Author Page for Media Manager

rss feed

Visit Media Manager's Website

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」が10月14日(土)、15日(日)三重県志摩市国府の浜で開催される。

WSLジャパンツアー第7戦「伊勢志摩 Pro Junior」が10月14日(土)、15日(日)三重県志摩市国府の浜で開催される。

件のコメント 2017年10月13日

2017年のWSLジャパンツアー第7戦目となるジュニアイベント「伊勢志摩 Pro Junior」が10月14日(土)から 10月15日(日)に、三重県志摩市国府の浜海岸で開催される。全国的にまだ残暑の残る10月の日本列島は、気圧配置が今週から大きく冬型へシフトする予報の中、今後の気圧配置が気になる週末を迎える伊勢志摩の国府の浜。WSL Japan Juniorイベントは、今シーズンン3戦目の最終戦となり、例年どおり1月に開催されるワールドジュニアの代表を選ぶために、このシリーズはとても重要な3戦目となる。

CD1,000「Hyuga City Super Kids Challenge」のファイナルデーは新世代サーファーたちがハイレベルな戦いを見せる中、平原颯馬がU16を制する。

CD1,000「Hyuga City Super Kids Challenge」のファイナルデーは新世代サーファーたちがハイレベルな戦いを見せる中、平原颯馬がU16を制する。

件のコメント 2017年10月10日

2017年WSLジャパンツアーのカデット&グロムは2戦目となる「Hyuga City Super Kids Challenge」が10月8日、9日に日向市金ヶ浜海岸で開催されました。2日目、10月9日の会場付近の天候は、再び雲が全くないほどの快晴となり、止むことを知らない日向灘の波のコンディションはオーバーヘッド(2m)となりファイナルに相応しい完璧なコンディションとなった。U16ボーイズQF1のヒート1はスダ・キヨシロゥ対ヤマダ・リョウタの戦いとなり、スダが5.50と4.50のトータル10.00でSFへ勝ち進んだ。、ヒート2ではフジイ・ヨシヒロ対カトウ・ショウヘイの戦いで、カトウが7.75と6.50を稼ぎトータル14.25のハイスコアでフジイを降した。ヒート3ではイトウ・リアル対イノウエ・リュウイチの戦い、イトウが6.75と5.00のコンビネーションのトータルスコア11.75でSFへ、ヒート4では昨日のハイスコアメーカーのヒラハラ・ソウマ対マスダ・ライキと戦い、ヒラハラが8.25と5.75のトータル14.00再び高いスコアを維持しながらSFへ勝ち進んだ。

CD1,000「Hyuga City Super Kids Challenge」のDay1は文字通りチャレンジな1日となった。

CD1,000「Hyuga City Super Kids Challenge」のDay1は文字通りチャレンジな1日となった。

件のコメント 2017年10月8日

2017年WSLジャパンツアーのカデット&グロムの2戦「Hyuga City Super Kids Challenge」は10月8日、9日に日向市金ヶ浜海岸で開催となる。初日の10月8日の会場付近の天候は、快晴で夏の余韻をまだ残す快適な秋空となり、波のコンディションはフルにオーバーヘッドを越す(2m強)サイズとなり、まさにスーパーキッズたちにはチャレンジな1日となった。

WSL JAPAN 2017年のジュニアシリーズ「Hyuga City Super Kids Challenge」が10月8日(日)と9日(体育の日)に日向市金ヶ浜海岸で開催される。

WSL JAPAN 2017年のジュニアシリーズ「Hyuga City Super Kids Challenge」が10月8日(日)と9日(体育の日)に日向市金ヶ浜海岸で開催される。

件のコメント 2017年10月2日

2017年のWSLジャパンレッグ第6戦となる「Hyuga City Super Kids Challenge」が10月8日(日)に宮崎県日向市金ヶ浜海岸で開催される。日本国内では非常に少ない年齢制限が16歳以下の予備軍として注目されるCadet(カデット)U-16と、そのカデットの育成を含めた戦いを親子で望む、Grommets(グロメット)U-12クラスが主役となるこの大会は、毎年成長をしてゆくプラチナエイジと言われる選手たちを育む重要なクラスで、昨日ISA世界ジュニア選手権大会で見事優勝を果たしたスーパーキッズの安室丈や3位入賞の上山キアヌなどの多くの優秀な選手が育っていった登竜門である。この大会のU-16覇者は、翌年行われる各ジュニアU-18大会でシード権を得られるように将来の戦いに優遇されるはからいが毎回施される。

ロウワートラッスルズのハーレープロ、女子のスウォッチウイメンズプロが終了 / WCT Outlook

ロウワートラッスルズのハーレープロ、女子のスウォッチウイメンズプロが終了 / WCT Outlook

件のコメント 2017年9月18日

タイトル争いもすでに終盤ともいえる重要な局面がロウワートラッスルズのハーレープロ、女子のスウォッチウイメンズプロ。会場のロウワートラッスルズはライトもレフトもあるAフレームの美しい波が特徴。サイズが上がればサーフィンのうまい下手がきっちりわかってしまう波だ。それとともに、ロウワーが苦手、という選手はほとんどいないと思うほど、様々なタイプのマニューバーでハイパフォーマンスが期待できる波。誰もが自分の限界を超えるチャージをすることができる波ともいえるし、実際に過去、何度も既存のサーフィンの枠を超えた、エポックメイキングなパフォーマンスが見られた場所でもある。

フィリッペ・トリードがHurley Proを制す!

フィリッペ・トリードがHurley Proを制す!

件のコメント 2017年9月18日

Hurley Proでフィリッペ・トリード の右に出るものはいない。2014年、フィリッペはカリフォルニアの有名なポイント、サンクレメンテに移り住んだ。ホームウェーブとなったカリフォルニアの波。彼は徹底して基礎にこだわった。そして信じられないほど革新的なスタイルを生み出したのだ。しかし、今日に至るまでHurleyProにおいて輝かしい戦績を掴むことはなかった。

JR1,000「Minami Boso Junior Pro」のDay 2ファイナルデーは、ハードな嵐のコンディションとなり、安室丈と松田詩野が栄冠に輝く。

JR1,000「Minami Boso Junior Pro」のDay 2ファイナルデーは、ハードな嵐のコンディションとなり、安室丈と松田詩野が栄冠に輝く。

件のコメント 2017年9月17日

2017年WSLジャパンツアーのジュニアの2戦1,000イベント「Minami Boso Junior Pro」は今日17日にファイナルを迎えた。9月17日の会場付近の天候は、暴風雨となり、台風18接近の影響を思いっきり受けたスーパーチャレンジングなコンディションとなった。台風と前線に挟まれた関東地方に吹き込む北東風は強風と雨で選手究極はコンディションに追い込んだ。波のコンディションはオーバーヘッド(3m前後)で昨日とは大きく変わったまさに大航海を彷彿させるサーフィンとなった。

JR1,000「Minami Boso Junior Pro」のDay 1はテクニカルなコンディションの戦いとなる。

JR1,000「Minami Boso Junior Pro」のDay 1はテクニカルなコンディションの戦いとなる。

件のコメント 2017年9月16日

2017年WSLジャパンツアーのジュニアの2戦1,000イベント「Minami Boso Junior Pro」は 9月16日、17日の開催期間となる。初日の9月16日の会場付近の天候は、台風18号の接近で曇り空の下、東太平洋から吹き込む北東風で弱いオンショアで、波のコンディションは腹から胸(2m前後)で潮の干満の変化が少ない時間に試合が行われた。U18メンズラウンド1では、第1ヒートでスズキ・ジンが快調に攻めのサーフィンでラウンド2へコマを進めた。

JR1,000イベント「Minami Boso Junior Pro 2017」が9月16日(土)、17日(日)に南房総市千歳ポイントで開催される。

JR1,000イベント「Minami Boso Junior Pro 2017」が9月16日(土)、17日(日)に南房総市千歳ポイントで開催される。

件のコメント 2017年9月14日

2017年のWSLジャパンツアー第5戦目となるジュニアイベント「南房総ジュニアプロ」M.B.J.が9月16日(土)から 17日(日)に、千葉県南房総市の千歳ポイントで開催される。秋の匂いが感じられ始めた関東地方は残暑の残る夏日を記録すたが、旧称には台風18号が接近し、今週末本州を北上する予想なのでコンディションが向上することが期待される。昨シーズンからジュニアU18がスタートし、WSL Asia Juniorは、今シーズンン3戦目が予定されている。

Hurley Pro at Trestlesが始まる!ワイルドカードの奮闘劇!

Hurley Pro at Trestlesが始まる!ワイルドカードの奮闘劇!

件のコメント 2017年9月14日

五日間のウェイティングを経て、十分な南のスウェルが届いたこの日、Hurley Pro at Trestlesがいよいよ始まった。目立っていたのは、タイトル争いに絡むサーファーたちを次々になぎ倒したワイルドカードの存在だ。現在世界ランキング3位と4位のマット・ウィルキンソンとオーウェン・ライトがラウンド2で姿を消した。

2 / 19312345...102030...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2017. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple