Author Page for Media Manager

rss feed

Visit Media Manager's Website

Jeep Body Glove Surfbout イベント第3日目は海外部隊の大進行となった

Jeep Body Glove Surfbout イベント第3日目は海外部隊の大進行となった

件のコメント 2007年4月30日

Jeep Body Glove Surfbout イベント序盤2日間に続いたクリーンコンディションは消え、今日ラウンド4とラウンド5が行われたローワートラッセルズは、波乗り可能な2から3フィートのコンディションと成った。

ブリムズネス戦線にて大波乱となった、数多くのビッグネーム敗退

ブリムズネス戦線にて大波乱となった、数多くのビッグネーム敗退

件のコメント 2007年4月28日

これまでの O’Neill Highland Open by Swatch イベントを通して、ハイスコアを昨日記録したヤディン・ニコル(オーストラリア)は、今日もこれまで以上に鋭い活躍を魅せた。素晴らしい波を見極める目と、その素晴らしい波へのラジカルなアタックを魅せ、今日も勢いを止めようが無かった。今日一番のバレルを今朝抜けると、続いて5フィートのフェイスに鋭い当て込みを魅せ、10点満点中で9点のスコアメイクに成功を収めた。更にバックアップスコアの7.5点と共にまたヒートハイスコアの更新を自身で行った。

WQS上位ランキングに大きな動きが在り、更にこの先に続く

WQS上位ランキングに大きな動きが在り、更にこの先に続く

件のコメント 2007年4月28日

Quiksilver Pro Africa 後のWQSランキング上位陣の顔ぶれが大幅に変わった。そんな中首位の座を守ったのが、再度ダーバンで素晴らしい活躍を見せたポルトガルのティアゴ・ピレスである。一方若手の有望選手のジョディ・スミスそしてデーン・レイノルズはレイティングを飛躍的に向上させ、いずれの選手もベスト6以内の好位置にジャンプアップを果たした。

Jeep Body Glove Surfbout イベント第2日目は更に素晴らしい活躍によりイベントレベルが更に向上

Jeep Body Glove Surfbout イベント第2日目は更に素晴らしい活躍によりイベントレベルが更に向上

件のコメント 2007年4月27日

Macy’s California Trifecta Surf Series presented by Jeep の第1戦となる Jeep Body Glove Surfbout はイベント第2日目を迎える事となり、そのコンディションは再びローワートラッセルズにてクリーンな3から4フィート(0.91から1.22メーター)の波となった。

O'Neill Highland Open イベント第1日目にしてブリムズネスが早くも噴火したかのような激戦は続いた

O’Neill Highland Open イベント第1日目にしてブリムズネスが早くも噴火したかのような激戦は続いた

件のコメント 2007年4月27日

今年で第2回目の開催を迎えた O’Neill Highland Open Presented by Swatch は、今朝北スコットランドの田園地帯の地で開幕された。その土地の名はブリムズネスである。うねりは予想通り大きく、夜半に上昇をした。そしてパワフルな確実性のある5から6フィートのセットがリーフの至るところでブレイクし始めた。

Air Tahiti Nui Von Zipper Trials In Tahiti は若手オージー達が次々とハイスコアを残した

Air Tahiti Nui Von Zipper Trials In Tahiti は若手オージー達が次々とハイスコアを残した

件のコメント 2007年4月27日

タヒチ、チョープーで開催されている、Air Tahiti Nui Von Zipper Trials 第2日目でのハイスコアに成功したのは、オーストラリア人フリーサーファーのエース、ライ・クレイク(ウェスタンオーストラリア、カルバリ)だった。

Jeep Body Glove Surfbout イベント第1日目の活躍を独占したのは若手達だ

Jeep Body Glove Surfbout イベント第1日目の活躍を独占したのは若手達だ

件のコメント 2007年4月26日

クリーンなコンディションに恵まれた、Jeep Body Glove Surfboutイベント第1日目は国際色豊かなマッチングとなり、出場した各々のサーファー達らがローワートラッセルズのクリーンな3から4フィート(0.91から1.22メーター)のコンディションの中、波を打ち破り、見応えあるサーフィンを魅せました。

Billabong Pro Tahiti - ASP世界ツアーで最もヘビー級の波とは

Billabong Pro Tahiti – ASP世界ツアーで最もヘビー級の波とは

件のコメント 2007年4月24日

来る2007年 5月 4日から14日にタヒチで行われる Foster’s ASP世界ツアーの第3戦、Billabong Pro Tahiti が再び開幕されると、オーストラリア人サーファー同士のミック・ファニング対タジ・バローが今年のランキング同率首位での立場で他の選手の挑戦を受けて立つ事と成る。

Quiksilver Pro Africa の栄えある優勝者はルーク・マンローとなる

Quiksilver Pro Africa の栄えある優勝者はルーク・マンローとなる

件のコメント 2007年4月24日

第1回、Quiksilver Pro Africaの栄えある優勝者は、その素晴らしい活躍を魅せたオーストラリアのルーク・マンローとなり、また惜しくも2位となった地元のヒーロー、ジョディ・スミスの大活躍も忘れることが出来ない。パーフェクトな3から4フィートのコンディションによってサーファー達は大ブレイクが可能な波で思いっきりハイパフォーマンスサーフィンを魅せる事が出来た。

Quiksilver Pro Africa、イベント第6日目の空に高く舞い上がるスミス

Quiksilver Pro Africa、イベント第6日目の空に高く舞い上がるスミス

件のコメント 2007年4月23日

Quiksilver Pro Africa メインイベント第6日目は、ラウンドオブ24の開催で3フィートのグラッシーなニューピアで執り行われた。南アフリカのグレッグ・エムズリーはこのコンテストに最適なコンディションの中でリラックスし、結果的に小差のクロースヒートを制した。2位となったのがブラジル出身のロドリゴ・ドーネルズで、また大変素晴らしく印象に残るサーフィンを見せたが、健闘むなしく3位でイベントからの敗退となった、オーストラリアのダニエル・ロスである。

RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple