Author Page for Media Manager

rss feed

Visit Media Manager's Website

11回の元WSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)がQuiksilver Pro Gold Coastから正式に欠場を決めた。

11回の元WSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)がQuiksilver Pro Gold Coastから正式に欠場を決めた。

件のコメント 2018年3月13日

過去11回のWSLチャンピオンに輝くケリー・スレーター(米国)は、 昨シーズンの7月に負った足の傷のリハビリを理由に今大会を欠場することを発表した。「私がいま選択すべき最善のことは、このイベントをキャンセルすることだと思う」とスレーターは語った。「私の直感では、この怪我を理由に一旦は完全に休息してすべてをリセットし、心と体を元に戻すことが大切だと感じています。 新しい年がスタートして前向きに考えれば、足は魔法のように自分の過去の数日間の間にしっかりとサーフィンが可能になるために他の多くの要因があることを判断した方が良いと感じました。過去2、3年の間に怪我と欲望と戦う経験が2度ありました。この足の負傷はこれらの多くの経験を象徴しています、キャリアの終わりと始まりの両方を指しているかもしれません」

WSLは、2018年5月に「ファウンダーズ・カップ・オブ・サーフィンイベント」の開催を発表。

WSLは、2018年5月に「ファウンダーズ・カップ・オブ・サーフィンイベント」の開催を発表。

件のコメント 2018年2月26日

ワールドサーフリーグ(WSL)は本日、Michelob ULTRA Pure Goldのサポートによるファウンダーズ カップとして世界最高のサーファーで結成された、リージョナルチーム対多国籍チームのイベントを、2018年5月5日から6日にカリフォルニア州のレモアにあるサーフランチにて開催することを発表した。5つのチームは、アメリカ合衆国、ブラジル、オーストラリア、ヨーロッパ、多国籍-ワールドサーフリーグのチャンピオンズツアーから選抜されたエリートサーファーの男女がカリフォルニア州のレモアにあるワールドクラスの人口波を提供するサーフ ランチの会場にて2日間にわたり戦い合う。 コンテストは、料理、音楽、飲み物、芸術、そして特別ゲストがサーフィンの文化を称えるフェスティバルとして開催される企画。

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。

カノア・イガラシが、ワールドサーフリーグのエリートチャンピオンズツアーに日本人として参戦することを決定した。

件のコメント 2018年2月13日

ワールドサーフリーグ(WSL)チャンピオンシップツアー(CT)の2018年シーズンに向け、20歳の五十嵐カノア選手が日本人選手としてツアーに参戦することを公式発表した。 日本と米国の二つの市民権を持つ五十嵐は、東京で開催される2020年のオリンピックでサーフィンが史上初の採用となったことを受けて代表国を日本にすることに決めた。「私は、今年のWSLチャンピオンシップツアー(CT)から日本人代表選手として参戦します」と五十嵐は語った。

WSLグリーンアラート:ナザレ チャレンジが土曜日に決行する。

WSLグリーンアラート:ナザレ チャレンジが土曜日に決行する。

件のコメント 2018年2月8日

ビッグウェーブツアー(BWT)は、ナザレチャレンジをグリーンアラート(実行する)とし、2018年2月10日の土曜日に決行することを発表した。その強力で危険な波と白波がハイスピードで炸裂することで有名なプライア・ド・ノーテ(ノースビーチ)は、今シーズンは怪しい様相を見せているので主催者は、大会開催に十分な条件が揃ったと期待している。「私たちはナザレで何が見られるかを期待と興奮をしています」とWSLビッグウェーブツアーコミッショナーのマイク・パーソンズは話す。

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)がWSLワールドジュニアチャンピオンシップに勝利し、安室 丈(日本)とサマー・マセード(HAW)が準優勝となる。

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)がWSLワールドジュニアチャンピオンシップに勝利し、安室 丈(日本)とサマー・マセード(HAW)が準優勝となる。

件のコメント 2018年1月11日

フィン・マッギル(ハワイ)とヴァヒネ・フィエロ(タヒチ)は、ニューサウスウェルズのカイヤマで開催された「2017 WSLメンズ&レディース、ジープ ワールドジュニアチャンピオンシップ」を制した。バンボービーチでの最終日は3から4フィートの波で、28ヒートが行われた。ジープ・ワールド・ジュニア・チャンピオンシップの開幕を目前に、足首の怪我や飛行予定のエラーが発生したにもかかわらず、フィン・マッギル(ハワイ)は、2017年のタイトルを獲得するために勝ち上がった。 マッギルはなかなか点が伸びないサーフィンをしている安室 丈(日本)に対して、2つの優れたウェーブスコア(8.00と8.90)を獲得して電光石火のパフォーマンスを見せつけトータルスコアを16.90にした。 マッギルは最後のヒートで大きなバックサイドのターンを連続で成功させ、安室がマッギルからリードを逆転するために必要なスコアを2の演技を組み合わせなければ取り戻せないコンボの状態に追い込んだ。

2X WSL World champion ジョンジョン・フローレンス(ハワイ)- Backstage

2X WSL World champion ジョンジョン・フローレンス(ハワイ)- Backstage

件のコメント 2017年12月21日

2017 WSL CTワールドチャンピオンは、2年連続ジョンジョン・フローレンス(ハワイ)に輝いた。CT最終戦の、パイプマスターズは、カウントダウン間際に、ジェレミー(フランス)に、8.33バックドアバレルで逆転され、ジョンジョンは2位となる。最終戦に相応しいドラマチックな、WSL CT2017年の、パイプラインマスターズ・ファイナルデーとなった。

パイプマスターズに、ウォーター・セーフティーJAPAN !! - Backstage

パイプマスターズに、ウォーター・セーフティーJAPAN !! – Backstage

件のコメント 2017年12月12日

サーフィンの聖地、ハワイ・オアフ島・バンザイパイプライン。WSL世界チャンピオンを決める最終戦、バンザイ・パイプラインに、今年も日本人の姿があった。ビラボンパイプマスターズでの、ウォーターセーフティージャパンの活動をレポート。

『ワキタピーク』- Backstage

『ワキタピーク』- Backstage

件のコメント 2017年12月11日

WSL CTメイン・コメンテーター・ジョー・ターペルと日本語放送コメンテーター脇田 貴之の二人が、今後のパイプマスターズのフォーキャストを解説。

パイプマスターズ・5 Day'sフォーキャスト - Backstage

パイプマスターズ・5 Day’sフォーキャスト – Backstage

件のコメント 2017年12月10日

ビラボンパイプマスターズ・ウェイティングDay2は、4-5ftにサイズダウン、今日はDay off。今夜から、バンザイパイプラインには、新しいラージサイズ・NWスウェル8-12、15ftのフォーキャスト、明日のメインラウンド開幕に、期待が高まる!!

パイプ・インヴィテーショナル・キックオフ!?

パイプ・インヴィテーショナル・キックオフ!?

件のコメント 2017年12月8日

日本時間の明日深夜3時に、パイプ・インヴィテーショナル・キックオフ・スタンバイ!!ここ、ハワイ・オアフ島・バンザイパイプラインのオフィシャル・フォーキャストは、8?20ftクラスが1週間続く予報で、風さえ合えば、エキサイティングな、ビッグパイプに期待が高っている!!今日のバンザイ・パイプラインには、今シーズン1番の、8?15ftのスウェルが1日中ヒットし、明日のパイプ・インヴィテーショナル・キックオフには、十分なサイズが、夕方にも炸裂していた。

3 / 19612345...102030...最後 »
RSS Feed ASP on Facebook ASP on Twitter ASP on Youtube ASP on Myspace
Rankings
Schedule
Surfers
About WSL
Regions
Men's Star Ranking
Junior Men's Rankings
Junior Women's Rankings
Longboard Men's Rankings
Longboard Women's Rankings
Cadet(U-16) Ranking
Grom(U-12) Ranking
Men's Schedule
Junior Men's Schedule
Junior Women's Schedule
Longboard Men's Schedule
Longboard Women's Schedule
Cadet(U-16) Schedule
Grom(U-12) Schedule
Men's Star Profiles
Junior Men's Profiles
Junior Women's Profiles
Longboard Men's Profiles
Longboard Women's Profiles
Cadet(U-16) Profiles
History
Member System
Frequently Asked Questions
Rule Book
Sponsorship
Contact Us
Copyright & Links
WSL International
WSL Australasia
WSL North America
WSL Europe
WSL Hawaii
WSL South America
WSL Africa
© World Surf League Japan 2018. All rights reserved. | XHTML
Hosting by Media Temple