美しいカバリタビーチに割れる2~3ftの波の中、2017年のTelstra Stores Tweed Coast Proで勝利を手にした。この5日間世界の隅々から集まった250人ものハングリーなコンペテーター達が渦巻くこのフィールドを戦い抜いた二人のサーフィンは非常に印象的なものだった。2年もの間コンペシーンから遠ざかっていたカルバーラ出身のワトソンは2017年の今年、愛するクオリファイシリーズへ戻ってきた。バーレーでの5位に続き、ここツイードの地で栄光をたぐり寄せようとしていた彼にとって、この勝利はかけがえのないものとなったはずだ。

Volcom Pipe Pro マクア・ロスマンがパーフェクト10を!

Volcom Pipe Pro マクア・ロスマンがパーフェクト10を!

件のコメント 2017年2月6日

2015年のBig Waveワールドチャンピオン、マクアカイ・ロスマン(HAW)がウルトラクリーンなサンドバーバレルを捕らえ、お手本のようなライディングでこれをメイク。大会二日目となったVolcom Pipe Pro(WSLクオリファイシリーズ3000)。このライディングにジャッジは揃って10ポイントをつけた。2016年のビッグウェーブツアー中、プエルト・エスコンディードでの怪我に見舞われたロスマンにとって、今大会は昨年のVans Triple Crown以来のコンペティションだった。

ボルコムパイプが始まる!

ボルコムパイプが始まる!

件のコメント 2017年2月4日

もう後戻りは出来ない!ついにVolcom Pipe Proの火蓋が切って落とされた!実のところ、我々が目にするはずだった、本来のパイプラインの姿、つまりはゴージャスに輝く、巨大な西北西からくるウネリはそこには無く、むしろ真逆の条件の中で、ここに集ったハワイの魂で繋がったサーファーたちは戦わなければならなかった。そこで何が起こったか?それでは話を進めていこう。この日、北東からくるXLサイズのウネリがショアラインに炸裂した。リーフの上に溜まった砂に押し上げられる形で、ププケアからロックパイルの方向へ向かってフォームを描き、決してパイプの姿を要してはいなかったが、一度始まったショーは誰にも止める事はできない。

アンワーとニコルズがバーレーを制する!

アンワーとニコルズがバーレーを制する!

件のコメント 2017年1月30日

インドネシア出身のオニー・アンワーとクイーンズランド出身のイザベラ・ニコルズがオーストラリアはゴールドコーストを代表するポイント、バーレーヘッズで行われた、2017年Flight Centre Burleigh Proを制した。小波が続いていたが、三日目となった試合最終日は2~3ftの今までで最も良いコンディションとなった。メンズの決勝では、ゴールドコーストに長く滞在しているアンワーと注目株のカラニ・ボールが激突。双方ともに一歩も譲らず、エクセレントスコアを積み重ねた。

Flight Centre Burleigh Pro、メンズトップシードの戦いが始まる!

Flight Centre Burleigh Pro、メンズトップシードの戦いが始まる!

件のコメント 2017年1月29日

Flight Centre Burleigh Pro三日目。徐々に勝者が絞られてき始めたように見える。この日行われたのはメンズラウンド3と4。トリッキーな1から2ftの小波のコンディションの中、ここバーレーヘッズに姿を現したトップシード選手たちのバトルが始まった。エリートツアーをルーキーイヤーに脱落した、ニュージーランド出身のリカルド・クリスティ。自分のスポットを取り戻すための戦いが始まった。クリスティは今大会をその他の主要なQSイベントのためのウォーミングアップと位置付けているようだ。今シーズンに挑むその強い気持ちは、彼を最終日のラウンド5へと進ませた。

Flight Centre Burleigh Pro始まる!

Flight Centre Burleigh Pro始まる!

件のコメント 2017年1月27日

いよいよ今年も、オーストラリアのポイントブレイクのアイコンとも言えるバーレーヘッズでFlight Centre Burleigh Proがキックオフ!ワールドクラスのウォールとして有名なバーレーだが、初日となったこの日は期待通りとはいかなかった。しかし、世界トップのQSの選手たちには十分にパフォーマンス可能だと判断したイベントオーガナイザーたちは、メンズ、ウィメンズともにラウンド1を行うことを決定したのだった。タフなコンディションのバーレーですら、クイックなサーフィンで魅せるブラジル出身のグーフィーフッター、ウェズリー・レイトにかかればいい波に見えてしまう。ビジーに動き回り、ヒートで最も多くの波に乗った。その作戦が功を奏し、いくつかのオープンセクションを見つけるに至り、ヒート最高ポイント9.0とトータルポイントではこの日のイベントで最高点となる16.50ポイントを手にした。

ジェイミー・ミッチェル、ナザレチャレンジに名を残す!

ジェイミー・ミッチェル、ナザレチャレンジに名を残す!

件のコメント 2016年12月24日

オーストラリア出身のジェイミー・ミッチェルがこの日、偉業を達成した。世界屈指のビッグウェーブポイントとしても有名なポルトガルはプライア・ドゥ・ノルテで史上初開催となったナザレチャレンジ。波は30?40footにもなった。そのベテランウェーターマンは、その卓越したスキルでトリッキーなラインナップに対しても落ち着いた戦術で挑み、ビッグウェーブツアーで自身初となる勝利を手にした。ミッチェルは巨大なレフトの波を駆け下りると、トレードマークとも言えるレイルグラブでボトムを維持し、息を飲むようなライディングを見せた。

ミシェル・ボレーズがパイプマスターズを制し、カノア五十嵐もファイナリストへ。

ミシェル・ボレーズがパイプマスターズを制し、カノア五十嵐もファイナリストへ。

件のコメント 2016年12月21日

今日この日起こった事を一言で表わすのは非常に難しい。ジョンジョンが優勝した可能性だって十分あったし、あるいはケリー・スレーターにも可能性はあった。しかし結論はそうではなかった。今年のビラボン・パイプマスターズは最初から最後まで波の心配があった。この日の波は4-6foot(主にバックドアがメイン)で、大きな期待はできなかった。しかし、実際にはよりドマラティックな展開となったのだ。いくつかの物語がある。その一つが、多くの人が注目したであろうカノア五十嵐とナット・ヤングだろう。ナット・ヤングは来年のCTにクオリファイするために少なくともラウンド5まで勝ち進む必要があった。その間にカノアはセミファイナルを勝ち上がった。このビッグリーフブレイクにおいてこのルーキーが成し遂げたことは快挙だと言っていい。来年のチャンピオンシップツアーではいよいよ親友のイズキール・ラウと激突する姿を見る事ができるだろう。

若干16歳のフィン・マクギルがパイプラインインヴィテーショナルを制する

若干16歳のフィン・マクギルがパイプラインインヴィテーショナルを制する

件のコメント 2016年12月14日

ついに始まったメンズ、パイプインヴィテーショナル。この日ノースショアを沸かせたのはフィン・マクギルだった。若干16歳のオアフ出身の彼は、サンセットビーチで行われたHIC Proのファイナルに進出してからというもの、常にヘッドラインを騒がせてきた。そして今日、シーズン最後の大舞台、パイプラインインヴィテーショナルにおいて、その大躍進の仕上げとも言えるような快挙を成し遂げた。4日間のレイデイを過ごしたが、パイプラインのコンディションは整うことはなく、インヴィテーショナルは3~4ftのバックドアとパイプラインで行われた。規定により、インヴィテーショナルラウンドはこの日までにスタートする必要があり、32名の選手達はかなり困難なトライアルを余儀なくされた。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple